情熱

2014年09月16日

「桐光すごいね!」(ある日の中学生の言葉)

"校舎にあるものにはさわってはいけない"
桐光の塾生なら誰もが守る基本です。
※例えばエアコンのスイッチ、黒板、窓、教材(プリント)など
ある日の出来事を思い出しました。
滅多に許可しないことですが、自習で遅くまで残っていた中学生に、黒板に私が書いた字を黒板消しで消してもらいました。

そのとき..
「すごい消える!学校のと違う!すごい!」
彼はすごく感動をしていました。

そうなんです。
実は桐光の黒板と黒板消し、そしてチョークの三点セットはたぶん日本最高品質です。

新しい黒板消しを導入するときは、何度も教師が試しに使って選びます。
みなさんに勉強を教えるために大事なものには、私たちはこだわりをもっています。

やっぱり塾は黒板が一番。
カンカンコンコン♪
リズム感ある、情熱を乗せたチョークの音が本部校の音。
14105326352695

homb at 14:33|PermalinkTrackBack(0)

2014年07月28日

進撃の…

こけら落とし,元旦,新発売,皮切り…

これらいろいろな言葉が存在していることを思うと,日本人は,何か新しいものが始まるその最初の日を大切にしているのを再認識させられます。
また一方で,「終わりよければ全て良し」という言葉もあるところが,なんとも興味深いです。

さて今日は,夏期講習の最初の日。
中3生は,この夏休みの日々がどれだけ尊く,無駄に出来ない時間であるか,昨日の説明会で理解したと思います。どんな良い表情で勉強に取り組んでくれるか,本当に楽しみです。


本部校の南側の窓には,私がアプリで加工した桐光教師の顔が貼ってあります。
個人的には気に入っていますが,影山先生は,某人気アニメ「進撃の〇人」に出てくるあのキャラクターに似ているとかいないとか…ちまたのうわさになっています。
今度立ち止まって,ゆっくり私達の顔をながめてみてください。

桐光学院全ての校舎の中で,本部校ほどキャリアのある教師が揃っている校舎はありません。
経験に裏打ちされた,そして溢れんばかりの情熱授業を,とくと体感してください。

熱いのは気温じゃない。
燃えているのは,私達桐光教師と,みなさん桐光生たちですよね!

DSC_8868





homb at 13:00|PermalinkTrackBack(0)