中学生

2017年10月03日

「桐光学院の中学テスト対策のプラス日程は無料です!」

まるでチラシのような見出しを最初に書いてしまいましたが,実際桐光に通っていない方や,まだ小学生の親御さんの中には,特にテスト前や夏休みなど,集中的に山盛り追加している授業は全て有料(追加の授業料がかかっている)と誤解なさっている方々がいると聞いたことがあります。それ故,たまにこうして叫んでみるというわけですね。

それにしても昨日はすごい雨でした。
今日まで雨が降り続けて「体育の持久走が体育館になりますように…」なんて祈念していた女子もいましたが,残念ながら今日はここ数日の中でも最高の晴れっぷりです。
昨日の本部校には,あの豪雨でも,自転車でカッパを着て自主勉に来た子がいました。カッパ寿司が大好きな頑張り屋も来ました。勉強に積極性な子は,私たち教師や受験の神様に愛されるでしょう。

10月3日(火曜)
中2S…午後7:40~10:00 通常授業[理社国]
中2A…午後8:50~10:00 テスト対策プラス授業[数]
中3S…午後7:40~10:10 通常授業[理社国]
中3A…午後7:20~8:30 テスト対策プラス授業[数]
DSCF7890
DSCF7865
DSCF7867


homb at 12:30

2017年10月02日

お待たせしました!
東部中は中間テストまであと18日,
丸塚中はあと11日です。
SクラスとAクラスが合同であったり,
授業開始(及び終了の)時刻が変わっていたり,
普段無い教科があったり,
イレギュラーに日程が組まれていますので,
お間違え無いようにお願いいたします!
塾生には今日(月曜)か紙の日程表を配布していきます。
なお,南陽中・丸塚中の塾生及び親御さんには,東部中のテストが終わるまで日程変更にご協力を仰ぐことになりますが,どうぞご理解をお願いいたします。なお,既に中間テストが終わっている南陽中の塾生,及び(13日以降)丸塚中の塾生は,普段通っている授業(曜日)以外のプラス日程については,出席の必要はございません。
本部校★2学期中間'17-001 (1)




homb at 17:01
タイトルのように,
そろそろ東部中の中間テスト対策が本格化します。
南陽中はすでにテストを終えており,
丸塚中は東部中より一週間早く実施されます。
既に終えた中学とこれからの中学がありますので,
授業内でもそれぞれの生徒にムダの無いように配慮して進めています。
先週の授業内で,そして一部の親御さんにはメールで告知させていただきましたが,
今日早速“対策授業”をプラスする学年もあります。
念のためここに今日の予定を明記しておきます。

中1…通常授業(理社国)午後7:40~9:55
中2…午後8:00~10:00(理社) ※SA合同
中3S…午後4:00~6:00(理)
中3A…午後7:20~9:20(理)

500_4132
500_4135
500_4130
500_3837
500_3834


homb at 12:01

2017年09月29日

これから東部中のテスト対策日程を組んでいきます。
ひとつ保護者様にもご理解をいただきたいことがございます。(そしてもしかしたら期末テスト対策でも同じことをお願いしてしまうかもしれませんが)テスト対策期間,十分な追加日程を確保するため,通常授業の時間割及びクラス編成を変更する場合があります。

例えば中1であれば,月曜日の理社国の授業を1クラス(SA合同)で行う,あるいは中2であればAクラスは本来水曜に理社国の授業をしていますが,火曜日に来てもらい,Sクラスの子たちと合同で授業を行うなどです。既に中2Aクラスの子たちには,仮に火曜日に授業があっても大丈夫かどうかは尋ねており,今のところ「火曜ではまずい」というような声はあがっていません。しかしながら,ご家族の皆様にも様々ご事情があろうかと思います。
さらに,東部中よりも早く中間テストを終える南陽中,丸塚中の生徒及び保護者様におかれましても,
テスト対策期間についてはご協力をお願い申し上げます。
何かご不明な点がございましたら,メールでもお電話でも構いませんので,遠慮なくお問い合わせください。
S


homb at 12:01
先ほどメールを送信させていただきましたが,
中3の時間割変更を決定させていただきました。
以下のように時間を変更します。

今:土曜(英数)午後7:40~10:10
新:土曜(英数)午後5:00~7:30
新時間割スタートは10月7日(土)です。

また,公立高校入試まで土曜は秋期講習や入試講習などで午後3:40まで講習があるという週も多いと思いますが,その際は一度家に帰って5時前にまた来るのも,講習後そのまま桐光で自主勉強を続けるのもどちらも可能です。
500_3601
500_3604
500_3594


homb at 11:00

2017年09月27日

最近,社会の授業で特に気をつけていること。


① ゆっくり話す。
② 「・・・が」「・・・は」「・・・を」「・・・に」の部分を強調する。
③ 安易に答えを教えない。探せるものは自分で探して調べてもらう。



こんなことを考えていたら,以下のような記事を見つけました。リンクを貼っておきます。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170923-OYT1T50000.html

一方的に授業をするのではなく,「まとめページ」の中から答えを探す時間を授業に取り入れる。そうすると「読む・探す」スピードが生徒によっておろしいほど違うのに気づく。このスピードの差は勉強の効果が上がりやすいかそうでないかの差に大きく関わっているはず。


時間がかかる生徒の近くに行って,他の子に聞こえないほど小さい声で,私がゆっくりとまとめのページを読む。
あっ,これか!という感じで答えが探せる。これをくり返すとだんだんと慣れてきて,答えを探すスピードが上がる。

その後で,探してもらった語句同士の関連性や流れを私が授業で話します。


自分で探す時間を設けたほうが,一方的に話すよりも記憶に残りやすいと思いますし,文を読むスピードや正確性がアップするように思います。



homb at 17:00

2017年09月26日

南陽中の中間テストがあさってに迫っています。
今日は南陽中の全学年が集い最後の追加テスト対策!
(もちろん明日の通常授業でも対策します)
それ故,元々火曜が通常通塾日だという子は,
その授業を明日に振替えて,
今日も明日も中間テスト勉強出来るように取り計らっています。


9月26日(火)
南陽中全学年 午後7:40~10:00

追伸
漢検合格Kくん,おめでとう!
今回本部校で受けた子はほとんどが中3でした。
中1では唯一の挑戦&合格!

DSCF7360
BlogPaint
BlogPaint


homb at 12:30

2017年09月25日

昨日は相生小の運動会でした。
桐光塾生,そのご兄弟姉妹,また夏期講習に来てくれた子やその親御さんまで,たくさんの方々と,本当に暑い中で語らったり,久々の再会を楽しんだりしてきました。
相生小は公立小学校でありながら【文武両道】を上手に成し遂げている印象がありましたが,昨日はひとつだけ残念なことがありました。
小5か小6の徒競走の時,何組目のレースか忘れましたが,最初のコーナーに差し掛かった途端それは起きました。突然,一番外側(5コース?)の子がインコースに向かって一直線に斜走し,そのまま1位でゴールをして勝ち誇っていたのです。アウトコースは大回りして走ることになるため,スタートの位置が最初かなり前になっています。それにも関わらずインコースに斜走すれば,ほとんどの子はリードを保ったまま1位でゴール出来ますよね。その子には悪いですが,彼の表情を見る限り,コースを変えてはいけないことをわかっていて斜走したようです。隣で走る子が斜走に驚き,走りながらこう叫んでいました。
★「ずるい!もう一回やり直しだろ!!」
斜走した子は救い難く単にずるく,そのことを思うと私もイライラしてしまうのであまり考えないようにしていましたが,それに気づいた子がどれほど悔しかったかということを想像すると悲しくなりました。近くにはPTAの役員っぽい方がいましたし,スタート地点から様子を見ている先生もいましたから,止めてくれると思っていました。

大人は子どもをよく見なければいけないと思います。
そして見ているだけの傍観者でもいけません。

翻って,私たち桐光の教師は,
授業の時生徒たちに“話を目で聞く”ことをしつけています。
でもただ単に「顔を上げて聞こう」とか「書くのを止め」という指示を飛ばしているだけの教師ではいけないと思うのです。なぜ顔を上げて聞かせる必要があるのか?教師の指示に従えない子がいたら何か問題ではないか?そういうことがわかって然るべきなのです。
昨日,午後に竜洋校でテスト対策授業をしました。
何回も問題演習を中断して解説や確認をしましたが,ちゃんと良い目でこちらを見ていなかった子の出来映えを見ると,やはり案の定ほとんどが,直前の問題演習でバツが多く,自信が持てていなかったということがわかりました。生徒がちゃんと目で聞いてくれれば,そして教師がその目から何かを察知出来れば,表情から伝わる様々な情報が読み取れますし,無言のSOSにさえもある程度気づけると思うのです。

頑張っている子をちゃんと褒められるように,
言葉が少ない子からも心のメッセージを受け取れるように,
これからも桐光の生徒たちをよ~く“観て”いきます。
tk (2)
BlogPaint
BlogPaint
tk (3)


homb at 12:01

2017年09月23日

今週木曜の中2の授業では,【look(~に見える)】と【look like(~のように見える)】について教えました。「中学生の英語の内容なんて忘れたよ」そう思ってしまう親御さんもいらっしゃるかと思いますが,私はこの場(blog)で親御さんにも英語を教えたいというわけではありません。
私の英語の授業でも,新しい文法事項を教える時は,まず【例文】を書いて,その例文を元に教えていきます。私はその時の【例文】の作例に少しこだわりを持っています。
例文のこだわりとは何か?
それはただひとつ!
“生徒に印象に残るような例文であること”
例えば➀~➂の例文を元に文法解説をするとして,
➀私はおなかがすいている。【1年生で習ったbe動詞の英文】
➁彼は忙しそうだ。【lookの英文】
➂あの女性は先生のように見える。【look likeの英文】
このような例文を用いて解説するのが一般的です。

でも
➀´お母さんは怒っている。
➁´お父さんも怒っているように見える。
➂´お母さんは(まるで)鬼のようだ。

こういう例文を黒板に書くと,みんなとてもニコニコし始めます。
本当に彼らのお母さんが鬼のようかどうかは,あえて知ろうとはしませんでしたが,生徒たちそれぞれの親御さんの記憶の中にある“怖かった時”のことを想像していたのでしょうね。
部活の後で疲れていても,
ちょっと嫌なことがあっても,
実は眠さが押し寄せてきていたとしても,
例文ひとつの工夫で彼らの積極性が増すのです。
印象的な記憶は,タイミング良く思い出しやすいものです。
つまり私の場合,テストの時に思い出してほしいという願いがあるのです。

毎週毎週元気に,当たり前のように通ってくれている塾生たちですが,ただの一回として,彼女らに同じ授業を提供することは出来ません。“オンリーワンのその授業”に私たちは全力です。

500_3575
500_3577
500_3579



homb at 16:01
6月に桐光に在籍していた中3は全員“学調模試”を受けました。
サーラでやった高校入試説明会でお渡ししたテスト結果はその模試のものです。
そこから本番(9月)の県学調で何点アップできるか?
そのためにどれだけの勉強量が必要かということをお伝えしましたね。
こちらが実際に何点上がったかのデータです。
7月・8月と二ヵ月に渡る猛勉強生活の通信簿のようなものです。

※9/21木曜の時点で5教科全てのデータが私の手元になかった子は含まれていません。
本部校の中3は“全員がアップ”しました。
そのことは良いのですが,20点以上げられなかった子が半分います。
※もちろん,最初高得点を取っていた子の方が20点以上アップさせるのは至難です。
「点数がさほど上がらなかった中3の生徒諸君,
夏場あれだけ勉強して,この結果で嬉しいですか?」
何が原因でしょうか?私が何を話をしたとろで,ここに何を書いたところで真実はわかりません。ですから受験生はこのなかにいくつ自分にあてはまるかチェックしてみてください。

➀学調当日,体調が悪かった。
➁学調当日,凡ミスをした。
➂凡ミスは“学力不足”だと認識せず,その凡ミスをいつも軽視してきた。
➃解けなくても,答えを見た瞬間「次はミスらない(大丈夫)」と高を括っていた。
➄宿題について“終えること”を目標にしてしまっていた。
➅勉強量が多い日は,長時間勉強したことに満足してしまった。
➆先生に質問をしたことがほとんど無い※印刷乱調の指摘や単語の意味確認などは除く。
➇正直,目標を見失っていた。

結果を出せない原因の重要な要因として,
多くが個々の心の中にあることを受験生に伝えたいです。
県学調はすでに終わりました。
受験生のみなさん,今何が目標ですか?
中3データ001



homb at 12:01

2017年09月22日

少し前に中3塾生には話をしましたが,中3の今土曜日に実施している英数の授業を午後5時スタートにすることを検討中です。理由は大きく2つあります。
➀中3土曜講習の後,そのまま桐光で勉強を続けられる。
 ※軽めの食事を持参するかどうかは任意です。
➁夜(7時半以降) 中3延長補習や個別授業,中1・中2のテスト対策が出来る。

まだ検討段階です。
変更が可能になりましたら,実際にいつからということも含めお知らせいたします。
DSCF7017
DSCF7019



homb at 12:01

2017年09月21日

中3の秋期講習が今週末から始まります。
夏期講習と違い,日曜日も講習日という日程なので,
間違えないようにお願いします。
少し前のブログにも書きましたが,
今年度中3[土日]秋期講習は,
2学期内申点アップを目的とした内容にシフトします。
出席率がそのまま中間テストや期末テストに跳ね返ってきますから,受験生のみなさんは体調管理もばっちりして,講習も授業も個別授業も追試も,全て休まず元気に桐光に来てください。
土曜日は昼間に秋期講習,夜は通常授業があるということです。
これに加え,(食事持ちにして)夕方に勉強会をプラスするかもしれません。
それは正式に決定し次第また告知いたします。
ilovepdf_com


homb at 16:01
南陽中のテスト対策をプラスします。
こちらが予定ですので,南陽中の生徒,保護者様共に
ご確認をお願いいたします。

9月23日(土) 英数
南陽中全学年 午後5:00~7:00
中3食事持参OK

9月25日(月) 理社国数
南陽中1 午後5:00~7:00(6:30)
(食事のため)午後6:30帰宅OK
食事持参でそのまま夜の授業まで勉強もOK

南陽中2&中3 午後7:40~10:00

9月26日(火) 理社国数
南陽中全学年 午後7:40~10:00
P1000037
P1000024
P1000032


homb at 12:01

2017年09月20日

写真の編集と言いますか,
撮って出しの状態よりも,必要な部分だけを切り抜いたり,
明暗の調整,コントラスト調整をすると写真がぐっと輝きます。
しかしそれには膨大な時間がかかるのですが,
やっと影山先生のカメラの写真編集が終わりました。
その中でもよく撮れていた写真を載せてみます。
みんな影山先生の笑顔同様にキラキラしています!
BlogPaint
P9150029
P9150043
BlogPaint
P9150035
P9150023
BlogPaint
影



homb at 12:01

2017年09月19日

中3生には9月16日土曜日に,
“学調テキスト パート2”を配布しました。
その後桐光に来るのは2日後(昨日)の午後1時でしたから,日曜の丸一日と月曜(祝)の午前中が勉強のチャンスでした。
夏休みと違い,学校が日々ある中で勉強をしていくわけですから,学校がある日の放課後と,土日や祝日に確実に勉強量を確保しない限り,合格には近づきません。
昨日午後1時の段階で,日曜と月曜の午前中(およそ1日半の間)に学調テキストを何ページ進めたかを確認しました。こちらがその結果ですがどうでしょうか。
土曜日の授業で私がこのことについて話をしてあります。
それをふまえて,生徒一人ひとりがこなした学調テキストの勉強量です。※確認した時3階でテストを受けていた特進コースの子と,欠席者のデータは含まれていません。

積極的に頑張っている子へ
「たった1回の週末でこんなに差が付くのですよ。毎日,毎週末,この調子で頑張って,大変でしょうけれど,一方で少しわくわくしながら,他塾の子やライバルたちに違いを誇示していきましょう!」

勉強量を確保出来なかった子へ
(ページ数が少なかった子へ ではありません)
「口から出る言い訳や気合いではなく,優先順位の判断力,勉強量,質問量,今どれも足りていないことを自覚して行動を増やしましょう。受験でいくら言い訳をしても部分点はくれません。努力賞もくれません。」

ページ数が少ない子の中には,「やってあるページは多いが,直しをあえて後日に残しているため完了ページをカウント出来なかった」という,ある意味ではちゃんと取り組んでいる子もいます。こういう子はまじめなので信頼できます。
本当に心配な子とは三者面談をするかもしれません。その際は親御さんにご足労いただきますが,ご協力の程お願いいたします。
中3秋テキのページ数-001


homb at 13:55
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今日の中1 東部中対策授業
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 熱く熱くこみあげる気持ちに
  • 中3A数学 プラス授業
アクセスカウンター