その他

2019年01月17日

六面指し(大田)

水曜日の個別授業。中2Aクラスの国語。
こちらから声をかけるのではなく,希望者を募っての実施。

ページ上段に文章,下段に設問 という形式の問題集を作成して解いてもらいました。

将棋の「六面指し」のように一人ひとり見てまわる。
この形式だと丸付け,解説が効率よくできる。
B432E664-828D-4911-90D4-9031C5D33803
ただ,休む間もなく,頭もフル回転しないといけないので,生徒も私も疲れます。
「それでいいっ! それがBEST!」(byリサリサ)

間違った問題については,答えを安易に教えません。
答えの根拠となるところを指し示したり,ほのめかしたりします。
基本的には自分で考えてもらうように仕向けています。
他の科目よりも,点数に反映されるまでには時間がかかると考えていますので,少しずつ着実に。


国語の個別授業を希望する人は声をかけてください。
現段階で個別ができる日時は…(学年末テストの前は対策授業で埋まっている場合もあります)

月曜日 午後4時30分~5時50分
火曜日 午後4時30分~5時50分
水曜日 午後6時~8時30分

★ 1月21日(月)は埋まっています。



homb at 18:00|Permalink

レコーディング(大田)

何年か前にレコーディング・ダイエットというものが流行りました。実は私もその実践者です。

ただ,昨日のブログの合格祈願のお菓子の袋,私が各地を探したり,通販で探したりして手に入れたりしたもので,中身を全部一人で食べましたので,もう一度ダイエットをしないといけない状況になっておりますが・・・・

さて,記録する・無意識に行っていることを見える形にする」
というのは,ダイエットだけでなく勉強にも有効だと感じています。


先週から始めた小学生の漢検対策,最初は漢検模擬テストの点数を見て,ホゲェ~と叫びそうになりました(IWCに怒られますね)。
漢検対策では,模擬テストの点数を「記録」して声をかけています。合格点と単元ごとの点数を記入してもらうことによって,自分の弱点や何をどのくらい頑張ればいいのかがわかります。

今は,だんだんと点数が上昇して合格点が取れるようになってきました。生徒のモチベーションも上がってきています。


中3の授業では,土日や祝日の勉強時間を,自己申告で「記録」してもらいまいました。


できていないところを教え,アドバイスする ことは私どもの仕事です。
それ以上に,どうやったら生徒に今の状況を意識してもらえるか,どうしたら生徒のモチベーションが上がるか,ということを考えることも重要だと感じています。

記録することで,自分自身の置かれている状況や,無意識に行っている時間の使い方を意識できると思います。



homb at 11:00|Permalink

2019年01月16日

Heavy

先日、本部校の受験生たちもミニ絵馬を書きました。毎年、本部校の子たちはこのミニ絵馬の時間をエンタメの時間ととらえています。それ故、自分だけの思いをオリジナルの絵馬に投影したくて、こだわりの絵馬に仕上がることがあります。
彼ら彼女らの絵馬を見ていて思ったことがあります。それは『美術の内申点が4か5の子は、やっぱりこういう時でも目立つ表現力があるな』ということです。私が感覚的に「お!」と思った絵馬の作者を確認すると、ほとんどが美術の成績が良い子でした。
「なるほどね」
私は妙に納得してしまいました。
何に納得したかというと、
絵が得意な子が美術の成績が良いのではなく、
自分の表現にこだわりを持てるというか、
「これでいいや」という妥協の言葉を吐かないというか、

最高のものを生み出そうと夢中になれる子の評価が高いのかもしれないと。でもやる気はあっても積極的でも、どうしてもうまく表現できない子はいます。学校の先生には、そういう子の頑張りも漏れなく見て評価していただきたいです。

学校の先生の評価は、時に納得いかないこともあろうかと思いますが、今回《美術》についてはどういうところに評価の基準があるのかわかった気がしました。
主要5教科と比べて、技能教科はやはり意欲とか関心から生まれる《積極性》が大事なのかもしれません。「苦手だから」とか「無理なんで」と言い訳を主張するよりは、ダメもとでも積極的に先生や課題に関わっていくことこそ、内申点高評価への美しき流れの源かもしれません。

現中2は次の受験生です。
内申点を確保する準備は、今からしていく心構えが必要です。

DSC_0043


homb at 13:45|Permalink

2019年01月14日

知らなかった

★「塾って、来てみるまで怖いところだと思っていました。こんなに楽しいとは思いませんでした。だって、間違えるとゴムで手首をパッチンされると聞いていたので」

ゴムパッチン?
それは桐光のことではありません
浜松市南区にまだあると聞く、
私が小学生の頃から有名だった某塾さんのことではないかと。
上記の言葉は、先日入塾を考えていると言ってくれた子が言っていたことです。

地域のみなさんの中には、まだ知らぬ桐光にいろんなイメージがあるようで、時には電話でお問い合わせを受けた時に「桐光さんて、勉強がすごく出来るお子さんしか通えないんですよね?」なんて言われることもありました。「そんなことありませんよ。もともと入塾テストはありませんし、勉強が得意な子も苦手な子も通っています」とお伝えすると、「そうなんですね。知りませんでした」と誤解が解けるわけです。

知らないことは怖い
知らないことは信じられない
知ると驚く
知ると理解できる
知ると安心する

今は新入塾もいる一方、受験生たちも大詰めの時期です。
私立入試まではあと20日、公立入試までは50日あまり。
「見たこと無い…」
勉強していてそんな問題にぶちあたると焦りますよね。
毎日先生たちが校舎にいて質問に備えていますから、
受験生も下級生も、どんどん先生たちをこき使ってください。

そういえば、先日【浜岡砂丘】を歩きました。
正直言って、浜岡に砂丘があるなんて知りませんでした。
御前崎に用事があって行く道すがら、
たまたまその砂丘の看板を見つけたのです。
中田島砂丘の砂より柔らかくて、
とても歩きにくくしんどい一歩一歩でした。
砂に深く足をとられるので、靴には砂がかなり入ります。
でもこの砂丘を見つけ、
海風に当たっていることの喜びが、その困難を凌駕します。

しばらくしてサンセット(日没)を迎えたのも偶然のタイミングでした。
幸せな偶然を【セレンディピティ】と呼ぶそうです。

IMG_20190113_165418_414
IMG_20190113_165418_406
DSC_0035
DSC_0037


homb at 15:15|Permalink

2019年01月09日

勉強の基本は「直し」 (大田)

昨日,漢検の対策(小6)を行いました。
模擬問題を解いて採点,得点を計算して現在の自分の状況を把握してもらう。

その後,直し

直し用,練習用の書き取り帳を全員分 用意していきました。
a496df86
できなかったところを覚えるための書き取り。
cbd3e5c2
音訓や熟語の問題などで間違った場合は,意味や理屈がわかっていない可能性がありますので,個々に説明していきました。こういう部分は突っ込んで質問しないといかん!


漢検対策勉強会には,

漢検合格のための勉強という側面と
勉強のやり方を身につけてもらうという側面があります。



homb at 13:25|Permalink

2019年01月07日

あらためて

世間の2019年は元旦に始まりましたが、
小中学生の計は今日、始業式にあったのではないでしょうか。
木曜には県の定着度や学調、
中3は学校で実力テストがありますから、
桐光でも直前まで学調の対策をしていきます。

さて遅ればせながら、昨日初詣に行きました。
と同時に受験生たちの合格も祈願しました。
どの神社にお参りするか?
いろいろ思案しました。
例年は磐田市の矢奈比賣神社(やなひめじんじゃ)[見付天神]に詣でているのですが、今年は中3生の中に見付天神に行く子、行った子が多いようだったので、あえて少し違う場所で…と思っていました。この辺りでは県西部でも有数のパワースポットとしても知られており、小國神社と同格の《遠州一宮》でもある、掛川市の事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)も候補の筆頭に挙げていましたが、最終的には《井伊谷宮(いいのやぐう)》に決めて参詣いたしました。

井伊谷宮はNHK大河ドラマでもやって有名になった井伊直虎など、井伊家とのつながりの深い神社ですね。お宮さん自体はそれほど大きくないので、歩き疲れることなく参拝できることがまず良いのと、入り口付近にあるラーメン屋さん【新宮】がまあまあ美味しいこと、そして私がこっそりパワーを授かろうと出向くことが多いパワースポットにもほど近いということも魅力です。

私自身の運勢も吉兆を得られました。
もちろん大吉
本部校・竜洋校の校舎長をしていますから、
私自身の運気も大事と言えば大事です。よね?

でも私はいつも、受験生たちのことを思って神を信じたくなるのは初詣の一日だけです。
これから残り60日は彼ら生徒たちを信じてやっていきます。

15468298863820
15468298864311


homb at 12:12|Permalink

2019年01月04日

普通とは?

2021年度から【普通の普通科】は無くなるそうですね。
今日の読売新聞の一面に書いてありました。
どういうことかというと、
今は例えば浜松湖南高校や浜名高校では【普通科】がありますね。
大平台高校では【総合科】という名前です。
これが、現在の私立高校、たとえば浜松開誠館高校さんのように、
今まで普通科としてもよかったところを、
グローバルとキャリアデザインと文理(進学)に分けているように。
つまり、
公立高校も、どういう教育方針で生徒を育てていくか。
もう少し可視化されるということです。
これにより、
今【普通科】という名称を採用している高校は、
普通科を先例のように幾つかの具体的なコースに分けるか、
思い切って普通科の名前を使わずに、
より個性のわかる学科を新設する必要があるのです。

2021年度入試からということなので、
今の中1が高校入試をする時までに整備していくということですね。
これは大変です!
私たち桐光教師も、学校の先生も、それぞれの高校の指導方針や特色を知って進路指導する必要があるわけです。

でも確かにこれは良い改革かもしれません。
今までは《とりあえず普通科》という子も多かったですが、
これからはもう少し具体的に将来を見据えていなければいけないのですから。
目標がある子と頑張っていくのは、今まで以上に有意義でしょうね。

実際、この改革がどのように進捗していくか?
楽しみにしています。
IMG-PHOTO-ART-391853802


homb at 14:30|Permalink

2019年01月03日

ことしモア

~空と海、青さの競演~
私は海にも川にも近い、磐田市竜洋の沿岸部に住んでいます。最高の海洋公園である《竜洋海洋公園》も車で3分のところにあります。それ故、いつも水の青も空の青もその美しさには慣れています
いえ、語弊がありましたね。
自然の美しさには飽きが来ません。
先日、三保の松原に行ってきました。
私にとってそこは特別な場所で、もし己の魂を分割できるのならば、この清水の海辺にその魂の半分を預けてあると言っても過言ではありません。
私はもう十分、心身のパワーを蓄えてきました。
発散する場所を求めています。

そして嬉しいことに、明日からやっと通常授業の再開。
(午後3時~自主勉可能です)
冬期講習は来週月曜~水曜が講習期間ですが、
明日や土曜で個別授業に呼んでいる子もいますので、
日程を間違えないようにお願いします。

中3はあさって土曜(1/5)に【標準模試】です。
時間:昼12:30~4:15

12月になり入試直前テキストを主に解きつつ、さらに年末年始のこの1週間、桐光で勉強出来なかった期間にどれだけ実力を積み上げたかが試されます。


H



homb at 11:11|Permalink

2018年12月31日

オワリはじまり

今年最後の日がやってきました。
無事に新年を迎えられそうです。
塾生の親御さん、塾生のみなさん、同僚の桐光教師、事務員のお二人、時に聞こえてしまう小中学生の喚声にも理解を示してくださっている近隣住民の皆さま、寒風にさらされながらも元気に咲いている花たち、すべてに感謝いたします。

毎日一日の価値は変わらないのに、
なぜか大晦日だけ一年を振り返ってしまいます。
なんだかそうすることが義務なのかとさえ思うほどに。

一年いろいろなことがありましたが、
今は、先週講習で来てくれている子との会話が脳裏に焼き付いています。

私「その某大手塾とうち(桐光)と、どういう違いを感じた?」
★「桐光の生徒の方が授業中まじめです。先生も教えることに真剣です。」

ありがとう…
もうそれだけで他に何もいりません。
この一年も、たくさんの喜びと、たくさんのイライラと、たくさんの心配と、たくさんの驚きに満ちていましたが、この言葉を聞けたらもう大丈夫。除夜の鐘で煩悩を払う必要さえ無いでしょう。

わかる人にはわかるんです。
これからも、お互い信頼し合える人たちと歩んでいきたい。
その関係が広がりを見せてくれますよう。

最後に
聞く度に魂を揺さぶられるほど感動する大好きな歌を紹介します。
かりゆし58 《オワリはじまり》

https://www.youtube.com/watch?v=Vb50GwvHH14&index=4&t=0s&list=PLcZ4gjJbDxAgf3pYJpe5y8b3qNzyrQBzm

15461453874440
IMG-PHOTO-ART--35419401~2


homb at 09:00|Permalink

2018年12月27日

Don't feel. Think !(大田)

ブルース・リーの有名な言葉。
「Don't think. Feel !」(考えるな。感じるんだ)をひっくり返してみました。

授業をやっていて一番怖いのは,丸暗記されること。
もちろん,覚えなければいけない事項はたくさんあるのはわかっています。
しかし,自分で考えることなく頭に入れたものはすぐに忘れてしまう。
また,丸暗記したものは応用が利かずに記述問題などに対応するのが難しい。

だから,なんとなく感じるのではなく,しっかりと考えてほしい」

火曜日と水曜日の中3の社会は,経済についての内容。金融政策,財政政策,為替(円高・円安)について。
私が話したことを本当に理解できているのか,覚えたのか ということを確かめるために,授業中に小テストを実施。

これだけでは,まだ不安。丸暗記の短期記憶かもしれないので。
本当に理解できているかチェックするのには,内容を他人へ説明できるかどうか で判断するのが一番よい。しかしながら,授業中,生徒を指名して順番に説明してもらうのには時間が足りない。

そこで...「この列の人は,不況時の金融政策について,理由とともに右隣の人に説明してみよう。その後,好況時の金融政策について,立場を入れかえて説明。」

自分自身が聖徳太子ではないことを忘れていました。さすがに全員分は聞き取れませんでした。

ただ,相手のいるいないにかかわらず,学習した内容を他人に説明するつもりで振り返ることは,勉強をしていく上で,非常に重要で役に立つことです。



homb at 11:00|Permalink

2018年12月24日

年内は午後3時~

午後3時~自習できます。
中3は講習(午後1時~)がある日もありますが、
無い日も3時以降ならOKです。
中1・中2も来てOKです。

NIK_2012


homb at 13:20|Permalink

2018年12月19日

賢者の贈り物(大田)

クリスマスが近くなってきて思い出すのが,高校のときの宿題。
入学してすぐに,英語の本を渡され,2週間で訳してくるように言われた。

そのときに渡されたのが,「O.Henry短編集」
その短編集の中にあったのが,「The Gift of the Magi (賢者の贈り物)」というお話。

Magiは「マギ」でも「マジ」でもなく,「メイジャイ」と発音し,賢者・東方の聖者のことを意味する。

クリスマスのプレゼント交換をする若夫婦の話ですが,高校のときに訳しながら,このお話に感動しました。日本語版も出ていますから読んでみるといいかもしれません。私はこの作品を読んで,心が洗われるような心地がしました。


ところで,現在,午後2時からの勉強会を行っています。入試講習用の宿題テキストの進みが速い。科目によっては,終了した生徒もいます。
幸か不幸か,わたしには,クリスマスのプレゼント交換をする相手がおりませんので,受験生の皆さんにプレゼントをします。私は賢者ではありませんが...

社会の宿題テキストが終わった生徒には,自宅勉強用の問題をプレゼント。
マジ?」という声が聞こえてきそうですが,
「入試に向けて問題演習の分量を増やしていかないと,だメイジャイ



homb at 13:43|Permalink

2018年12月17日

必死なら必至

皆さんは,個別指導と集団指導とでは,
どちらが一人ひとりをしっかり見てくれるイメージがありますか?
まぁこのブログを見てくれている方々のほとんどは,桐光学院のお味方なので,集団授業を極端に心配していらっしゃる方は少ないと思いますが,一般的にはどうでしょうか。やはり個別指導に期待することはその【個別】という言葉から連想する《個への綿密なサポート》だという親御さんも多いような気がしませんか?

この間,またひとつおもしろいことが,
(いやおもしろいというか驚くべきというか…)
ある中学生とこんなやり取りがありました。
その子はある個別指導塾に最近まで通っていました。
桐光に入ることが決まってからもそちらの塾にも少し被って通っていたので,桐光の宿題の一部をその塾さんの授業内でやっていたというのです。

まず,他の塾の教材をやらせていいというのにも驚きましたが,
本当の驚きはその後で聞いたことです。
ご存知のように,私(相馬)は英語の指導を担当しております。
桐光は宿題を出していますが,なんでも自分で採点すればよいというものではなく,英語の場合は【テーマ英作文】というタイプの問題に関しては❝先生(相馬)が採点するから自分で採点するなかれ❞というのが暗黙のルールで特に中3はみんな知っています。でもその子はまだ入塾間もなかったので,そのことを知らずに今まで通っていた講師の先生に見せて採点をしてもらったそうです。

私「その塾の講師に見せちゃったの?」
★「はい。ちょうどその先生がいたので」
私「そぅか。まあいいや。次からは俺に見せてくれよな。」
★「はい。すみませんでした。」
私「謝らなくていいよ。知らなかったことだし。ところでさぁ,これらのテーマ作文は,正解かどうかの判断が簡単ではないというか時間がかかるんだけど,その先生はどのくらいの時間かけて見て(チェックして)くれたの?」
★「もうパーッとです。」
私「パーッとって?」
★「もう本当に1分ぐらいです《全部合ってるよ》って言ってました。」
私「1分?もし本当に1分でやったとしたら,俺(相馬)よりも20倍ぐらい英語力と視覚認識力が優れていることになるぞ?」
(あらためてチェックしたところ…)

私「あのね。すぐに分かったことだけ言うと,最初の4問の内,3問に間違い(つまり採点ミス)があったよ。やはりさ,これらのテーマ作文がそんなにさっさとチェック出来るわけがないんだよ。その先生は,あまり英語が得意でない大学生のアルバイトか何か?」
★「いえ。たぶん30歳以上だと思います。」
私「え?学生アルバイトじゃないの?」

もうこの辺でいいでしょう。
ここのところ,個別指導でたくさんお金をとる塾も増えてきていますが,
塾の価値は授業形態や規模で決まるものではありませんね。
そのことを再認識しました。

そのいい加減な採点をする先生やその先生がいる塾のことはどうでもよいのです。
自分の指導がいつもベストであるかどうか?
自分の本気がちゃんと伝わっているかどうか?
私は,あらためてそれを常に心がけることを誓います!

IMG-PHOTO-ART--1163919963



homb at 14:20|Permalink

2018年12月08日

良い質問との出会い

昨日ある中1の塾生から,こんな質問がありました。
★「atとinの違いは何ですか?」

atもinも場所の前に付くことが多い前置詞です。

例① in the park (公園で)
例② at school (学校で)
例③ in the library (図書館で)
例④ at home (家で)
例⑤ in my room (私の部屋で)
例⑥ in Japan (日本で)

仮にみなさんが英語の先生だとして,
これら6つの例文を見せながら,atとinの使い分け方をその子に説明するとしたら,どう説明しますか?ここで忘れてはいけないのは,相手は中1だということ。難しく説明をするのは,あまり良い教師とは言えません。

さて,どうでしょうか?

私たち教師には,そういうちょっと説明に窮しそうな質問にも対応する指導力も必要だと思うのです。しかもその対応をすべき状況というのは何分も待ってくれません。ほんの数秒後にその子に答えを授けなければいけない場面が多いのです。

その質問をしてくれた子とは,もう結構長い付き合いになりますが,今までされた質問の中で一番質の高い質問だったと思います。どうやって質問に答えるのがベストか,3秒ほど考えてしまいましたが,その子が良い質問をしてくれたことが嬉しくてたまりませんでした。
質問は,好奇心か向上心の現れだと思っているからです。

今日も私が一瞬でも困るような鋭い質問がありますように!

IMG-PHOTO-ART--1938697557





homb at 15:20|Permalink

2018年12月01日

のんアスリート

昨日校舎の入り口付近のXmas装飾を施したのですが,例年に比べてとても大変な作業でした。というのも,その時実は左足首の靱帯を損傷していたのです。
靱帯損傷というと,サッカー選手や体操選手など,足に負荷の大きな競技で勝負をしているアスリートがなる気がしていましたが,私たち一般人の周りにもそんな思いがけない怪我をする危険があるんですねぇ…。

ちょっと方向転換した時,
黒板の上部に字を書こうとした時,
後ろ向きに歩いて足に何かが当たった時,
ちょっとした体重移動でもバランスが保てず何度もコケました。

今日,整形外科に行ってきたのですが,完治するまで1ヶ月半ぐらい必要らしいです。まだしばらく塾生たちや他の桐光教師たちに迷惑をかけてしまうかもしれませんが,情熱に陰りはありませんのでご安心ください。

私「今日から夜ヨガやったり筋トレしたりして痩せようかと思っていたんだよ実は。それなのにこんなケガをしちゃって,神様が『痩せなくていいんだよ』と言っているのかな。」
と中3の子たちの前でつぶやいたとき。

★「先生。ヨガやったぐらいじゃ痩せませんよ~」
との厳しいお言葉をいただきました。

(知っていますよ)
(大事なのは気持ちでしょうよ…)

a7e5b280[1]
IMG-PHOTO-ART-1742586340


homb at 13:00|Permalink