桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

カテゴリ: 小学生

合否の結果を知らせるメールを開く瞬間,少しどきどきしますよね?
桐光は準会場なので,webで合否の閲覧ができます。
これから確認して個々に検定の結果をメールにてお知らせします。
しかし,これから会社で会議がありますので,メール返信はその後になりそうです。
もうしばらくお待ちください。


そういえば先週の中3の授業の時,
公立高校入試の合格発表の日,
「どうやって合格者の発表がされるのですか?」
という質問がありました。
詳しく教えてあげたところ,一層緊張感が増したようです。

小学生の授業中の様子。

P1220972

私自身が近くで他人にジロジロ見られるのが嫌なのでちょっと距離をとっています。
少し離れていますが,しっかり見ています。
指の動きで,どういう答え,どういう数字を書いたか分かりますので大丈夫です。

算数の授業で心がけているのが

教えすぎないこと。子どもに聞くこと。

答えが間違っていたら・・・
1 意味がわかっていないことによるもの
2 計算ミスによるもの
3 問題をよく読んでいないことによるもの
・・・
・・・
・・・
などなど,なぜその子が答えを間違えたのかをすぐに判断します。
1の場合,裏紙に絵や図を書いて,または書くように指示して,どうしたら答えにたどり着けるか聞いてみる。
2の場合,「どこがちがっているか探してみよう」と言う。
3の場合,「この問題って何を聞いてるのかね?」と言う。
それでうまくいかない場合はヒントを出しながら進める。


答えが合っていたら・・・
「すごいじゃん。ところで,どうしてその式でいいのか教えてくれる?」と聞いてみる。
その子がうまく言えないところは助け舟をだしながら,聞く。

テストでいい点数をとることは重要。そのためにも,
「間違いを自分で見つけて直す力」
「問題の文章を絵や図で表して簡略化する力」
「自分の考えを他人に伝達する力」
が重要だと考えてこのようにしています。


先日,準会場の桐光本部校にて漢検を受けた子たちの合否結果が,2月19日(月曜)に判明することとなりました。思っていたよりも早くわかるようで楽しみです。ちなみにこの日は合否がわかるだけで,合格証や個人成績表などは後日桐光学院に郵送されてきます。

あ!
夏休みに桐光で漢検を受けて合格した中3生!
中学校の先生に合格証を見せましたか?
高校入試の調査書に書いてもらうためにも,
忘れずに早めに担任の先生に見せてください。
まだ間に合うかどうか心配になってきました。
新規 Microsoft Word Document-001

現中1(新中2)以外はほとんどのクラスで曜日変更となります。ご協力いただいた保護者様,ありがとうございます。
また新小6と新中1の授業時間の変更はもちろん,新中2・新中3も授業時刻が少し遅くなります。帰りのご送迎時間などまた少し調整していただく形になりますが,よろしくお願いいたします。
時間割[A1用]-001

この間,近隣学区のほぼ全ての新聞に折り込みチラシが入り,そしてその少し前には,中日新聞に,教育関連のコラムでどーんと一面に桐光学院が載りました。
中日新聞の方は数学の坂井先生が一番大きく載っていますが,
早速塾生たちにこう言われました。
★「少しでもイケメンの先生を…という感じで選びましたよね?」
私「俺が載っていないから言っているの?失礼だなぁ。しかし正解だ!」

ちなみに坂井先生の写真は,私が愛機NikonD500に高性能レンズを付けて撮りました。実際にその中日新聞の紙面をご覧になるとおわかりだと思いますが画力が圧倒的です。カメラマン(私)の腕が良いのかもしれません。(自画自賛)
そういえば,私がこのカメラを買ったばかりの頃,恥ずかしがって顔を隠す子にこう言って説得した日のことをふと思い出したのです。
私「大丈夫。このカメラは本当にすごいの。撮れた写真を後ですぐ見せてあげるね。どれだけすごい写真が撮れるかというとね,誰でもイケメンになれるし,誰でも綺麗なモデルさんに見える!」

日曜日に新中1説明会があります。
一年後の未来に,みな桐光生として輝かしく充実した中学校生活を送っているでしょう。
その始まりがこの説明会だった。
「あの日見た希望は想像以上のものだった。」
「あの日がきっかけで頑張るようになった。」
そう思ってもらえるように一生懸命お伝えします。

まだ桐光に通っていない学区の小6及び親御さん!
参加申し込みお待ちしております。
2171ae07[1]
57a3f4d9[1]

漢検が始まりました!
十分勉強を積み重ねてきたので大丈夫だと思いますが,神様のご利益(りやく)まで確保している強者もいました。女の子なので❝に金棒❞と言うのはかわいそうですが,そのぐらい万全な状態で臨めているのが素晴らしい!小6のみんなからは,この漢検に合格して晴れがましい心地で卒業に向かっていくぞという気概を感じます。
画像は昨日の【漢検直前勉強会】の様子です。
合否を分かつカギはやはり《対義語・類義語》そして《音と訓》でしょうね。この2週間,毎日桐光に来て勉強してきたのですから,みんなに笑顔になってもらいたいです。
500_5650
500_5652
500_5668
500_5657
500_5647_1

さあ明日はついに漢検の実施日です。
先日北浜校の内山先生も小6が❝(漢検合格に向けて)非常に頑張っている❞ことを…?いえいえ非常ではなく❝北浜校なら当たり前という努力量❞を積み重ねてきていることをブログに書いていました。本部校の漢検に向かっていく指導,合格へのこだわりは北浜校に匹敵しています。なぜなら私がそのことを意識しているからです。

❝桐光学院内で上位にいればおのずとその戦いに勝てる❞
これは,一番のライバルは他塾ではないということです。
他の地域にある桐光学院がライバルです。
なぜなら他の塾でこんなに生徒たちが頑張っていて,しかも結果を出している塾は他に見当たらないからです。私たちの推測ではなく,実際他塾さんから桐光に来た子が言うのですら確かでしょう。

漢検だけでなく,入試でもそう言えますね。
特進模試・標準模試・KKSK模試など,あらゆるテストで他の校舎との比較をしています。そのあらゆる結果(成績ランキング)が,入試本番の結果を暗示しているのです。

明日の【漢検】という勝負。
本部校も全員合格の態勢は整っています。
500_5592

昨日から2月のスケジュールを配布し始めました。
念のためこのブログにも載せておきますので,ご確認ください。
新中1公開授業というのは,現在の小6の子たちの授業で,塾生は参加の申し込みは必要ありません。いつもの時間で実施する特別授業です。普段桐光に通っていないお友達も参加出来ますが,その場合そのお友達は申し込みが必要になります。

今月は高校入試と学年末テスト,
中学生のどの学年にも正念場があります。
塾生のみなさん全力でいきましょう!
2

来週の土曜にひかえている【漢検】についてですが,
勉強会参加者全員の得点が合格圏内で安定してきました。
漢検7級以上は200点満点中140点(70%の得点)で合格するのですが,自主勉に来ている全員が160点以上を取れるようになり,その中の数人は❝満点合格❞を目指している状況です。模擬テストではすでに何回か満点を獲得しているので,彼女らの満点合格は現実的な目標になっています。
夏に中3の漢検対策でも思いましたが,漢検は勉強量を積み重ねれば確実に合格に近づくと確信をしています。元々の学力から想定される結果以上のものを得られます。実際に今回小6の中には最初100点そこそこだった子もいますが,今では160点を下回ることはありません。
通常授業の前に来て勉強している子,遅れて来てもほんの10分の空きがあれば模擬試験に挑戦する子,自主勉終了の目安の時間になっても続けて頑張っている子もいます。
やればできる!
そのことの体現こそ,今回の漢検への挑戦の意義です。
もちろん,やらねば出来ない。
逆にそのことを学ぶ機会になる可能性もあります。
そういう逆境も今後訪れるかもしれませんが,今はとにかく頑張って,良い結果を出して,良い気分で残りの冬を順風満帆,意気揚々と過ごしてほしいです。
今の調子ならみんな大丈夫そうです。

追伸
明日(土曜)漢検勉強会の予定はありませんが,
午後1時以降10時までの間,好きな時間で頑張ることは可能です。
(来る時間も帰る時間も自分で決めてOK)
模擬試験の教材,得点記入表は自主勉用の教室に用意しておきます。
500_5594
500_5592
500_5590

manten_title_201710_pc[1]

現小6(新中1)の近い未来の運命を決める第一歩になるかもしれません。中学校になって,様子を見て…と言っている間に桐光生は着々と力を付けていきます。この2月から4月の期間は,小6だと思わない方がいいですね。我々教師は,みんなもう中学生なんだという自覚で臨みます。私が指導する英語は,実際に中1で使う教科書を使ってどんどん授業をしていこうとも思っています。

2月4日(日曜) 新中1説明会
2月5日(月曜) 無料公開授業(国語&社会)
2月8日(木曜) 無料公開授業(英語&算数)


どちらも参加お待ちしております。
※桐光塾生は申し込みの必要はございません。
1

現在,漢検の対策をしています。

問題を解く → 丸つけ・直し → 次の問題を解く

というサイクルで進めています。


「直し」が重要なのは言うまでもないこと。

間違った問題を
自己解決できるもの(できなかった漢字の読み書きを覚える)と
自己解決できないもの(熟語の構成・音訓の問題)に分ける。
自分で解決できないものは,こちらで解説しています。

小学生のモチベーションが非常に高く,
「家でやり直したいので,解答用紙を下さい」
と言ってくる子もいます。
やるたびに点数が伸びている子もいますし,
最初は合格点に満たなかったものの合格点が取れるようになった子,
常に満点に近い点数を取る子もいます。

上記のサイクルは,
ただ漢検対策の勉強のみならず
全ての勉強に当てはまります。

漢検合格はもちろんのこと,今後の「勉強の仕方」につながるような指導をして参ります。

集中の妨げにならないようにパチリ。
DSCF9604

DSCF9606


小6と中学生の漢検受検者には,
怒涛のラストスパートをかけてもらいます!
日程はこちら(画像)の通りです。
学校で部活や委員会があって5時に間に合わないかもしれませんね。そういう場合は遅れてきてもOKですし,延長(居残り)して勉強したい子ももちろんOKです。
習い事があって来られない曜日もあるでしょうか。その場合は勉強会を欠席でも構いません。どちらを優先するかは親御さんと塾生にお任せします。
1/20(土曜)は午後1時~(夜10時まで)校舎が空いているので,【自主勉】であればいつ来て勉強してくれてもOKです。ただしこの日(土曜)だけは教師がつきません。自分で今までにやったプリント持ってきて間違えた漢字を書き取りするとか,国語の教科書を持ってきて書き取りする。あるいは桐光に用意してある模擬試験に挑戦するなど,集中環境の中でまさしく【自主勉】でお願いします。
ilovepdf_com-4

今日は祝日!
学校が無い日は桐光勉強日和!
しかし雨!
(急遽お車で送迎していただくことになったかもしれませんね。
親御さんにはご協力に感謝申し上げます)

午後イチから本部校では全ての教室を使って中3塾生たちが躍動しています。【KKSK模試】【特進コース模試】【標準模試(後日受験)】そして【自学習】。つまり中3は全員が今どこかの教室にて頑張っているはずです。
500_5392
500_5537
500_5535
500_5533

現小6と保護者様を対象に【新中1進学説明会】を実施します。
桐光の小6の授業や宿題のシステムは,中学生とほぼ変わらぬ学習習慣を付けつつ,来るべき中学入学に万全の態勢で臨めるようにという意図があるのですが,実際に中学生になるとその生活は一変します。今スポ少をやっている子ですら,中学の部活動では疲労しますし,初めて運動部に所属する子もいます。運動部よりは楽そうに思える文化部でも,先輩後輩や同級生と同時に関わる日々の中で,楽しさと大変さを同時に感じることでしょう。勉強のことも今よりもっと考えなければいけません。小学校の頃と違い,通信簿も数字でシビアな評価をされますし,テストの度に学年内順位がわかる関係で,同級生との間で否応なしに❝自分と他の子との差❞を感じずにはいられません。
そういう大きな変化に備えて,私どもから様々なお話をさせていただきますので,親子お二人での参加をお願い申し上げます。なおこの説明会には,桐光にまだ通っていない現小6及びその親御さんも参加出来ます。お知合いで学習塾(特に桐光)にご興味がおありの方がいらっしゃいましたら,一緒に連れだって参加いただくことも出来ます。ご承知おきください。
日時は以下の通りとなります。
【新中1進学説明会】
2/4(日曜) 午後5:30~6:30


画像は去年の新中1の子たちの,3月と4月の様子です。
中学のジャージを着るだけでだいぶ印象が違いますね!
_DSC0104
P1000058

頑張っているのは受験生のみにはあらず。
小6生も漢字検定に向けて頑張っています。

私は生徒のテキストを見るとき,中身を見るのは当然のこと,外側も見るようにしています。
物は大切に扱わねばなりませんが,こと辞書や用語集,テキストの類に関しては,外側がきれいなままではいけません。
何度も何度も調べ,問題を解いている生徒のテキストや用語集は外側がふくらんだり,ページをめくった後がついていたり,ボロボロになったりしています。

テキスト類もボロボロになるまで使われれば,「以って瞑すべし」でございます。テキストもきっと喜んでいることでしょう。

先日,小6生から宿題にしている漢字検定対策のテキストを集めました。
ボロボロになりかけていました。
年末年始で全て解き終わる予定ですが,もしもボロボロになったせいでホッチキスがとれかけて,生徒がケガなどしてはいけないと思い,セロハンテープを貼ってホッチキスの部分を補強いたしました。補強して返却した後で「マスキングテープを買っておくべきだった,カラフルに補強してあげればよかった」と後悔しました。
dc7e20ca[1]

このページのトップヘ