中学生

2018年06月25日

ラストのつもりで

今日から中3を中心に漢検の申し込みを受け付けします。
校舎内に掲示されている漢検の告知にも,
この画像のように‟ラストチャンス”
という文言が踊っています。
実際,漢検の受検日程は2学期以降にもあり,
また昨年度からは受験日の融通が利く方式も採用され,
受検のチャンスが大幅に広がりました。
しかしながら,漢検3級の(受検者全体の)合格率は49%にとどまっています。
延べ受験者数が増えても,一人当たりの受検の機会が増えても,
合格する力が無ければ不合格になるということでしょうか。

ちなみに(昨年度)本部校の3級合格率は79%
小6が受けた5級・6級の合格率は100%でした。

どうしてこんなに合格率が高いか?
理由は単純です。私たちがサポートしているからです。
桐光の教師が中3生の漢検合格をサポートするのは今年度これが唯一にして最後の機会です。それに,検定に臨むのを2学期に回しては大変なことになります。中間テストや期末テストだけではありません。体育大会や合唱など学校行事もあります。2学期に,内申点アップのために集中していくためには,この夏に合格してしまうのがベストな選択です。

ベストなタイミングで受けて,
最高のサポートをもらって,
本部校の受検者みんなで合格しましょう!
4cd80c4c[1]
500_7512
500_7508


homb at 14:00|Permalink

2018年06月24日

How many 年輪 do you have?

テストを増やせば学力が上がるか?
テストをする度に成長するか?
勉強量を増やせば学力は上がるか?
塾に通っていれば成績が上がるか?
質問を増やせば学力が上がるか?

誰のことかもわからず,ただ単にこれらの質問をされたとしたら,
私は全ての質問に『わかりません』と答えるでしょう。
でもそれをある生徒の,ある時期に,ある目的に応じてということであれば話は別です。
私たち教師の仕事は,親愛なる桐光生たちを,出来るだけ笑み多き勉強生活に導くことであり,その子に目標があれば,その目標に到達すべく,またその過程で全力を尽くせるようサポートすることにあるのですから。

さて翻っておとといのことですが,
中1の英語の個別授業をする機会があったので,
冒頭で【期末テスト反省会】をしました。
中1はみんな初めて中学校の定期テスト(期末テスト)を経験しました。そこで,個々にそのテスト直前2週間を振り返り,勉強への取り組みや生活について反省,言い換えれば次にそれらを改善出来れば点数が上がるかもしれないということを挙げてもらいました。

(反省点の抜粋)
教科書を音読しなかった。
宿題以外の勉強をしなかった。
テスト範囲表をちゃんと読んでいなかった。
LINEなどアプリで無計画に遊んでしまった。
塾でやったプリントやノートを見直そうと思わなかった。
その日勉強をしなかった時に言い訳をしていた。
分からない問題はスルーしていた。
あいまいに覚えていたことが多かった。
やる気が出なくて,勉強をせず一日が終わった日もあった。
もっと自主勉に来てもう少し先生に質問すればよかった。


一度習ったことをすぐ覚えて二度と忘れないということであれば,子どもたちも私たち教師も誰も苦労はしません。しかし人の脳は,ほどよく忘れていくように作られています。
嫌なことがあれば何もしたくなるのも理解できます。

勉強も塾も,あくまでも生活の一部であり,その子の家族環境や性格,勉強の素養や体力など全てが千差万別である以上,何かをすれば必ず成果につながるという魔法のようなものもありません。

人はテストを受ける過程ではいろんなことを試されます。
【向上心】【勉強量】【目標設定】【計画性】【知識】【応用力】など

テスト結果に現れるのは単なる学力だけではないと言えるでしょう。
そう考えると,主要5教科の得点が合否に大きな影響を与える入試の制度がなんだか理にかなっている気がしてくるとともに,全員合格に導くことの難しさと喜びをあらためて反芻しているところです。

中1生たちは中学生として経験が浅いからか,
彼らが挙げた【反省点(改善すべきこと)】のほとんどが,
期末テストに臨む姿勢が『甘いな』と思えるものばかり。

でも中1は今回だけはそれでいいと思います。
なにしろ定期テスト1回目なのですから。

テストがある度に,出来たことと出来なかったことをこうやって考え,
次に生かそうとしていく。
毎回のテストの頑張りと反省,それらひとつひとつが年輪のようになって,やがて大樹(大きな成果)になっていくような気がします。

私「そういうことを伝えられたかな」「伝わって欲しい!」
そんな気持ちになりました。
ちょっと長い間その様子を見すぎたためか,
後半の一般動詞の指導時間がちょっと足りなくなりました。
昨日参加していた中1のみなさんへ!

私「またすぐ次の機会を設けて教えるからね♪」

500_7500
BlogPaint


homb at 11:01|Permalink

2018年06月23日

毎月がスペシャル

若い頃(歌URL→)毎日がスペシャル】という歌が好きでした。
まぁそれはさておき,
先日7月スケジュールをお届けしました。
7月はほとんどの学年で何かしら大事なことが実施されます。
(このスケジュールにまだ書かれていないことも含めて…)

小6は第2回定期テストが実施されます。
この間はじめての定期テストを終え,
小6の子たちも親御さんも,その結果にとても興味があったと思います。
もっと頑張れたとか,ミスが響いたとか,テストはその子がさらに成長する良いチャンスになります。この2回目の定期テストで,前回までの自分を上回れるかどうか?それが新たな興味になっていってほしいです。

中1・中2は今年度最初の桐光模試があります。
高校入試を身近に感じられるように,
得点と内申点とで志望校判定を出し,結果はご自宅へ郵送いたします。
合格とか不合格とかいう決定的な判定が出るわけではありませんが,
来るべき入試というものに,早くから意識を向けていくのは大切です。

中3はここに書かれていないことで最も重要なことについてだけここに書きます。それは…【学調テキストの配布】です。
知る人ぞ知る,桐光受験生必携のスペシャルな教材です。これをもらった日から,正真正銘の受験生となるのです。このテキストはおそらく7月上旬に配布する予定ですが,その時点で部活動がまだ勝ち進んでいても,またそうでなくてもそれは関係ありません。入試は個々の事情など考慮してくれないのですから。
まずは特に中1・中2の復習を徹底的にやってもらいます。

今日は午前中から雨ですね。
外でやる部活の中には,試合が明日に順延した部活もありました。
今日という日,雨で時間が出来たこの日を,ちゃんと受験生として過ごせているか?
私はそれが気がかりです。

’18本部 7月calendar-001


homb at 15:01|Permalink

2018年06月22日

えぇぇぇぇぇぇ

中1の昨日の授業は楽しくてしかも充実していました。
新たなメンバーが加わったことや,『一般動詞』という,新しく且つ重要な単元のスタートだったことなど,様々な要因が重なったとは思います。きっと教室の外,もしかしたら近隣のマンションの庭あたりまで,私の声やクラスの勢いが漏れ出ていたかもしれません。

授業の最後に彼ら,彼女らの【真の積極性】を見ました。
期末テスト明け最初の授業だったので,次の私の(英語)個別授業に呼ぶメンバーをこちらで指名したのです。普段は希望制にすることが多いのですが,今回は私が特に心配している子たちがいたので,希望をとらずに指名しましたところ…

★「私は参加できないんですか?」
◇「私も(個別を)やりたいです!」
▲「私も(点数が)やばすぎるから…」

私「答案をじっくり見て,その子にピッタリの指導をしたいから,ちょっと人数が多すぎるかもな。じゃあ,期末テストで40点以上取れた子はまた今度にしようか?」
「えぇぇぇぇぇぇ!」
私「そうかそうか。そうだよな。結果に満足していないんだよな。わかった。じゃあ,個別をやりたい子は,今手を挙げた子はみんな来てOK」
★「よかったぁ…」

結局やる気のある子たちにはかないません。
なにしろ私は先生なのです。
頑張りたいという子ほど,この上なくかわいいと思うものなのです。

ちょっと人数が多くても,
元々考えていた個別指導のクウォリティを下げないように,
どういう個別授業にするのが一番良いか,
今もワクワクしながら考えているところです。

500_7133


homb at 14:01|Permalink

2018年06月21日

元気溌剌 TOKO夏期講習!

さて,すでに先日から告知しているので,
まだ桐光に通っていない学区内の方々も存知かもしれませんが,
夏期講習の募集が始まっています。

東部中でも南陽中でも,
すでに期末テストの結果がほぼ全て判明しているので,
このまま夏の勉強量を増やさなくていいのか?
宿題も何もない塾のままでいいのか?

そう思う親御さんがいらっしゃいましたら,一度お問い合わせください。学習相談にも乗りますし,夏期講習や無料体験のご案内もいたしております。
特に今まで通信教育しか経験が無かったり,家庭教師など個別指導の塾しか経験が無かったり,そういう子なら,桐光のほどよい集中環境で頑張る心地よさがきっとわかると思います。
本部


homb at 17:45|Permalink

中3 漢検の受付について

意外と多くの保護者様からお問い合わせをうけましたので,
漢検の申し込み方法及び受付の流れについて書いておきます。

①受付開始
 6月25日(月) この日以降,中3の最初の授業で案内を生徒に配布
 お子さんからこの案内をお受け取りになり,内容をご確認ください。

②対象学年(級)
 中3【3級・準2級】中心
 ※他の学年・他の級の受検も出来ます。
  中3以外の学年の子で,漢検受検の希望がある場合は
  ひとまず授業の時,メール等で教師にお知らせ下さい。

③申し込み
 申込書とお金(受験料)を一緒にして桐光の教師に渡す。

 桐光のサポートを受けるためには,桐光で申し込みください。
 書店や学校でお申込みの場合はサポートをいたしかねます。

kanji02[1]


homb at 14:00|Permalink

2018年06月19日

テスト明け(稲田)

昨日はテスト明け。


DSC_0188
まずは小6.
第一回小6定期テストの結果を返却。
ついで優秀者の掲示も。

想像以上の食いつき。
名前が載っている嬉しさと
まだまだ上にいる悔しさが入り混じり
すっといろいろ言っていました。

悔しさも嬉しさもバネにして
来月の第二回に向かいましょう。


DSC_0191
夜は中2。
まだいくつかの教科しか返却されていませんが
特にAクラスで
理科の素晴らしい点数がたくさん見られました。
「簡単だったんで」
点数がとれた子はみなそう言いましたが
もちろん簡単なテストではなさそうです。

「簡単だった」と思えるような
そんな準備ができたことを
誇らしく思います。



本日もテスト結果を確認します。
楽しみに待っています。




稲田でした


homb at 13:19|Permalink

2018年06月16日

必ず当たる宝くじ

本部校に通ってくれている子たち全ての中学の期末テストが,昨日で終わりました。朝学だけでなく,テスト対策期間中,お食事の段取りや車送迎などで,いろいろご協力を仰ぎました。快くご協力いただきまして,ありがとうございました。
来週からは結果が判明します。
中1は初めての期末テスト,初めて桐光で過ごすテスト対策でしたが,どんな感想を持っているでしょうか?今年度の中1はなんとなく粘り強い気がします。部活では先輩たちについていくことや運動部で毎日走るのは結構大変でしょうけれど,弱音もほんのひとつぐらいにとどめて頑張り抜きましたね。

テスト結果は確かに重要ですが,
やるべきことにどう取り組んだか?
中1・中2の場合はそのことの方が重要かもしれません。

逆に中3は結果が全てです。
「頑張った」という言葉や気持ちに点数は付きません。
桐光の先生や学校の先生が《これをやれば大丈夫》とか《ここからテストに出るよ》という言葉をくれていたと思いますが,そのチャンスをみすみす逃がした子は,今回もいつも通りの結果しか得られないでしょう。

私たち桐光教師,その中でも私がみなさん(特に受験生)に要求することは厳しいかもしれませんが,絶対に点数につながることしか与えていません。言うなれば必ず当たる宝くじを落としてあげているのです。
しかし,その宝くじはよく目にするような紙切れではありません。
当たるには幸運も必要ありません。
今の自分では,気軽に両手で持っても持ち上がらない重さかもしれません。
本気で拾わないと拾えない重さです。
でも必ず当たる宝くじのようなもの。

面倒くさくて拾うのをやめるのか,
拾えるまで頑張ってみるのか,
それを最終的に判断するのは(みなさん)子どもたち自身です。

試練の度に人は試されます。
今回の期末テストが,親愛なる本部校のみんなを成長させてくれますように…。

500_7112
500_7122
500_7134


homb at 14:34|Permalink

2018年06月15日

中3 説明会開催!

7月29日(日曜)《中3 高校入試説明会》を実施します。
桐光に通ってくれている塾生たちには,いろんな目的がありますが,中3になってからの一番の目標は,やはり高校受験です。その受験で自分が行きたいと思う高校にまず受ける資格を得るために【内申点】を十分にとる必要があり,入試当日に合格を勝ち取るために【十分な学力】を備える必要もあります。

その合格をめぐる戦いの始まりはいつか?と問われれば,
広い視野で見れば,中学校に入学した中1の春から既に始まっていると言えるのですが,あらためて受験生として自覚をして頑張り始める節目がいつかといえば,やはりこの夏だと言える子が多いでしょう。

この7月29日を桐光受験生全員の《さらに本気のスタート》にできるよう,最高の1時間(説明会)にできるよう,私が中心となって今から準備を進めています。
これから受験生(お子さん)にとっては,特に7月・8月以降,今まで以上に心身にプレッシャーを受けて日々頑張り続けることになるでしょう。ご家族の皆様にも,ストレスのはけ口としてきつくあたるかもしれません。私たちも共にお子さんを支えてまいりますので,この日は親御さんとお子さんと一緒に参加ください。私たち桐光教師がどうやってこの夏受験生を導いていくか,一生懸命にお伝えいたします。

画像-日体地図

BlogPaint


homb at 16:01|Permalink

あと少し(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
木曜は,テスト1日目で学校は午前中のみとなったので,校舎を1時に空けて,みんなを待っていました。
対策授業は夜からでしたが,授業前に多くの自習の姿がありました。
CIMG1196
あと,もう一日。
あと,もう少し。
あと,5点,いや10点のために。
だから,早く来て頑張ろう。
そんな気持ちの姿が見れて,カッコよかったです。
もちろん,対策授業中もその気持ちがきれることはありませんでした。
CIMG1192
CIMG1194
この頑張りを,残り1日のテストにぶつけてきて下さい。
テストの結果を笑顔で聞けるのを待っています。
15289309387741
CIMG1190



homb at 14:08|Permalink

2018年06月14日

ASAGAKU ~朝学~

東部中は期末テスト1日目ということで,
塾生中1・中2・中3全員で朝学をしました。
みんな本当にまじめで,そして親御さんのサポートも素晴らしく,
今回も全員出席でした。
やはり一人も欠けることなくやれたのは気持ちがいい
みんな登校中も,家庭科の重要語句やスポーツ時事問題を友達と出し合って,朝学の延長戦をしていましたね。

今日東部中は午後カットということなので,
本部校を午後1時までには開けます。
どれだけやる気があっても,
期末テストのために勉強できるのは今日が最後の日。

頑張る気持ちがある子は,どんどん来て頑張っちゃってください。

500_7183
500_7167
500_7157
500_7165
500_7171
500_7172


homb at 09:30|Permalink

2018年06月13日

本日(13日)の予定

テスト前日ということで,いつもと時間帯を変更して対策を行います。
自習&質問は午後4時30分~です。
よろしくお願いいたします。
6月13日.pdf1



homb at 13:11|Permalink

2018年06月12日

テスト直前日程

今日から4日間は変則日程になっています。
時間に間違いの無いよう,そして理由無き欠席が無いよう,
全員最後まで全力で頑張りましょう!

木曜日は(東部中のみ)朝学があります。
親御さんにおかれましては,
朝夕ともお忙しいとは思いますが,
今一度ご協力の程,お願い申し上げます。

本部校★1学期期末'18-001


homb at 16:19|Permalink

テスト目前(稲田)

昨日の本部校。

DSC_0204
テストを目前に控えた中2。
問題を解く集中力も5割増し。

DSC_0205
自習に来る中3。
その人数も5割増し。

小学校と違い
定期テストという形をとることは
こういう集中する期間をつくることができる
というメリットがありますね。


もうすぐです。
あと一歩。
あと一点のために
あと一問。
あと一時間。


最後まで
走り抜けましょう。

私たちも一緒に
走り続けます。



稲田でした


homb at 14:00|Permalink

2018年06月10日

夏期講習の受付 START

東部中,南陽中,丸塚中の学区のみなさん!
桐光では夏期講習の募集が始まっています。
新聞の折込チラシがお手元に届くのはまだ少し先ですが,
すでに何件か申し込みがあります。
小5~小3の授業はご希望の日程が選べるので,
先にお申込みいただいた方が,理想的な日程で来ることが出来ます。
もちろん中学生のクラスにも定員がございます。

他塾さんの中には(授業対価が)0円という夏期講習もあるようですが,
私たちはお届けする授業に自信があるので,
いえ正確には,我々に自信があるというよりは,
講習でも良い授業をお届けするという,
しっかりとした責任を持つためにも,
リーズナブルではありますが,講習は有料となっています。

特に中3の講習はリーズナブルすぎるかもしれませんが,各ご家庭のご負担を最小限にしたうえで,指導量と学習効果は地域ナンバーワンにしていく予定です。そして今年も目指します。(第一志望)全員合格を!

また,毎回申しあげておりますが,
現在桐光に通ってくれている子は,
この講習に申し込む必要はございません。


DSC_0016~5



homb at 16:30|Permalink