漢字

2014年12月08日

煌く光の帳

中学生が,この記事のタイトルを読めたらすごい!

中2SのSHUくんなら読めそうです。
私は結構漢字が好きな方なので,さすがに中学生には負けない自信があります。

いや,かつてはありました。
このSHUくんと対決するまでは…。
絶対にわからないだろうと思う漢字を出題したら彼は書けて,彼の出した問題の漢字を私は書けませんでした。教え子に負けるって,かなり悔しいです。
まあ,私の専門は英語だから…と,人知れず言い訳をしていたことを,今ふと思い出してしまいました。

SHUくんは漢字が大好きだそうです。
やはり好きだという気持ちにはかないません。
人にはそれぞれ好きなことがあって,それに対しては皆が相当な実力者。

“英語好き”を増やしたいです。

そうそう,中1「勉強のやり方講座」への参加者が増えてきました。
三和,渡瀬,飯田,鶴見,青屋,大塚,安松,本郷,領家,中島,新貝に住む中1のみなさ~ん♪
お申込みを待っています!
42


homb at 12:28|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月31日

そしてこっちはぶっちぎりで勝利!

昨日は悔しいブログの内容でしたが,今日はキラキラした内容です。
小6「漢字コンクール(第二回)」で本部校の小6生が2連覇を達成しました!
やった~~!

結果だけ見れば圧倒的な差で勝利しましたが,それほど平坦な道ではありませんでした。
漢字ドリルのやり方が悪くて叱り,漢字模試の日は,ちゃんと勉強して臨んだ子が少なくて叱りました。

今の本部校の小6生は授業はしっかり聞けるし,どんなに楽しい雰囲気でも号令ひとつでピシッと勉強モードに戻れる自慢の生徒達ですから,私が「叱る」というのは,ここしばらくあまり無かったことだと思います。

彼らはもうすぐ中学生になります。
中学の勉強は,特に勉強をしなくても良い成績をとれるほど甘くはありません。
テスト範囲が広いので,桐光の先生や学校の先生が言うような方法できっちり勉強し,頑張ったことに満足するのではなく,結果が出せるほど「仕上げてくる」ことが重要,そういうことを本部校の小6にも話をしてきました。

日々桐光に通う中で,どんどん中学生らしくなってほしい。
そう思っています。

今回も桐光ナンバーワン,みんなおめでとう!
no1[1]


homb at 05:40|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月11日

やり方が悪ければ効果なし

小6生には漢字特訓用のドリルが配布されていまして,昨日1回目のチェックをしました。
少し残念なことに,4人の生徒が,決められたルールでやりきれていませんでした。

でも,各自やれなかったことを自覚し,次絶対にちゃんとやれるようになればいいと思っています。
中学生になると,部活や宿題などで今以上に負担が増えます。
その時に,ただ終わらせるだけの勉強をしてしまう子と,それでもちゃんとやる子に分かれます。
本部校の塾生には“勉強よいやり方でやってこそ意味がある”ということを学んで欲しいと思います。
6kan



homb at 13:38|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月07日

漢字カンペキ主義

10月の本部校小6は,漢字をさらにトコトン頑張ってもらいます。
今まで習った漢字は,すぐにでも復習しないと忘れてしまいますし,去る5月に桐光で「第1回(小6)漢字コンクール」を行い,本部校小6は全校舎の中で1位を取りましたが,それ以降だいぶ時が経ちました。

じつは,といっても10月スケジュールにも記載はありますが,10/22(水)に「第2回(小6)漢字コンクール」が予定されています。
漢字コンクールは,たまに学校でもやるような漢字の読み書きの問題だけでなく,たとえば「音・訓」,「同義語・反意語」なども出題しています。
これは,将来的に漢検がちゃんと取得できるようにそうしているわけですね。

さて,今日の授業の時に「漢検ドリル」なる教材を配布します。
部会陸上の後で疲れている子も多いと思いますが,やる気満々で進めていってください。

目標は”1日に2ページずつ”
なお,このドリルの内容がちゃんと定着しているか,来週末に「漢字模試」を予定しています。

本部校「漢字模試」
日時(予定)…10/18(土) 午後6:00~7:00

kanji


homb at 13:34|PermalinkTrackBack(0)