時間

2015年01月20日

時限 国語読解

時間には限りがあります。
どんなに学力があっても,試験終了のチャイムが鳴ったら何も出来ません。
時間は決して止まりません。
どんなに反省しても,あの時には戻れません。

「先生,(解答欄)全部うめたよ♪」
中間テストや期末テストの後で,誇らしげに報告してくれる子もいます。
解答欄がうまっているからといって,必ずしも得点が高いかどうかはわからないにも関わらず,生徒達の「(解答欄)全部うめたよ♪」の報告を聞くといつも嬉しくなってしまいます。
きっと“空欄から生まれる得点はゼロ”という真実と,“書いた答えには得点の可能性が宿る”という希望をつい意識してしまうからでしょう。

今年も,いわゆる上位高校の競争率が激しい状況です。
受験において,上位高校で見られる傾向としては,たとえ難易度の高いテストだったとしても,その問題を解けてしまう子がいるので,ある一定の高い力を持っていないと,実力のあるライバルとの差が歴然と開いてしまいます。
中堅高校の場合は,そういうことが起きづらいので,誤字を含めた小さなミスが命取りとなる“1点差勝負”になります。

今年度の本部校“特進コース”は国語がまだ弱点といえます。
そこで追加プランを出すことにしました。
物語や論説文の読解力強化が狙いで,きっちり時間を計って解かせます。
時間内に読み解けなかったら負けです。

全ての問題を受験だと思ってやりきってもらいます。
image-2
49



homb at 14:15|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月26日

優先順位

猫の手も借りたい
正月と盆が一緒に来たよう
立っている者は親でも使え
驢事未だ去らざるに馬事到来す

などなど,昔から“自分がいかに忙しいか”を人は様々に表現してきました。
しかしなぜ,大人になるとこうも忙しいのでしょう?
そして,学校・塾・部活・習い事まで頑張る学生もまた,日々時間に追われています。

時間を使っている?
時間に使われている?
私はなんとなく後者に近い生き方をしている期間が長い気がします。

さて,塾の先生らしい話題にもう少しシフトします。

“~する時間が無い”
その言葉を口に出さず,スマートにやるべきことを済ませる手法のひとつに「タイムマネジメント」というものがあります。
それほど重要ではないことに時間を使っていませんか?
じつは重要なことなのに,手を付けず放置していませんか?
簡単に言うとそういうことらしいです。

大人も子ども,きっと違いはありません。
今やるべき勉強は何か?
桐光では常に指示を与えています。
忘れてしまったり,迷いが生じたらすぐに私達にきいて下さい。

本部校は毎日校舎を開けています。
先生が必ずいますから。
o0721046010403043456


homb at 05:51|PermalinkTrackBack(0)