桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

小学生

ヒヤリドキッと

7月9日(火)の授業で、小6のみなさんを驚かせます!
(実験の時間 午後6:00~7:00)

「驚かせるぞ!と言われると逆に驚かないよねぇ…」
と、思う子たちもいるかもしれませんが、
絶対に驚きます。大丈夫です。
ただどういう驚きになるかは、当日までナイショです。

できれば小5以下の子にも同じように楽しんでもらいたいですが、
今回は小6のみということでゴメンナサイ-(@o@)-

あ、そうそう。
桐光に通っていない友達も誘ってOKです。
一緒に驚いている友達の顔を、想像しておきましょう!

0001


漢検は桐光で(^-^)/

7月1日(月曜)~令和元年 第2回漢検の受検申込をスタートします。
学校や書店、インターネットなどでも申込はできるようになりますが《桐光学院の漢検サポート》は桐光学院で申し込んでくれた子のみが対象となります。

高校入試の調査書欄に書いてもらうべく合格を目指す【中3塾生】には全員にまたあらためて案内をしますが、もし他学年のお子さんの親御さんの中に、今回このタイミングでお子さんを受検させたいというご希望がございましたら、メールで構いませんのでお知らせください。お問合せ・ご相談もうけたまわります。

なお難易度といいますか、何級がどの学年相当の出題になるかという目安を確認できるよう、下記にURLを載せておきますので、必要に応じて参照してください。
また桐光学院は準会場ですので、受検できるのは2級~10級となります。めったにいないとは思いますが、1級や準1級を受検したい子は、残念ながら桐光学院で受付が出来ません。

各級の出題内容と審査基準
https://www.kanken.or.jp/kanken/outline/degree.html

top_img_character_sp[1]

本日の主役は? 杉山

こんにちは。算数担当の杉山です。
今週は,6年生にとって初めての小6定期テストの週です。
いよいよ,本日が計算と算数のテスト本番の日です。
計算は全員満点を目指します。

本日6月6日(木)
小6直前勉強会
午後5時30分スタート


みっちり勉強してから,テストに挑みます。
直前の勉強会では,特にみんな集中して頑張ってくれることが多いです。
テストの結果が楽しみです。

Microsoft Word - 2019第1回お知らせ(浜松)2


今日は小6定期テスト (石野)

こんにちは,理科担当の石野です。


各中学の期末テスト範囲も発表され,期末テスト対策授業も始まりました。

昨日は中1の対策授業。
1問1問丁寧に黙々と,でもたくさん質問しながら頑張ってくれていました。
問題を解く姿はすっかり中学生らしくなりましたね。
初めての定期テストに向けて,頑張っていきましょう!!


そして「初めての定期テスト」を迎えるのは中1生だけではありません。
今日は小6生も定期テスト

テスト範囲をもらってから2週間。準備は万全ですか?
今日も元気に頑張っていきましょう!

第1回 小6定期テスト(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
今週の授業時に、お子様に小6定期テストの範囲を配布しています。
ご確認下さい。

※クリックすると拡大されます。
2019第1回お知らせ(浜松)3
小学生になって、桐光学院での初めての全体でのテストです。
塾生も気合が入っています。
成績が自宅に郵送されることを知ったときには、さらに気合が入ったように感じました。
テスト当日には、直前勉強会も行う予定でいます。
時間は、また改めてご連絡差し上げます。
去年の本部校の6年生は、全4回の定期テストの内、算数は1位が2回という輝かしい結果でした。
今年の6年生の頑張りにも期待しています。
一緒に頑張りましょう。

6月 本部校カレンダー

6月は中学生の期末テストだけでなく、小6桐光定期テストもありますから、校舎全体が❝テストに向けて全力でやるぞ❞という機運に満ちるでしょう。
加えて、6月最終週の週末は3日間休講となります。
大きなテスト、朝学、学校行事、お休みもあり、いろいろとご配慮いただくことが多い一ヶ月ですが、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

’19本部 6月calendar_page-0001

やっぱり満点は嬉しい(杉山)

こんにちは。算数・数学担当の杉山です。
小6の算数の授業では,始めに8問の計算チェックテストを行っています。
範囲表があるわけではなく,今まで習った計算を出題しています。
計算力は,小学校の算数,そして中学数学の基盤になり,桐光でもとても重視しています。
毎回,みんな満点を取ろうと頑張ってくれています。
頑張っているからこそ,満点だとやっぱり嬉しい,間違えるとやっぱり悔しい。
1つ1つの小テストで,その気持ちを持てることが,大切だと思います。
満点を取れた時には,ボーナスポイントとしてマスを塗っています。
(これが貯まると,景品ポイントがもらえます)
このときが,一番嬉しそうです。
満点だったからか,ポイントが貯まるからかは,分かりませんが。
http___www7.wind.ne.jp_hyakuten_img_top2.gif2



春の無料体験キャンペーン実施中(杉山)

4月 無料体験 改良版3
こんにちは。数学担当の杉山です。
先日まで行われていた春期講習では,多くの講習生が参加して頂き,そして,入塾をしてくれました。
私たち教師も,身が引き締まる思いで,やっていかなければと思っています。

さて,新学期が始まり,しばらく経ちました。
新しい出会いがたくさんあったのかと思います。
特に,中1は新しいことばかりです。
環境が変わり,「今,頑張ろう」と,思っている子も多い時期です。
新しく出会った友達が塾を探している,
なんてこともあるかもしれません。
一緒に「桐光元年」を過ごしませんか。
ご連絡お待ちしております。

<申込方法>
お電話、またはホームページから受け付けさせていただきます。

電話 ☎053-464-3313

http://www.tokogakuin.com/toiawase.html

桐光で一緒に頑張りましょう!


使ったもん勝ち

小学生の塾生及び保護者様、
桐光スペシャル教材の《(単元別)テスト対策》が、
桐光学院HPからダウンロード出来て、
好きな時に納得いくまで挑戦できるということを、
ご存知ですよね
塾生限定にするため、
ダウンロード画面ではパスワードの入力を求められます。
このblogでそのパスワードを公開できないので、
もし(パスワードを)忘れちゃったという親御さんは、
メールかなにかで桐光教師にお尋ねください。


pic

その言葉のために(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
春期講習では,多くの講習生に参加して頂いています。
桐光の授業を受けて,「どんな風に感じてくれているか」気になりますので,授業後にはメールを送っています。
ご丁寧に返信を頂けることも多くあります。

「分かりやすい授業だったと喜んで帰ってきました。」
「先生の説明が分かりやすかったといっていました。先生が回ってきてくれて教えてくれるので良かったようです。」
「すごく分かりやすく教えてくれたから、分かったよ!」とお喋りが止まらないほど、喜んで帰ってきました。

(一部を抜粋)

とてもありがたい言葉です。
春期講習後には,学校ですぐにテストがあるわけではないので、「結果」として表現するのは少し難しさもあると思っています。
そのため,講習では,少しでも多く「分かった」と思って帰ってもらえるように心掛けています。
これからも多くの生徒から「分かりやすかった」の言葉を頂けるよう,精進していきます。

1




春期講習も折り返し(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
春期講習も,残り1週間となりました。
講習だけ参加のお子さんには,基本2回しか会えないと思うとなんだか寂しさもあります。

講習になるとクラスの生徒も増え,クラスの雰囲気も変わります。
この違った雰囲気を,私は少し好きでもあります。
特に学年が下のクラスになればなるほどでは,「誰が来るんだ?」と,そわそわする様子もありました。
でも,授業に入れば,みんな集中。
これぞ「桐光の授業」という雰囲気になります。
さすがですね。
この雰囲気に講習生ものまれます。

学校の授業が進まない今だからできる「復習」。
そんな大切な春は,まだまだ続きます。
充実した春休みにするためにも,最後まで頑張っていこう!
復習



決めるは易し 行うは難し

今日の読売新聞の一面に、
2020年度の教科書改訂について書いてありました。
この4月から小4になる子が、その次小5になるタイミングで小学5・6年英語が、この4月から小6になる子が、その次中1になるタイミングで中学校英語が、指導内容・履修量ともに大きく変わります。
もちろん他の教科の指導要領も変わります。
ただ私は英語の指導がメインなので、
英語に関する変更点が一番気になりますね。

一応、文科省の指導目標として、中1の子たちが苦労する、
中1の2学期で習う最大の山場【3人称単数】という考え方と、
3学期に習う【過去形】まで盛り込むそうです。
とくに【3人称単数】は日本語を使って生活していると、まったく意識することがない文法的な考え方なので、小学生のうちから本当にちゃんと学校の先生が教え込んでくれるのであれば、私たち学習塾の教師としても助かります。

でも、誰がそういう英語の授業を担当してくれるのでしょうか。
英語が教科化される前はクラス担任は英語の指導をやらなくていい
状況だったわけですよね。
今は英語指導がちゃんと出来る教員が採用されている?
いやそんなことはないでしょう。
外国語コミュニケーション能力に長けていない先生が担任だったらどうなることやら…ALTに頼りすぎて、また今の中学校のALTの授業の様に、実際の英語力に直結しないおそれのある(生徒曰くただ少し楽しいだけの)授業が繰り返されそうです。
それとも誰か指導員を外部委託して対応するのか?
興味深いというより、心配な面が山盛りです。

民間の指導員でもよいなら、桐光に話がきたらいいのに。
そう思うことがあります。
一度、公立の小中学校で《出前授業》みたいなことをしてみたいです。

IMG-PHOTO-ART--1121136922

さぁいくよ~!

学年によっては、今日から春期復習講習が始まります。
普段桐光に通っていない小中学生の中で、
今回桐光の授業を体験するのは初めてだという子もいます。
この間、講習申込みの電話をお受けした時、
「桐光さんはしっかり復習してくれると聞いたので申し込みます」
そういうお言葉をいただきました。
ありがとうございます!

実は私は3年前、新中1になるお子さんとその親御さんに、
「桐光さんは復習が基本なんですねぇ…。うちの子は復習は必要ないので、出来れば予習出来る塾がいいです。」
と言われて入塾を断られたことがあります。

私たちは学習指導・進路指導のプロですから、学力を上げたり、入試で合格してもらうために何が必要かを知っています。
学力がすごく高い子、学力は高いけれど内申点が足りない子、普通の学力を備えている子、学力は高いけれど勉強をしてこなかった子、学力は心配だけどとても頑張っている子、学力が心配なのに頑張っていない子…などなど、様々な子たちとそれぞれの成功に挑戦してきました。

それだから言えることがあります。
❝学力UPを目指す子の中に、復習を必要としない子はいない!❞

桐光には各中学の学年トップクラスの生徒が何人もいます。
その子たちが最終的に【特進コース】としてサポートを受けながら、
95%前後という驚異的な合格率でトップ高校にも合格していきます。
(参考:近隣のトップ高校全体の合格率は約80%)
そんな子たちでさえ、一度習ったことがいつまでも定着しなくて、
私たち教師に何度も叱咤激励されながら、受験生としての一年を過ごすのです。

塾選びは大事ですよね。
桐光では復習を徹底的にやる塾です。
確実に学力を伸ばすために必要なことを与えていきます。

でも、こう思うかもしれませんね。
「予習につながることは一切やってくれないの?」とか
「復習は復習でも難しい問題はやれるの?」など。

桐光学院のテーマをご存知ですか?
《面倒見主義》です。
ご希望に応えるのが大好きな教師がたくさんいます。
そして、ひとつ忘れてはいけないことがあります。
桐光の塾生なら個別指導のサポートを受けられることです。
5教科の個別サポートを何度でも。
教科の指定だけでなく、やりたい単元を希望することも出来ます。

しかも無料で。

春期復習講習に来てくれるみなさん!
毎週桐光で頑張っている塾生諸君!
この2週間は、いつも以上にアドレナリンを出して先生たちも頑張っていくので、【持ち物:やる気】でお願いします!

IMG-PHOTO-ART--1636261255

新小6,スタートして2回目(杉山)

こんにちは。算数・数学担当の杉山です。
今週から,新小6は初めての集団授業がスタートしました。

みんなは会うのが2回目でしたが,授業前には穏やかな雰囲気でした。
でも,授業が始まると少し緊張感が出てきて,私も話し始めは少し緊張しました。
そして,あいさつや受け答えがしっかりしていて,これから授業することが楽しみになりました。

私が始めに話したことは、「話を聞く姿勢」についてです。
話を聞くときは,目をしっかり見て人の話を聞くこと】
話をきちんと聞ける子は、学校の成績が上がる傾向にあります。
そして,「問題を解くときは私語をせず、集中して取り組むこと。」
「しっかりと授業を聞き、集中した環境で問題演習を行う。」
これが,桐光の授業スタイルです。


授業では,5年生の復習をしていきました。
学校の授業があまり進まない3月は絶好の復習の機会。
重要単元の多い5年生の内容をしっかりおさえて,6年生のスタートダッシュを決めたいです。

これから一緒に頑張っていきましょう!


━━━━(゚∀゚)━━━━

ちょっとふざけたタイトルですみません。
うれしくてつい…。
この間本部校で漢検を受けた子たちが、
全員合格したもんですから!
私の信念については、このブログにも折々に書いてきたのでご存知の方はおわかりだと思いますが、私は高校入試でも漢検受検でも、全員合格しか自分の心の中で成功とは認めていません。喜びの陰で悲しい思いをする子がいてはならないのです。そして今回も全員合格できました。
桐光本部校の伝統は、全員合格の積み重ねで形作られていきます。


無題

アクセスカウンター

    記事検索