その他

2018年12月17日

必死なら必至

皆さんは,個別指導と集団指導とでは,
どちらが一人ひとりをしっかり見てくれるイメージがありますか?
まぁこのブログを見てくれている方々のほとんどは,桐光学院のお味方なので,集団授業を極端に心配していらっしゃる方は少ないと思いますが,一般的にはどうでしょうか。やはり個別指導に期待することはその【個別】という言葉から連想する《個への綿密なサポート》だという親御さんも多いような気がしませんか?

この間,またひとつおもしろいことが,
(いやおもしろいというか驚くべきというか…)
ある中学生とこんなやり取りがありました。
その子はある個別指導塾に最近まで通っていました。
桐光に入ることが決まってからもそちらの塾にも少し被って通っていたので,桐光の宿題の一部をその塾さんの授業内でやっていたというのです。

まず,他の塾の教材をやらせていいというのにも驚きましたが,
本当の驚きはその後で聞いたことです。
ご存知のように,私(相馬)は英語の指導を担当しております。
桐光は宿題を出していますが,なんでも自分で採点すればよいというものではなく,英語の場合は【テーマ英作文】というタイプの問題に関しては❝先生(相馬)が採点するから自分で採点するなかれ❞というのが暗黙のルールで特に中3はみんな知っています。でもその子はまだ入塾間もなかったので,そのことを知らずに今まで通っていた講師の先生に見せて採点をしてもらったそうです。

私「その塾の講師に見せちゃったの?」
★「はい。ちょうどその先生がいたので」
私「そぅか。まあいいや。次からは俺に見せてくれよな。」
★「はい。すみませんでした。」
私「謝らなくていいよ。知らなかったことだし。ところでさぁ,これらのテーマ作文は,正解かどうかの判断が簡単ではないというか時間がかかるんだけど,その先生はどのくらいの時間かけて見て(チェックして)くれたの?」
★「もうパーッとです。」
私「パーッとって?」
★「もう本当に1分ぐらいです《全部合ってるよ》って言ってました。」
私「1分?もし本当に1分でやったとしたら,俺(相馬)よりも20倍ぐらい英語力と視覚認識力が優れていることになるぞ?」
(あらためてチェックしたところ…)

私「あのね。すぐに分かったことだけ言うと,最初の4問の内,3問に間違い(つまり採点ミス)があったよ。やはりさ,これらのテーマ作文がそんなにさっさとチェック出来るわけがないんだよ。その先生は,あまり英語が得意でない大学生のアルバイトか何か?」
★「いえ。たぶん30歳以上だと思います。」
私「え?学生アルバイトじゃないの?」

もうこの辺でいいでしょう。
ここのところ,個別指導でたくさんお金をとる塾も増えてきていますが,
塾の価値は授業形態や規模で決まるものではありませんね。
そのことを再認識しました。

そのいい加減な採点をする先生やその先生がいる塾のことはどうでもよいのです。
自分の指導がいつもベストであるかどうか?
自分の本気がちゃんと伝わっているかどうか?
私は,あらためてそれを常に心がけることを誓います!

IMG-PHOTO-ART--1163919963



homb at 14:20|Permalink

2018年12月08日

良い質問との出会い

昨日ある中1の塾生から,こんな質問がありました。
★「atとinの違いは何ですか?」

atもinも場所の前に付くことが多い前置詞です。

例① in the park (公園で)
例② at school (学校で)
例③ in the library (図書館で)
例④ at home (家で)
例⑤ in my room (私の部屋で)
例⑥ in Japan (日本で)

仮にみなさんが英語の先生だとして,
これら6つの例文を見せながら,atとinの使い分け方をその子に説明するとしたら,どう説明しますか?ここで忘れてはいけないのは,相手は中1だということ。難しく説明をするのは,あまり良い教師とは言えません。

さて,どうでしょうか?

私たち教師には,そういうちょっと説明に窮しそうな質問にも対応する指導力も必要だと思うのです。しかもその対応をすべき状況というのは何分も待ってくれません。ほんの数秒後にその子に答えを授けなければいけない場面が多いのです。

その質問をしてくれた子とは,もう結構長い付き合いになりますが,今までされた質問の中で一番質の高い質問だったと思います。どうやって質問に答えるのがベストか,3秒ほど考えてしまいましたが,その子が良い質問をしてくれたことが嬉しくてたまりませんでした。
質問は,好奇心か向上心の現れだと思っているからです。

今日も私が一瞬でも困るような鋭い質問がありますように!

IMG-PHOTO-ART--1938697557





homb at 15:20|Permalink

2018年12月01日

のんアスリート

昨日校舎の入り口付近のXmas装飾を施したのですが,例年に比べてとても大変な作業でした。というのも,その時実は左足首の靱帯を損傷していたのです。
靱帯損傷というと,サッカー選手や体操選手など,足に負荷の大きな競技で勝負をしているアスリートがなる気がしていましたが,私たち一般人の周りにもそんな思いがけない怪我をする危険があるんですねぇ…。

ちょっと方向転換した時,
黒板の上部に字を書こうとした時,
後ろ向きに歩いて足に何かが当たった時,
ちょっとした体重移動でもバランスが保てず何度もコケました。

今日,整形外科に行ってきたのですが,完治するまで1ヶ月半ぐらい必要らしいです。まだしばらく塾生たちや他の桐光教師たちに迷惑をかけてしまうかもしれませんが,情熱に陰りはありませんのでご安心ください。

私「今日から夜ヨガやったり筋トレしたりして痩せようかと思っていたんだよ実は。それなのにこんなケガをしちゃって,神様が『痩せなくていいんだよ』と言っているのかな。」
と中3の子たちの前でつぶやいたとき。

★「先生。ヨガやったぐらいじゃ痩せませんよ~」
との厳しいお言葉をいただきました。

(知っていますよ)
(大事なのは気持ちでしょうよ…)

a7e5b280[1]
IMG-PHOTO-ART-1742586340


homb at 13:00|Permalink

2018年11月27日

冬こそ

寒いというだけで外に出たくなくなりますね。
そんな冬にこそおススメなのが桐光の冬期(学調)講習です。

「冬休みは寝て食べて遊ぶためにある!」
そう思っている小中学生は多いかもしれませんが,昨年度,この桐光の冬期講習の後そのまま続けて,学年末テストや来年最初の1学期期末テストで自己最高の順位を獲得した子が意外と多かったのです。

他の子たちがあまり勉強していない時にやったのが奏功したのでしょうか。それもありますが,桐光の冬期講習は年明けの県学調を見据えており,その問題タイプ別の対策ができるというだけでなく,今まで習った単元をある程度まんべんなくおさらいすることにも繋がるのです。そして次の学年に進級していくこの時期に,桐光の講習を経験したことにより,新しい期待を持つことが出来たのかもしれません。

去年のことはもういいでしょう。
冬期講習を契機に,成功のモデルケースになるのは誰でしょうか?

冬期講習本部-001



homb at 17:00|Permalink

2018年11月26日

必死のパッチ

プロ野球の阪神タイガースのファンなら,誰もが知っているフレーズ。《必死のパッチ》の意味は【必死の最上級】だそうで。

今週金曜に学調をひかえる中3ですが,
期末テストが終わっているからなのか,いまいち頑張りが欠けているように感じています。まあそう感じているだけかもしれませんが。弁当持ちで頑張りに来ている子が一番頑張っているのか?確かに弁当持ちで一日桐光で勉強をして,時にコロコロや黒板消しで息抜きしている様子は微笑ましいですが,誰よりも頑張っている子は,この子たちたもしれないし,もしかしたら他にいるかもしれません。

先週の金曜日にこう宣言した中3生がいました。
『今から1週間で,学調テキスト2冊[5教科]を最初から最後までやります』と。
彼には新品の学調テキストを渡してありましたが,実際その日は祝日だったこともあり,その前の晩から祝日の午前中にかけて理科を50ページやりきったそうです。

必死のパッチとはこのことですね。
まだ褒めるのは早い。
実際に完遂したら褒めてあげて,
学調の結果にあらわれたらめちゃくちゃ褒めてあげようと思います。

ちなみに,
私と杉山先生は,本部事務所で机が隣同士です。
今日も数学の教材作りに集中していました。

a444d3e0[1]
5996614c[1]



homb at 15:20|Permalink

2018年11月22日

ノート の意味(大田)

本日で,全中学 期末テストが終了。

テストのたびに考えるのが勉強法。どうしたら効率がよくなるかを考える。
偶々 今日 興味深い記事を見つけましたので,リンクを。
https://toyokeizai.net/articles/-/250684

ノートは何のために取るのか?
ノートを取ること まとめること自体が目的になっていないか?
覚えること 理解することに寄与しているのか?
板書の量はどの程度にすべきか?
板書しないことを どうやってメモしてもらうか?
聞く だけではなく 考える 時間をどうやって設けていくのか?


いろいろ考えて授業に生かしていきます。



homb at 13:24|Permalink

2018年11月20日

12月スケジュール

中1と中2の塾生のお宅には郵送で,
中3と小学生には手渡しで,12月スケジュールをお届けします。
小6・中1・中2は桐光のテストがあります。
年末年始の日程もご確認ください。


’18本部 12月calendar-001


homb at 16:30|Permalink

2018年11月18日

What makes 結果 better?

中3英語を知らないと日本語訳が出来ないタイトルですみません。中3のお子さんがいらっしゃいましたら,ぜひ日本語訳するようにとお話(指示)してみてください。出来ないと困る重要な英文法です。

こんなものを作っておととい黒板に貼りました。
特に最近桐光に入った子は初めて見るので,
なかなか興味津々といったところ。
もっと早く思いついて貼るべきでした。
思い立ったのが金曜だったので,
期末テストが既に終わっている中学の子たちにはゴメンナサイm(__)m

テスト前にやると良いことは諸説あります。
これら4項目が絶対とは思いませんが,
普段通りやること,そして普段より心がけた方がいいこと。
その両方を意識して,2学期最大の勝負に臨んでもらいたいです。

111



homb at 11:00|Permalink

2018年11月13日

求)頑・張・人

冬休み期間の講習の募集が始まっています。
稲田先生の先日のブログにも書いてありましたが,
本部校には10月と11月で結構多くの入塾がありました。
ありがとうございます。

その中でもこの時期にも関わらず,
中3の入塾も複数名いたことが印象的です。
今から何ができるか?
今から何をしてもらえるか?
桐光で頑張ればなんとかなるのか?


学校区に数多ある学習塾の中で,それら切なる願いの対象として桐光を選んでいただけたことには感謝しておりますが,それと同時にとても身が引き締まる思いでもあります。
【なんとかしてくれるのは桐光】ということを,地域の皆さまはご存知なのでしょうか。そんな最高の期待に応えるべく,ここのところは期末テスト対策の授業に注力してきました。あと1週間で東部中の期末も終わり、すぐまた次の戦いへと,塾生も教師も全力で身を投じていくわけです。

★「いつ(子どもを)塾に入れるのがいいですかね?」
そんな質問をたまにされます。
次にこの質問をされた時のリハーサルをしてみます。

私「そうですねぇ…私にもわかりません。ただ,気になっている塾の授業を体験できたとか,成績が上下して心が動いたとか,目標がようやく定まったとか,お子さんが良いきっかけを得ているなら,その時がベストのタイミングだと思いますよ。」

e67cc378[1]



homb at 15:00|Permalink

2018年11月07日

新しい風(稲田)

本部校では
今月たくさんの新しい仲間が
クラスに入ってきてくれました。

新入塾の子がひとり入るだけで
クラスに新しい風が入り
教室に新鮮さがでる。

その空気感は非常にいい効果があり
もともといる塾生にも
大いにプラスだと考えています。


そして今週
もうひとつの新しい風も
IMG_6925
月曜日いつも見慣れないセンセイが
手伝いに来てくれました。

中学生たち
「今知らないセンセイがいた!」
「え、何の教科のセンセイですか?」
「え、理科ですか!」
「え、理科のセンセイかわるんですか?」

最後の言葉は
もう少し嫌そうに言ってくれなきゃ。



鈴木雄大センセイです。

読み方は今度本人に会ったら
聞いてみてください。


理科担当
稲田でした


homb at 15:00|Permalink

2018年11月06日

普通という特別

他の塾をやめて桐光に来てくれる子と話をしていると,前にいた塾のことなどを自然と会話の中から知リ得ることがあります。塾が違うのでその内容が違って当然なのですが,桐光とあまりにも違うことがあるのだと感じることもしばしば。

最近聞いた中で,桐光では当たり前だけど,他では必ずしも当たり前ではないと知ったことが幾つかありましたので,つらつらと書いてみます。

桐光では当たり前① 授業中は私語禁止が基本。
桐光では当たり前② テスト対策授業がある。
桐光では当たり前③ 先生が授業をする。
桐光では当たり前④ 宿題を先生が確認する。
桐光では当たり前⑤ 個別授業が無料である。


先生が授業をするのって,普通ですよね。
なにも桐光の美点でもなんでもないと思いますが,
ただ部屋にいるだけの先生がいる。
そういう状況の塾さんもあるそうです。

テスト対策をしていない塾にも,
通っている中学生がそれなりの人数いるようです。
そこに通う生徒たちが,
一体どういう目的で,何を期待して塾を選ぶのか知りたいです。
でももし仮に,私がその塾さんの教師だったら,
勝手にテスト対策をやってあげちゃうでしょうね。

さて,ここ数年で思うのですが,
桐光の当たり前のレベルが高まっています。
それ故,他塾さんのことよりも,
私以外の桐光の校舎長がやっていることが気になります。

今や,親御さんとのメールのやりとりは頻繁に行われていますね。
生徒の授業中の写真を撮る機会があれば,
親御さんに送って差し上げることもしています。
中3に限れば2学期は技能教科の対策教材も作成する場合もあります。
これらは私が桐光に入社した時にほとんど慣例ではありませんでした。

私が自らの意思で始めて励行してきたものもあれば,
当時の先輩教師がやっていた行動を昇華したものもあります。
しかし徐々にですが,その私たち❝多様なサービスを提供し始めた先駆者❞の動きを取り入れ,今では私以上にそのサービスを強化していこうとする校舎長も現れてきました。

私たちが出来ること。
当たり前のレベルを上げていく。
当たり前が当たり前になったら,新しい基準に上げていく。
それこそがオンリーワンの塾に向かう道だと思っています。

期末テストをひかえる中学生にも,
彼ら彼女らのすべき当たり前があります。
今に何をすべきか?今何が出来るか?
考えながら桐光に来て,着いたら無心で勉強に集中ましょう。

IMG-PHOTO-ART--407446752


homb at 16:00|Permalink

2018年10月23日

二次試験までに

昨日,英検の1次試験の結果が判明した子が多くいたようです。
本部校の塾生の中にも「受かりました!」という報告がありました。
しかし喜ぶのはまだ早いです。
3級以上の合格には二次試験を突破する必要があります。
いわゆる面接形式の試験です。
見知らぬ某高校の先生と1対1もしくは1対2で英語でやり取りするのです。
3級二次試験の合格率は約90%なので,まず合格は間違いないとは言えますが,絶対に受かるわけでもありません。
下記のリンクを参考にすると全体像が見えてくるので,見事に1次試験をパスした桐光生は,まずはこのリンクから情報収集してください。そして桐光で英語を習っている先生に大至急相談をもちかけましょう。もっと的確なアドバイスをもらえるかもしれませんから。

そして最後におすすめの教材のご紹介。
今回はこちらです。
1,000円ぐらいするので,購入の判断は慎重に願います。
また,二次試験本番まで日があまり無いので,
ネット通販ではいつ配達されるのか不安だという方は,書店で求めるのが良いでしょう。
わたしたち桐光教師は,いつでもみなさんの味方です。
一緒に頑張って合格しちゃいましょう!


おすすめリンク
(1)→ http://www.fourskills.jp/eiken-grade3-2
(2)→ http://noubiz.jp/shikaku/6134/

094040[1]


homb at 12:20|Permalink

2018年10月17日

生徒との距離(稲田)

塾は勉強を教えるところですが
「誰」が教えるかは大事になります。
誰でもいいなら
アルバイトでもいいし映像でもいい。


加えて誰が誰に教えるか
つまり教師と生徒の「関係」も
同じく大事になります。

このセンセイが言うから信じよう
このセンセイだからがんばろう
このセンセイに褒めてもらういたい
そう思わせることが理想です。

そういった関係を築くためにも
教師と生徒の「距離」が
大事になります。



私も本部校に入って半年
距離が縮まってきたなと感じることが
昨日偶然3つもありました。

ひとつめは
新入塾の小学生が机の後ろに
隠れて待っていたこと。
(もちろん宿題は机の上に出して!)

ふたつめは
中間テストの結果がでた生徒が
嬉しそうに結果を伝えに来たこと。

みっつめは
「センセイ」ではなく
「イナダセンセイ」と呼んできたこと。



どれも小さなことかもしれませんが
私はとても大事なコトとして
そしてとても嬉しいコトとして
受けとめています。


P1000100


私は
君たちだからがんばっています。


稲田でした


homb at 12:43|Permalink

2018年10月13日

メリカリ

メリカリって何のことだと思いますか?
テレビCMでよく見聞きする,フリマアプリのメルカリではありません。
実はこのメリカリ,【メリハリをつける】のメリハリの語源です。
元々は楽器の低音(メリ)と高音(カリ)を意味していたそうです。

翻って桐光本部校のことですが,
東部中・丸塚中の子たちは中間テストを来週にひかえ,学校の宿題に加えて桐光の宿題が増え,しかも桐光に来る頻度が増え,授業時間も長くなっている。いわゆる【桐光テスト対策の期間】です。
たまにこのテスト対策がつらいと言って続けていけるかどうか自信を無くす子がいます。それは心配な気持ちになりますが,仕方がないことなのでしょうか。この間,テスト対策期間が一年(365日)という時間の中でどの程度占めているのか計算してみました。

(年4回[定期テスト]×1回の対策期間18日)÷365日×100=19.7%

年間20%(約72日間)のテスト対策期間は,普段の桐光より少し大変になるということ。成績を上げたいという気持ちで塾に入ったわけですから,そのぐらいは頑張るのが当然なのかどうか?その答えは私が出すべきものではありません。

さて,実は私は普段あまり多くの宿題を出さない教師です。
しかし,ここぞというところでは一気に勝負に出ます。
生徒たちの「無理~」という心の声が聞こえてきそうなほどに。
もちろん,なぜ今大変なのか。なぜ今それが必要なのか,ちゃんと生徒たちに話をした上で。

今は中3に特に大きなプレッシャーをかけています。
今週は大変だったと思います。
それでもおそらく今晩のチェックで,やり切っていない子はゼロだと思います。

桐光では,中途半端なやる気は淘汰され,頑張るマンだけが残っていきます。そしてその【大変だけど(桐光で)頑張らなきゃ】という子が新たに加入してきます。そうやって,中1より中2,中3とだんだん理想的なクラスが形成されていきます。



homb at 15:01|Permalink

カンロ

気持ちは永遠に若いつもりでいることは出来ますね。
特にこの仕事をしていると,塾生(小中学生)たちのおかげで,
毎日酸化(老化)防止剤を摂取しているような心地がします。
視力は低下していても,なんとかごまかしが効きます。
肌のツヤが無くなりかけても,女性ならファウンデーションで隠せます。
しかし声の衰えは隠せませんね。
私は声は衰えていないという自信がありますが,
最近,この飴を食べています。

ノドに良さそうということもありますが,
私にとってカンロ社さんの飴は特別な存在だったというのもあります。

小学生のころ,我が母校である磐田市立竜洋西小学校では,毎年マラソン大会が開催されていました。私はどちらかというと短距離走の方が得意なので,長距離を走るのは本当に嫌でした。とはいえ何事にも一応手を抜くことを知らない子だったので,「死にそう…」とか思いながらも,いつも全力で走り切りました。
そして精魂尽き果たして教室に戻ると,全員カンロ飴がもらえたのです。
私はこのカンロ飴が大好きになりました。
頑張った後にはカンロ飴。
それが小学生の頃の一年に一度のルーティーンでした。

私にとってはそういう飴なんです。
カンロ飴は。

b4ab7d47[1]


homb at 11:00|Permalink