教師

2014年12月22日

わたしたちが先生です②

昨日のブログで3人の本部校の教師を紹介しました。
今日はもう3人の番です。
ついに本部校の紅一点,桐下先生の登場♪
個性派が揃う本部校の教師陣だと思われがちですが,人は誰しもそれぞれが個性のかたまり。
“ふつうの人”なんていないのかもしれませんね。
教師も生徒も,自分らしさを出しながら頑張れる,お互い本音が話せるような,そんな校舎にしていきたいです。

①渥美先生
担当教科は数学です。大きな声と大きなおなかが特徴です。
生徒への“思い”の強さは破格で,その迫力に押されそうになる子もいるかもしれませんが,じつは見た目と違って優しい先生です。中学生に個別授業の希望をとると「数学をやりたい」と言う子が一番多いのもうなずけます。

②桐下先生
担当教科は英語です。不定期で指導に入ることがあるので,まだ指導を受けたことが無い生徒は多いと思います。“英語が苦手”という子をなんとかしてあげたいという気持ちの強い先生で,その気持ちから生まれる丁寧な説明が好評です。

③影山先生
担当教科は理科と国語です。大きな声とスリムなボディが特徴です。
経験から語られる全ての言葉に説得力があります。いろんな意味で人を“驚かす”ことが好きなので,授業中も気が抜けませんよ。
image-1
image-5
image-2




homb at 16:25|PermalinkTrackBack(0)

2014年12月21日

わたしたちが先生です①

講習が始まると活気がでる!
子どもに元気をもらう大人はたくさんいると思いますが,私達本部校の教師は,いや桐光学院すべての教師は,子ども達に元気を注入できる教師です。
本部校で熱弁をふるう教師を紹介します。

鈴木先生
担当教科は社会と国語です。ちりちりの天然パーマが特徴で,一度会ったら忘れられないインパクトがあります。コーヒー,読書,教材研究と,インドア知的な先生です。

②私(相馬)
担当教科は英語です。ブログのトップページにもいろいろ紹介を書いていますし,このブログをいろいろ見ていただければ,私の考えや感性は伝わるかもしれません。どうぞよろしく。

稲田先生
担当教科は理科です。知識が豊富で,生徒がイメージしやすいたとえなどを駆使して難単元もバッサリ解説。金曜日の担当なので,特に中3生にはおなじみですね。
image-4
image-6
image-3
残り3人の先生の紹介はまた後日(明日?)
お楽しみに♪



homb at 15:15|PermalinkTrackBack(0)

2014年08月08日

中3夏勉(NatsuBen)

8/16(土)は中3生の「模試」があります。
その日まで,本部校は生徒も教師も最大ハッスル状態で頑張る!ということで,明日土曜の午後と,あさって日曜以降の午前中に勉強の日程を追加しました。
その名も「本部校 中3 夏勉

私以上に,生徒自身が志望校合格への意志と,このままではいけないという危機感を持っていなければいけません。他のどの中学の子よりも頑張って結果をだそう!

Microsoft Word - 中3夏勉


homb at 07:00|PermalinkTrackBack(0)

2014年07月28日

進撃の…

こけら落とし,元旦,新発売,皮切り…

これらいろいろな言葉が存在していることを思うと,日本人は,何か新しいものが始まるその最初の日を大切にしているのを再認識させられます。
また一方で,「終わりよければ全て良し」という言葉もあるところが,なんとも興味深いです。

さて今日は,夏期講習の最初の日。
中3生は,この夏休みの日々がどれだけ尊く,無駄に出来ない時間であるか,昨日の説明会で理解したと思います。どんな良い表情で勉強に取り組んでくれるか,本当に楽しみです。


本部校の南側の窓には,私がアプリで加工した桐光教師の顔が貼ってあります。
個人的には気に入っていますが,影山先生は,某人気アニメ「進撃の〇人」に出てくるあのキャラクターに似ているとかいないとか…ちまたのうわさになっています。
今度立ち止まって,ゆっくり私達の顔をながめてみてください。

桐光学院全ての校舎の中で,本部校ほどキャリアのある教師が揃っている校舎はありません。
経験に裏打ちされた,そして溢れんばかりの情熱授業を,とくと体感してください。

熱いのは気温じゃない。
燃えているのは,私達桐光教師と,みなさん桐光生たちですよね!

DSC_8868





homb at 13:00|PermalinkTrackBack(0)