その他

2017年12月03日

これぞ!個別視導!

❝個別指導とは名ばかりの塾❞とは違います!
なんだか,いきなり個別指導塾さんに喧嘩を売ったようですみません。
伝えたいことはこういうことです。
中3の桐光塾生たちは夏休み以降【学調テキスト➀&学調テキスト➁】を必死でやってきました。英語(学テキ➁)に至っては,10月末の時点で全員が完了していました。期末テストが難しくなることを見越して,みんな努力を前倒して頑張ってきたのです。体育大会,ソーラン練習,中間テスト対策があっても並行してノンストップでやってきました。そして彼らは今日この後【入試テキスト配布会】にて最後のテキストを受け取るわけです。今回は難易度ごとに今までよりもっと細かく分けて作成しました。
英語と数学は《発展・標準・基礎》と3段階,
理科と社会と国語は《発展と標準》と2段階に分け,
塾生それぞれの現段階の学力に合わせて個々に割り振りました。
例:Aくん英(基礎)数学(標準)国(標準)理(標準)社(発展)
個別指導塾の利点って何でしょうか?
1対1とか2対1で指導してくれるから良い?
そういう塾が本当に増えてきましたね。
【個別指導】という言葉(システム)に安心してしまう方々も多いのでしょう。
でも受験生なのに使っている教材が同じとか,教えない先生がいる(監督者としてそこにいるだけ),とか,学校の宿題をただやっている空間になっている塾などもあるらしいです。あくまでも聞いた話ですが。
ご存知のように,桐光学院は個別指導塾ではありません。
でも私はこの桐光(本部校)で,個別導👀のサポートを継続していきたいです。
個別導👀です。
例えその教室に先生がいようと,たとえその先生が少人数の生徒を相手にしていようと,先生が生徒の学力伸長に興味を持ち,その生徒の改善すべき点(つまり伸びしろ)に気づけなければ,個別指導であろうが集団授業であろうが価値は半減するということです。

桐光にはいろんな形の授業があります。
通常授業・補習・勉強会・テスト対策授業,
そして個別授業ももちろんあります。
各教師がいつでも十分な導力を発揮しているか?
まだそうとは言い切れません。
我々教師も発展途上です。
塾生たちと一緒に精進して,ここを理想の空間にしていきます。
51234733[1]
500_4711
500_4726


homb at 12:01|Permalink

2017年11月30日

私も勉強します。

私はこれから少しずつ,数学をもう一度勉強し直そうと思っています。大田先生のように,なんでも教えられる先生になりたい!という気持ちとは当たらずとも遠からずですが,これまで13年間ほど桐光で教師をしてきて思うことがあるのです。それは“数学を出来るようになりたいという子の気持ちは,他の教科とは別格だな”ということ。決して勉強が得意でない子でも,最後の最後まで数学の勉強をしている姿が印象的なのです。彼らは「数学は【わかった】【出来るようになった】という瞬間の喜びや達成感が他教科では味わえないものがある」のだと言います。そして「(数学は)何度やってもわからない。」と言うこともあります。私は後者の気持ちが本当によくわかります。数学というか小4の算数あたりから苦手意識があり,塾にも通っていなかったので【わかった】という機会にあまり恵まれませんでした。

私は数学が得意ではない英語の教師です。
これからも英語の専任教師であり続けるでしょう。
しかし数学が苦手な子の視点に立てます。
数学の教師が近くにいなくて困っている子の力にはなりたいのです。

年末年始の楽しみが増えました。
入試までの英語指導プランを立てたり,数学の自己研鑽に集中できます。
コメダ珈琲(領家店か原島店)に入り浸っているかもしれません。
バッタリ会ったら,日頃お世話になっておりますので,シロノワールをご馳走いたします。
1a0ed966[1]
20171005170420[1]


homb at 12:01|Permalink

2017年11月29日

ここどこ?(第2回)

久しぶりのこのコーナーです。
この写真の場所がどこだかわかりますか?
飯田小学区にある場所の中で,私がたぶん一番頻繁に訪れている場所(飲食店を除く)かもしれません。この写真を撮った日は午前中からプランターの苗を植え替えた日で,腰が痛くなったので,午後の授業前に心身をクールダウンし,ゆっくり時間を過ごしたくて訪れました。小さいところなので,ゆっくり歩き回るほど広さは無いのですが,このこじんまりした感じがちょうどいいと思えることもあります。
15115774282947
15115774280845
15115774281606
15115774279324
もうわかりましたか?
そうです。
門前にいつも意味深い言葉が楽しみな,(曹洞宗)龍谷寺さんです。
今回のお言葉はこちら。
15115773913432
おっしゃるとおり!
何か差し迫ってから頑張るのは手遅れ。
普段の生活,普段の意識,普段の勉強量,普段のルーティーン,【普段(常)】という特別に思えない日々の中にその人の価値が垣間見えるのでしょう。



homb at 17:01|Permalink

2017年11月26日

あえて冬に咲く花

何千種類,何万種類とある花の中で,この寒き冬に咲いてくれる花々に感謝申し上げたい気持ちになることがありませんか?私はあります。もし私が花なら,絶対に初夏に咲きたいです。春が一番と言いたいところですが,春はが主役です。桜の存在感には勝てません。夏にはひまわりがいるでないか?いえいえ,ひまわりは花ですが,背が高すぎるので,花になった私の中では❝ひまわりは木の仲間❞というように勝手に仕分けをして,自分という花がまあまあ目立つ存在になろうとするでしょう。
まぁそんなことはともかく,本部校のプランターを冬の役者に譲りました。
毎度書いていますが,50苗を植え替えるのはなかなかしんどいですが,花や動物が大好きな私にとってはこの軽い疲労感こそ充実の証。次また植え替える日を楽しみにしています。

ところで,みなさんは桐光のイメージカラーをご存知ですか?
実は【黄色です】
それ故,プランターに並んだ花々は青と黄色を基調に,オレンジ色も配しています。オレンジ色は,私がサポーターとして応援している清水エスパルスの色です。
今回の花のテーマカラーは桐光とエスパルスへの思いが詰まっています!
15115773914123
15115773913201
15115773912820


homb at 17:30|Permalink

2017年11月25日

空気と雰囲気

塾生と話をしていて,あるいは体験授業に来てくれた子から〇〇さん(君),桐光にいる時と学校にいる時と全然違いますね」というセリフをよく聞きます。他の桐光の先生たちにとっても「だよね!」と思える桐光の“あるある話”なのです。もちろん“桐光にいる時が勉強の臨む姿勢としてはベストコンディション”で,生徒によっては、学校で私語が多いとか,(授業中)大声が隣の教室まで聞こえるとか,宿題をちゃんと提出できていない場合があるなど、いろいろ心配な点も散見するそうです。
ある日,私が最も信頼している子の一人と車送迎の時に話をした時,その子の親御さんとこんなやりとりをしていました。
親「(学校ではヤンチャな)その子たち,桐光ではしゃべったりしていないの?」
子「しないよ。雰囲気がピリッとしているから授業中は誰も自分からはしゃべらない。」
数年前まで,本部校の我が生徒のそういうメリハリが桐光ナンバーワンだと思っていましたが,たまに他の校舎に入ってみると,どの校舎の子たちもしっかりしてきていることがわかります。

午前中会社に着くと“おそうじ桐光”のハイエースが停まっていました。
秋の間使ってきたエアコンのフィルターをきれいにしてくれています。
インフルエンザが蔓延しかねない冬,
入試講習や県定着度講習が行われる冬休み,
メンテナンスのプロがエアコン掃除をしてくれたおかげで,教室の空気はベストコンディションになるでしょう。
500_4618
500_4624



homb at 12:01|Permalink

2017年11月24日

必要な時に無いと…

★「先生って,(英和)辞典を引くのが速いですね!」
だいぶ前に竜洋校の生徒に言われました。
私「まあな。一応…英語教師だしな。」
でも本部校でそのような会話をしたことがありません。
なぜなら,今まで英和辞典が校舎に無かったからです。
というのも,辞書を生徒が使っているのを見かけるのは2~3年に一度くらい。学習塾では“今やるべき教材”が与えられ,答えもちゃんと用意されています。学校よりも質問して答えてもらえる環境が整っているので,自分で何かを調べる機会が極端に少ないもの。
と,私自身がそう思っていました。
でも,この間まで続いていた期末テスト対策の時,辞書があるかどうか尋ねられました。英語についてのことだったので私がその質問に答えられたはずですが,そんな私に辞書を求めてきたということは,自分で何か知りたいことが別にあったのだと思ったのです。考えてみれば,辞書の方が私よりも何倍も,いや何十倍も知識量が多いのです。
現在本部校は,6人の教師で塾生をサポートしていますが,7人目の先生(英和辞典さん)もこれから頼ってください。スーパーアンカー英和辞典は,私が中学生から高校生までに一番オススメしたい英和辞典です。(ちなみに最新版はデザインや色が違います)
本部校の本棚に置いておきます。
15114038718512
ちなみに,小学生や中学生にオススメなのはこれ!
【ジュニアアンカーシリーズ】
圧倒的に良いと思います。
91lIFlhu2AL[1]



homb at 12:01|Permalink

2017年11月23日

マンガを読んでOK

まさか?
そんなわけはありません。
ここは桐光学院です。
桐光では塾生がマンガを持ち込むことは禁止です。
敷地内にゲーム機が当たるような自販機もありません。
“マンガを読んでOK”とはこういうことです。
この度,新しい本を置くことにしました。それが今回最近流行りのマンガ形式の読みやすい参考書4冊だということです。こういう類の参考書は結構増えてきていて,ボーカロイド風のものもあれば,オリジナルのアニメ調のものもあります。昨日休みだったので領家のTSUTAYA精文館で内容を精査して購入しました。領家のTSUTAYAは相生小学区にあるので,土日は誰かに会ってしまいそうでなかなか行かない店舗なのですが,昨日は生徒たちが学校にいる時間なのでゆっくり出来ました。別にTSUTAYAで塾生と会ってもよいのですが,お互いに意識してしまうものなのですよ。どのコーナーにいるかとか,もう帰ったのかどうかとか。ご家族の方々まで挨拶に見えてくれることもあり,なんだか気を遣わせてしまうのが申し訳なく思いまして。そのため,くら寿司やイオン市野なども,私の足が遠のく場所の有力な候補地です。
そういうわけで,今のところ3階の第2教室前に置いておく予定なので,勉強の合間にこれで勉強してください。
15114038719313


homb at 12:01|Permalink

2017年11月22日

お!いいのミッケ

昨日朝学の時,嬉しい発見をしました。
1冊のノートをある男子が持っていて,それが嬉しかったのです。
表紙にそのノートの名前が書かれていました。
その名も“苦手帳”
数学の自分が苦手としているタイプの問題を書き留め,こうしてテスト前に確認しているそうです。
ちょうど今回のテスト対策から始めたとのこと。
いやぁ本当に嬉しい。
これからも,こういう彼らの一歩,少しの変化も見逃さないようにしていかなければいけないと思いました。

そういえば昨日は,米飯持参の日だったそうですね。
朝学があって,期末テストがあって,お昼は米飯の日。
テスト対策の期間中,親御さんにもいろいろご協力をいただきました。ご送迎やお食事の段取りなど,ありがとうございます。

明日以降,期末テストの結果を楽しみにしておきます。
500_4599
500_4591
500_4586
500_4605
500_4587



homb at 10:01|Permalink

2017年11月19日

12月スケジュール

おととい中1と中2の塾生はご自宅へ12月スケジュールを郵送いたしました。中3と小学生については,順次授業内で配布しておりますので,特に年末年始の休講や模試など,先のご予定を立てる上で必要な情報もご確認ください。
’17本部12月calendar-001


homb at 12:01|Permalink

2017年11月12日

ウィルス ウィルス 飛んでいけ!

またインフルエンザウィルスがせっせと活動する季節がやってきました。すでに一部の中学校では猛威を振るい,多くの子どもたちが欠席していると聞きます。その影響がどのくらい時間をかけて本部校の生徒たちの学区にやってくるのかと,戦々恐々と心配している今日この頃。長らく桐光に関わってくださっている保護者様はご存知だと思いますが,私は除菌のツールとして❝ドーバーパストリーゼ❞を愛用しています。効果は良いようですが,なかなか高価でもあります。安全と消毒効果を見事に両立している商品なので,高いのも当たり前ですね。
これからしばらく,電話の受話器,机やイス,教室やトイレのドアなど,人の手が触れる場所を中心にせっせと除菌していきます。
15099460399460


homb at 17:01|Permalink

2017年11月02日

愛,故に…

前から少し気になっていた書家・金澤翔子さんの書展に行ってきました。以前一度お参りしに行ったことがあるお寺さん(龍雲寺)で11月6日まで開催されているのですが,「あれ?こんなに大きかったっけ?」と思うほど規模の大きな展示スペースにまず驚きました。
次に驚いたことは,入場料は無料ということ。
さらに驚いたことは,写真撮影・SNSへの投稿も自由にOKということ。

金澤さんが“書”を書いている様を見ていて感じたことは,書家というよりアスリートなのかもしれないということ。“とめ・はね・はらい”を書く刹那の時,えもいわれぬ緊張感が伝わってきました。私も長く書道にたずさわっていた時期もありましたが,同じような気迫で書いた記憶がありません。
普段,彼女の心を満たしているのは“周りの人への愛”だそうです。懸命に字を書くのは,誰かを勇気づけたい。喜んでもらいたいという気持ちがあるからで,また誰か怒られている人がいると,その人の気持ちになりすぎて泣いてしまうそうです。
書展は絵画がとはまた違った良さを感じました。
黒一色で表現されたその人の気持ちが,そこにはありました。

この書展の目玉は“世界一大きな般若心経”なのですが,ここに載せてしまうと,これからもしかして見に行かれる方にとっては,それを見たときの感動が何割か削がれてしまいかねないので写真は割愛します。浜松市内のひとつのお寺さんが金澤さんのこれほどの多くの作品を展示できるなんて普通は考えられません。しかも前述の“世界一大きな般若心経”は龍雲寺にそのまま奉納されるとのことです。
15095101342961
15095101341777
15095101341566
15095101342429
15095101339420
15095101342148



homb at 12:01|Permalink

2017年11月01日

特別な一日 特別な自分

あさって11月3日(金曜/祝)は,中3生が標準模試を実施する日であり,そして私の誕生日でもあります。
なんとも特別な一日ですね。もはや誕生日自体,祝ってもらおうとかそういうことは思えない歳ですが,生まれたことを再認識できる日として最重要な一日です。
夫婦の婚期,精細胞・卵細胞の数などの数値の平均値で計算すると,その人自身が生まれてくる確率は1400兆分の1らしいです。先日,私が近く誕生日だということを竜洋校で話題にした時,ある女子生徒がそのようなことを教えてくれました。

そして,生まれただけでもすごいことなのに,偶然,仲間たちと同じ学年に生まれた奇跡,たまたま浜松市の同じ中学校区に住んでいる奇跡,そして数ある塾の中で桐光を選び通っている奇跡,先生と生徒という関係で出会った奇跡…奇跡という言葉では表現しきれない“縁”の深さを,あらためて実感します。

でも入試で奇跡はあてに出来ません。
学校生活の,部活動の,テスト勉強の,模試の,特進課題の,中3生それぞれの14~15年間の人生の努力の軌跡を懸けて,常に全力で前に進み続けよう!
★模試案内11月★-001



homb at 17:01|Permalink

2017年10月24日

11月のスケジュール

昨日の授業から塾生には11月の予定を配布し始めました。今回ご自宅への郵送はいきませんので,スケジュール表をお子さんからもらうか,このブログ画像を保存するなどしていただくなど,保護者様も一読いただき,あらかじめ11月の流れをつかんでおいていただけると助かります。大きなトピックスが3つあります。
➀中学生【期末テスト対策】
 
朝学を実施予定(東部中)
➁中1・中2【桐光模試】
➂小6【漢検模試】
’17本部11月calendar-001 (1)


homb at 12:01|Permalink

2017年10月23日

今日の授業は全てやります

お知らせが遅くなりましてすみません。
驚くほどの晴天になったのでお分かりだと思いますが,社会の補習(中2)も個別授業も中3理科補習(Sクラス)も,中3特進コース生の国語テストも,中1・小学生の通常授業も予定通りやります。学校はお休みですが,桐光生は今日も前進しましょう!

高校生は午後から通学のようですね。実は今日,午前中から聖星高校の説明会に参加してきました。そして嬉しいことに,帰りに午後登校する卒塾生とばったり出会いました。

私「めちゃかっこよくなったじゃん!」
★「先生太りましたね♪」
最近ネタになりつつある私のメタボ。
15087217054470


homb at 14:09|Permalink

2017年10月21日

台風接近 10/23(月)の授業

台風21号の接近により,
公立小学校・中学校では23日(月)をお休みとなりました。
桐光学院では23日(月)の昼の段階での気象状況をみて,当日の夕方以降の授業について休講か否かを判断いたします。

つきましては,
➀保護者様には23日(月)の午後1時ごろの段階で,休講か否かを決定した上で各校舎のブログ上にて発表します。
➁その後、メールにて詳細をご案内いたします。

今後台風のスピードにより,早い段階で台風が通過するような場合は,夕方からの授業の実施もあり得ます。万が一メールでの御連絡の際,連絡不能の場合はお電話させて頂く場合もあります。202010-0000-jp0000-20171021220000[1]



homb at 13:40|Permalink