桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

その他

新しい本 1冊だけ入荷♪

久々に気になる本があったので。
以前あらゆる職業の収入などが書かれた本を2冊購入して読めるようにしてありましたが,その【女子版】があったので購入しました。男子も女子も関係無く,長いこと働く時代ですからね。そして今桐光に通ってくれている小中学生たちが,大学を出て働き始める頃には,性別の違いよりも【外国語のスキルがあるかどうか】の方が重要になっているでしょう。でも,とはいえ,基本的に女性が多い職業や,実際に収入があまり知られていない職業もあるでしょう。そんな【女子の職場の現状】がわかりますようにということで,明日から塾生が読めるようにしておきます。
15148540716031

On Off On(明日 授業再開)

今このブログタイトルを自分で書いた瞬間に,私が竜洋中学校の生徒だった頃のある先生との会話を思い出しました。私の親友がゴダイゴというアーティストが好きだったのですが,そのゴダイゴの名前の由来をテニス部の顧問の秀和先生が彼に話をしていました。
秀「Go(生きる)→Die(死ぬ)→そしてまたGo(生きる)という輪廻転生,わかりやすく言えば生まれ代わりながら命が続いていくことだ。そういう意味合いがあるらしいぞ。」と。
中学生の私は「難しい話だな」と思いながらも,今でも覚えているほどインパクトのある内容だったのです。「まさか音楽グループの名前にそんな深い意味があったとは!」という感じでしょうか。

冬休み中ということもあり,未だ勉強頑張るスイッチがOffになっている子がいるとすれば,今日にはそのスイッチをOnにしておかないといけませんね。私は昨日の午後,そのスイッチを既にOnにしておきました。
長い休暇の時や,なにもかもうまくいっていない時,私は必ずといっていいほど
に行って気持ちをリセットします。自分をちっぽけな存在だと思えるからです。広い海,広い世界の中で見れば,人間一人はなんとも小さい存在だと思えて「やるなら本気でいこう!」「自分の出来ることに集中しよう」という気持ちになれるのです。

しかも久々に一眼レフカメラで撮影もしたのでテンションアップ!
1枚目から3枚目までは逆光で撮りました。
逆光は撮るのは難しいので普段は避けているのですが,
今回は太陽の光の線もいい感じで収めてまずまずの画が撮れました。

中3生
明日(木曜)は標準模試
ですよ!
時間→昼12:30~4:15
講習生,塾生のみなさんも冬休み(県学調・定着度)講習の再開です!

15148775408281

15148775407920

15148775408923

333beda6[1]

初詣 (大田)

初詣に行ってきました。と書こうと思ったら、もう相馬先生が記事を書いていましたね。
行ったのも同じ「見付の天神さま」

現場で会うことはありませんでしたが、考えることは同じですね。
神社から、さほど遠くないところに住んでおりますので、歩いて行ってまいりました。 
徒歩で往復約90分 、待ち時間は約40分でした。
受験生が、心 穏やかに、身 健やかに受験の日が迎えられるよう祈ってまいりました。
 A136F1EA-415B-4CB6-B041-C440E45EB55F

徒歩で行った証拠写真です。

62219C55-E852-4126-9CA8-C5EC4B222D8B
 

頼むぞ!霊犬しっぺい!

初詣に行ってきました。
今年は戌年ですね。磐田市の見附天神(矢奈比賣神社)は学問成就にご利益があると言われており,しかも霊犬【悉平太郎(しっぺいたろう)】が祀られているということで,犬を連れて参拝にきている家族や,受験生らしき子が多くて例年以上に混雑していました。

ところで,初詣の時に❝願い事はしない。挨拶のみにする❞というのが神様への礼儀だということをご存知でしたか?年明け早々,しかも人によっては,その神様と初対面かもしれないのに,一方的に願い事だけして去っていくのはいかがなものか?そういうことでしょうか。なんだかそう言われるとそんな気もしてきます。

でも私はたくさんお祈りしました。
特に桐光の受験生の合格祈願は念入りにしましたよ。
手を合わせてまず最初にそのことを強く願い,二礼二拍一礼の最後の一礼の時,そろそろ頭を上げておじぎを終わろうかと思いかけた最後の最後に,もう一度念押しで全員合格を願ってきました。
もちろん絵馬も書きました。
勝ち抜き矢や熊手(小)も買って,神様に恩を売ってきました。
それだけ教え子たちへの思いは強いのです。

今年も,過去に教えた子が成長して,今叶えたい夢のために書いた絵馬を発見しました。看護師になりたいYさんの目標も成就しますように!

そして私の真横で,家族に見守られながら,
絵馬を慎重に結んでいる見知らぬ中3生もいました。
こっそり絵馬の内容を見ると
❝浜松南高校 絶対合格❞との力強い字が…。
この子には悪いけれど,思わず言い放ってやりました。
(君の結果はどうあれ)神様には,私たちが教えている桐光生の合格の方を優先してもらうよう頼んでおいたから。そこのところ悪しからず!」
と心の中で。
BlogPaint
BlogPaint

花達にも明けおめ

昨日来られなかったので,今日が新年初の水やり。
一年の始まりということで,声かけをしておきました。
「遅くなってごめんね」
「明けおめだね」
「平成30年だね」
「冷たい空気は気持ちがいいね」
「目の前に学問の神様【菅原道真公】を祀っている天満宮があるけど,人の姿が見えなくて寂しそうだね。今度本部校中3生をみんな引き連れて行ってみようかねぇ?」
「今日はスーパームーンが見られる日らしいよ。昨日だったかもしれないけどね。」
「正月なのに相馬家の冷蔵庫には蟹が無かった。残念だよね。 ん? 冷凍庫にあるかもって?いやそこはもう確かめたよ。冷凍庫にも無かった…。」
15148647560224
15148647558470

独身下流貴族の旅

今は学校も塾も無い期間なので,自分のことぐらいしか書くことがありません。

少し前に,いえだいぶ前かもしれませんが,私が塾生に「先生結婚していないなんて,かわいそう」と言われ,それに対して「いやいやそうでもない。(独身も)結構楽しいぞ」という会話をしたとか、そんなようなことをこのブログに書いたような覚えがあります。
私をよく知る保護者様は,私が旅行好きなことはご存知でしょう。ただ車で遠出しようとしても、静岡県は西に行くにも東に行くにも東名高速道路を使わざるを得ないので,GWや年末年始などは渋滞時のトイレや目的地までの疲労が心配です。到着してからも常に人込みという状況が予想され、なかなか国内旅行に踏み切れません。そんなわけで,主に海外の国々を旅する機会を増やしてきました。

私は海外旅行を自分なりに充実させるためにいくつかこだわりを持っています。親御さんにおかれましては,私のそんなことにはご興味は無いかと思いますが,勝手にどんどん書いていきますね。

①その国の言語を学んでから行く
最近では英語があまり通じない国を意図的に選んでいます。外国語を学ぶ楽しみを失いたくないからです。数年前にベトナムに行った時は,小5のクラスでベトナム語で自己紹介や授業をしました。思いがけず自分たちの言葉で語りだす日本人に,彼らは驚き,そして喜んでくれるものです。
②現地の生活を積極的に体験する
外国人旅行客が多くいるレストランではなく,現地の土着の人々が集まるような(ともすると少し汚ならしい)お店にもずんずん入ってその国のソウルフードを食べるようにしています。食べ物の好き嫌いが極端な私ですが,こういう時は少し我慢するしかありません。パクチーや謎の肉らしきものなど口から出したくなる食材もたまにありますが,その時しか経験できないことへの挑戦心で乗り切ります。 
③現地の人々と交流する
外国(特に発展途上国)では,日本の飴(あめ)がとても人気があります。中国やベトナムでは,朝一緒にフォーを食べたり,バドミントンや笑顔体操をして仲良くなったおばあちゃんたちにあげて喜ばれました。また,オイルマネーを背景に,世界のセレブの注目を集めるアラブ首長国連邦では,タクシー運転手さんと,アラビア語と日本語,お互いの言葉を教え合って楽しみました。
友達に『お土産を買う』という約束をしない
私の旅の行程を縛られたくないので,お土産の購入はマスト事項に入れたくありません。でもちょうど良いチャンスが巡ってきたら買います。もともと誰かに何かを買ってあげるのは好きなので。
⑤その国で撮影された映画を見て気分を盛り上げておく
これがなかなか楽しいですよ。ただあまりマイナーな国,例えばエクアドルやアゼルバイジャンなどは,そこで映画が製作されているかどうかも怪しいですし,歴史的に見ても有名な出来事も無さそうですよね。多少は知られている国の方がよいのかもしれません。

先日,久しぶりに次に訪れたい場所が定まりました。そういうわけで,TSUTAYAで借りてきたこの映画を見ることにします。小林聡美さんが主演なのねぇ…。
img_0~2
DSC_0002~2

New Year has come!

あけましておめでとうございます。
本部校塾生の保護者様,旧年中はお世話になりました。
こちらからのいろいろなお知らせや,時間割や追加授業など様々な変更などにも,柔軟に対応していただきまして,あらためて,ありがとうございます。

塾生のみなさん,特に中学生には時に厳しい指導をしてきたかもしれませんが,よくぞ頑張りぬきましたね。なにごとも継続していくことは,誰にでも出来ることではありません。
しかし,ある節目まで頑張っても,それぞれの挑戦は終わりません。またすぐ次の勝負(目標)が目の前に現れるものです。だからこそ,努力することは決して特別なことではなく,生きている以上は当たり前のことだということを覚えておくようにね。

生徒たちや親御さんに,笑顔をもっともっと届けられるように私たちも邁進していきます。
shi

2017年度の歩み【12月編】

そして今月に至ります。
中3生は2学期内申点が判明し,ほとんどの子が受験校を一本化しましたね。
たくさん面談もしてきました。これからもじっくり話し合って,小さな心配も迷いもなくしていきましょう!
今月最後(12/29)の授業は中3の入試講習でしたが,最後にお見送りしたのは,(不思議なことに)中2のNさん。Nさん!3学期の巻き返しに期待しています!

新年最初に会うのは誰でしょうか?
「勉強をしすぎました」という嬉しい報告をしてくれるであろう中3?
大晦日から元旦にかけてジャニーズのライブに行くという中1?
たまたま桐光の前を通りかかり,花に水をやる私にばったり出会ってしまう誰か?
受験にご利益ある神社で,ばったり私と出くわしてしまうかもしれない受験生?
本部校ブログコンテンツ【隠れ家ごはん】のある店で,存在感を消して(隠れて)ごはんを食べている私を見つけてしまう誰か?
コメダ珈琲で何やら勉強などしている私を見つけてくださる保護者様?
(コメダで会ったら,(以前blogでお約束した通り)シロノワールをご馳走させていただきます)

いずれにしましても,お互いに良い新年を迎えましょう。
2017年,今年もありがとうございました!
12月
500_5282 - コピー

2017年度の歩み【11月編】

運命の期末テストが実施された11月。
中3生が夏休みにあんなに頑張ったのはこの期末テストのためでした。
途中で「何もかも放り出したい」と言って泣きながら頑張った子もいれば,勉強をしていないと強い強迫観念に駆られて眠れなくなった子もいました。そんなみんなの気持ちに応えるべく,私も英数国理社の主要5教科だけでなく,中3生には【技能教科(音楽・体育・技術家庭)】の対策問題まで自作し,勉強会までして期末テストでの成功に備えました。受験生みんなと怒涛の2週間を過ごしたのです。
11月

われてもすゑに(大田)

中1生は学校の宿題で「百人一首を 覚える」というのがあるそうですね。しっかりとアドバイスができていなかったので、この場を借りまして。

見ているだけではなかなか覚えられませんので、何度も声に出して読みましょう。

今日は十首とか決めて、1日の中で何度も反復して声に出すと覚えやすいです。

次の日の最初には、前の日に覚えたものが言えるかどうかチェックするといいでしょう。




ちなみに、百人一首の中で私が好きなのはこの歌。

崇徳院


川の水の流れが一度は二筋に別れても、また後ほど出会うように、別れた私たちもまた必ず逢おうと思うという意味。恋愛の歌だと解釈するのが普通ですが、それだけでなく、人と人との出会いと別れに関する歌だと解釈してもいいと思います。


昨日、幼馴染に何十年かぶりに会いました。幼稚園児だったころに知り合い、お互いの家が引っ越して小中学校は違いましたが、高校で再会。卒業後は別の道を進み、音信不通になっていました。

偶然、ある生徒のお母さんが彼の妹さんだとわかり、そのおかげで連絡先を知ることができて、昨日、久しぶりに会ってきました。

まさに「われても すゑに 会う」という感じです。

中3生はこれから、別々の道を進んでいく。もちろん、同じ高校に行く子もいるでしょうが、それでも途中でわれる、道が別れてゆく。自分の道を進めるのは自分しかいない。自分の道を切り拓くのも自分しかいない。

これからの2か月は精神的にも体力的にもキツいと思います。困ったことがあったらどんどん相談して下さい。キツい期間を一緒に乗り切りましょう。


われても(塾の授業は入試直前までで終了)   すゑ(合格発表の日)に  【笑顔で】会わむとぞ思ふ。


2017年度の歩み【10月編】

10月は大事な月でした。
なにしろ中学生には2学期中間テストがあったので。
もう10月はテスト対策しかしていなかったと言っても過言ではありません。中学生は中間テスト,小6は桐光定期テスト,中3はさらに標準模試も特進模試もあって,どの学年の子たちもいろいろなものからプレッシャーを受けていたはずです。でもいざ桐光に来ると,どの子たちもいつも本当に元気なので,そのことに私たちも救われてきました。
10月

2017年度の歩み【9月編】

初秋の9月は,私が最も好きな学校行事がありました。
それは!体育大会&運動会です。
みんなが元気に走り回っているのも,その姿を撮るのも楽しいです。
そういえば今年は5月頃に私のカメラに悲劇が起たのです。
ふとそのことを思い出してしまいました…。
悲しみのblogはこちら→  http://honbu.blog.jp/archives/1065644881.html
9月

2017年度の歩み【8月編】

盛夏の8月は,なんといっても中3生が勉強の主役。
昼間は夏期講習と勉強会,夜は自主勉と通常授業がありました。しかも8割以上の子が漢字検定3級にも挑んだのでその勉強もありましたから,午後はほぼ毎日桐光で夜まで勉強と言う日々が続いたのです。大変には大変そうですが,次第に慣れてくるもので,この夏の一ヵ月を経て,黙々と何時間でもやれる姿勢が備わってきたように思います。
そしてさらには,トップ高校への進学を目指す特進コース生による【特進模試】も始まりました。東部中や南陽中に通う子だけでなく,桐光学院の全ての校舎のトップランクの子たちが競い合える模試なので,自分の中学の中だけで良い成績というのではなく,他中学のライバルよりも良いかどうか,客観的な観点で知ることが来ます。

昨年,桐光の特進コース生の高校合格率は95%
ちなみに,浜松北・浜松西・浜松市立・浜松南・磐田南を合わせたいわゆる(特進コース生が受験するような)トップ高校の全受験者の平均合格率は83%程度なので,桐光の特進生の合格率は特筆ものだと思いませんか?
倍率(競争率)が高くても関係なく合格してしまう桐光生。
そういう圧倒的な学力を備えるための特進コースです。
8月

2017年度の歩み【7月編】

7月です。
この月はいろいろ節目となる月になりました。
まず中3は部活動が一段落し,この7月と8月で猛勉強する決意を固めました。サーラで説明会を開催し,志望校合格にはどれだけやるべきことがあるかということを肌で感じたはずです。受験生諸君,その時の気持ちをまさか忘れてはいませんよね?

そして中1はSクラス(発展)とAクラス(基礎)にクラス分けをしました。これにより,習熟度に応じた指導が出来るようになったため,塾生たちの満足度も高まったと思います。中1のクラス分けに伴い,そして秋以降の受験指導カリキュラムを見据え,中3生及び親御さんには,土曜日への時間割変更にご協力をいただきました。ありがとうございます。
7月

ピンチはチャンス!(鈴木ひろよ)

数学個別授業を担当している鈴木です。

「計算問題は得意,解くのことも好き!」ではあるけれど,
「応用問題は絶対にムリ!」と豪語(?)する子がいます。

そういうセリフを聞くと,
なんとかその壁を乗り越えさせねば,という
挑戦状のように響きます。

もちろんそうは言っても,応用問題にすぐ難色をしめす理由は
いろいろです。

そこで
子どもたちがどこで二の足をふんでいるのか
見えやすいの個別指導です。

また個別指導の場合, 
恥ずかしがることなく,素直に「なぜ?」という
と問いを子どもたちも 多くしてくれます。
それから よく出来たときには,
すぐに思い切り褒められます!

今年ももうすぐ終わりですね。
来年は心機一転,
今まで避けてきた(絶対に気になる,解けたらカッコいい)
応用問題に 真正面から
まずは1時限だけ
向き合ってみましょう!

個別授業で待っています。

Photo_1513747485698~2
livedoor プロフィール
アクセスカウンター