中学生

2018年10月26日

来週以降 テスト対策日程

今日の授業から生徒にも配布していきます。中間テストの時と同様,一部(普段と)通常授業の時間が違っているところがありますので,お間違え無いようにお願いします。
なお今回は【東部中 朝学】を2日目の11/22(木)に実施します。

plan


homb at 14:40|Permalink

中3 振替休日勉強会(東部中)

来週の月曜は東部中だけ振替休日で学校がお休みです。
よって,中3はこの日の午後に勉強会を追加します。

日程:10/29[月曜] 午後2時~5時
対象:東部中の中3


基本的に全員参加ということで生徒たちに伝えますが,
既に通院の予定があるというような場合は,
早退や遅刻もやむを得ません。
そのあたりは親御さんのご判断にお任せいたします。



homb at 13:20|Permalink

2018年10月23日

環境(稲田)

がんばらせ方にはいろいろあります。
私は校舎長ではないので
いろんな「情報」を伝えることで
明日からのがんばりを促します。

P1000105

東部中の理科の進度
特に中2は非常に遅い。
私は一歩引いた他校舎との比較として
その遅さを伝え結果として
「今回のテスト範囲が狭いから・・」
「次回のテスト範囲はおそらく・・」
といった分析をつたえます。


「遅い」とう言葉は
ネガティブに聞こえるでしょう。
場合によっては「東部中はダメだ」
そう感じる子もいるかもしれません。

じゃあ「早い」といいのか
仮に早い場合は塾の授業も早足になります。
遅いからこそじっくり対策ができる。
そうとらえれば
いいことだとも考えられます。


与えられた環境は様々。
ポジティブな側面も
ネガティブな側面も
どちらもあります。

私が伝えたいのは
その環境を冷静に分析して

最適な行動をとること

与えられた環境を最大限活かすこと

です。



できる人間は環境のせいにしない


中間テストの結果が
返ってきています。
その結果もみんなに与えられた
ひとつの環境です。

どう活かしていくかも
みんな次第です。



稲田でした






homb at 17:00|Permalink

2018年10月22日

頂上対決

土曜日に中3特進メンバーたちが中郡校に集って合同授業をしました。本部校の塾生の保護者様におかれましては,遠いところ,また帰りは荒天に見舞われた中,お車での送迎などありがとうございました。

この特進の合同授業は2回目ですが,英語を実施するのはこれが初めて。
私の渾身の思いで作成した【英作文】に四苦八苦していましたね。
理科の方もかなり難しい問題があったようです。

こういう機会も経験しつつ,
難関の志望校に合格する準備を整えて欲しいです。
大事なのは継続すること。
普段目に見えなくても,あの中郡校に集ったライバルがいつも頑張っていることを忘れてはいけません。
DSCF1395
DSCF1412


homb at 15:00|Permalink

2018年10月19日

明日から俺は

さて,ついに明日は中3特進コースの特別合同授業が開催されます。
今年度二度目の合同授業になりますが,
私が担当する【英語】の授業を実施するのは初めてです。
私はもちろんのこと,一緒に授業をする富田先生[与進校舎長]も,サポートの杉村先生[福田校舎長]も,おそらく先生たちもみんな緊張というか,武者ぶるいのようなものを少しずつ感じ始めているでしょう。
この授業が終わったら,
本部校の特進メンバーたちは,ダッシュで帰って午後5時から本部校で授業があります。ということは,私も同様にダッシュで帰らなければいけないわけですね。

噂によると,8月のDay合宿で知り合った他校舎の(特進)塾生の中に,私との再会を少し楽しみにしている子がいるそうで,なんだか気恥ずかしい心地。その子たちと授業の後も少しお話したいぐらいですが,ダッシュで本部校に戻るのであまり時間が無いかもしれません。

でも大丈夫。
Day合宿が一期一会の機会で,もう会えないかもと思っていたのに,こうしてまた再会出来ることになりました。この後も,もしかしたらまた会えるかも。
そして,もしもう二度と会えない運命だとしても,特進メンバーたちの志望校合格の糧になるような教材を用意し,そして授業内で私のありったけの思いを残してくることを約束します。
では,また。

0a323a92[1]



homb at 17:00|Permalink

こういう時間が必要なんですよ

昨日は中間テスト前の【最終調整】でした。
生徒各々が,自分にとって心配な教科や,最後にやっておきたい教材を選んで勉強出来たり,先生が最後の最後にもう一度教える機会を設けたりするまさに【最終調整】です。そして実はこの【最終調整】という言葉は桐光全体で使われているわけでなく,本部校の伝統的な表現です。以前一緒に組んで指導をしていたA先生が使っていたのを私が引き継ぎました。結構気に入っています。

さて,昨日は特に中3の子たちの様子がいつもと違っていたように感じます。ここ2週間,私たち桐光教師も彼らに相当プレッシャーをかけてきたからかもしれませんが,このテスト直前の時間だけは,残っていた中3がみんな普段の桐光とは違う(少し自由な)雰囲気を満喫しているように見えました。

勉強を得意な子が,まだ「わからないところがある」という仲間を教えていたり,みんなで集って一緒に理解しようとしたり,一度わかったつもりになったけれど,もう一度あの友達に教えてもらおうとか,3階にいる杉山先生にもう一度(数学の)質問にいくかどうか迷ったけれど,とりあえず止めて頑張って解いてみたり,テストを作成する学校の先生の傾向をお互いに情報を出し合って予想してみたり…。

授業終了後,残って勉強していた子たちだけの,
なんだか特別な空間になっていました。

みんな充実した時間だったようです。

「今の自分にはこういう時間が必要なんですよ(^-^)」
「教えるのって楽しいですね♪」
「人に教えたのに,自分のためにもなった気がします。」
「わからないところがあったらもう一度教えるよ?」


夜遅いし帰る時間だから仕方ないけど,なんか帰りたくない。
この時間がもう少し続けばいいのに。
そんな心地だったのかな?

500_0451
500_0447
BlogPaint


homb at 13:33|Permalink

2018年10月18日

バイタリティこそ, あらまほしきことなり

やるべきことを少し楽しめる人には敵わない。
それこそが究極の【前向き】だから。
つらいと言って逃げる人と,
つらいと言って笑う人。
そのどちらも世の中にはたくさんいます。
自分はどっちだろうと,自問自答してみたりなんかして。

さて,今日は東部中のテスト前なので,いつもと時間変更しています。他の中学の子,また親御さんにも,東部中に合わせた日程にご協力いただくことになってしまいますが,よろしくご理解のほどお願いいたします。
中3は希望制(自主勉)ですが,たくさんやるべきことがあるので結構みんな来るかな
(午後4時までには校舎を開けておきます)

やるべきことに元気に立ち向かえる子が大好きです。
頑張っている時は大変だけど,
過ぎてしまえばただの過去になります。
その時の困難を,未来の希望へとバリバリ変換していく。
桐光本部校の全てのクラスが,
だんだんそういう子ばかりになっていくのが楽しみです

つらいのつらいの,飛んでいけ~

500_0414
500_0390
500_0405


homb at 15:00|Permalink

2018年10月16日

東部丸塚 テスト直前につき!

今日から金曜まで,全学年で普段と違う時間設定になっています。
この時間帯は全ての中学校の塾生が対象です。なお自主勉したい子が集中して頑張れるように,毎日午後4時までには校舎を開けておきます。ご承知おきください。

※注(1)…10/19[金曜]は中2Aの通常授業がありません。中2Aの生徒たちは前日(18日[木曜])のテスト対策に参加してください。
※注(2)…10/19[金曜]は個別授業だけ行う場合があります。

※注(3)…朝学は実施しません。(期末テストの時に実施します)
※注(4)…南陽・天竜の子は,普段来ている曜日以外の日について,参加は任意(希望制)です。

本部校★2学期中間'18-001


homb at 13:53|Permalink

2018年10月15日

滅却心頭火自涼

どうすれば成績が上がるか?
それを一言で表現しろと言われれば,そうですねぇ…
【積極性を備えること】でしょう。
同じ学校で,同じ性別で,同じ塾に通い,先生から同じことを習い,同じテストをして,何度も追試をしても,出てくる結果は同じではありません。
もちろん学力が千差万別だから結果が同じじゃないというのが一番の理由になりがちですが,時に,私たちが想像している以上にグンと学力の伸長を感じる子もいます。

学力と積極性はまったく別物です。
何度テストで失敗しても,めげずに頑張り続けている子もいれば,
他より学力があっても,最低限のことだけやろうとする子もいます。
❝みんなちがって みんないい❞という有名な言葉もありますが,
成績を上げたいと思って入った塾では,積極性こそが絶対に必要な成功の材料です。
テスト範囲が難しくてなかなか理解出来なくても,
宿題に追われて苦しくても,
前に進み続けるしかありません。
❝心頭滅却すれば 火もまた涼し❞
数多あるやるべきことに,どういう気持ちで挑むか?
今日から4日間,中間テストまで,その心が試されているのです。

今日はもうすぐ校舎を開けます。
外でストレスを受けても,桐光では元気に机にかじりついて頑張る。
そういう頑張り屋さんたちと今日も一緒に全力を賭して頑張りたいです!

やるべきもの,やったら得をする教材は桐光にあります。
持ち物:積極性・筆記用具だけでもたぶん大丈夫

500_0388
500_0402
500_0398
500_0410
500_0393


homb at 15:11|Permalink

2018年10月12日

金の時間

さきほど,英語科の先生を集めて,来週土曜の実施する『特進コース 特別合同授業』の打ち合わせをしました。授業用教材を作成したのは私,それをチェックしてくれたのは記代先生,授業の組み立てを提案してくれたのは富田先生と,桐光英語科の何人かの先生がこの授業のために動いてきました。
そして今日は全ての英語科教師が一堂に会し,授業の組み立てや,教材の内容について,そしてこの合同授業の後のサポートについてまで話し合いました。

「この授業がきっかけで問題に立ち向かう意識が変わった」
「得点につなげるコツがつかめた気がする」
「参加して本当によかった」

絶対そういう感想を抱いてくれるだろうという自信があります。

全校舎の特進コースのみなさん
1週間後,中郡校にてお会いしましょう

中3特進コース対象 【特別合同授業】
10月20日(土曜) 午後1時~4時 場所:桐光 中郡校


4fb34130[1]15393216604220


homb at 16:00|Permalink

さぁーて,明日の講習は(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
テスト対策や講習では,いつも教わっている先生以外が教えるもあります。
中3の秋期講習では,理科は橋本先生です。
もちろん,普段理科を教えている稲田先生としっかり連携を取っていますので,ご安心下さい。
橋本先生は,去年度本部校で教えていましたので,塾生にもなじみのある先生だと思います。
隔週で,会うことになるとは思いますが,理科の分からない所はどんどん質問しましょう。
本部校の中3をビシビシ指導し,鍛えあげてくれるはずです。

CIMG1342




homb at 14:03|Permalink

2018年10月11日

あと1週間

東部中と丸塚中は中間テストまで残りわずかとなりました。
該当中学の塾生には,週末の確認をしてもらいたいです。
ho


homb at 13:30|Permalink

2018年10月09日

祝日勉強会(稲田)

DSC_0253
DSC_0251

昨日は中3は模試ですが
中1・2も祝日勉強会。

テスト期間に入っているので
多くの子がテスト対策教材「ズバトコ」を
一生懸命といていました。

1時間もすると
少し疲れた表情を見せる子が
ちらほらいたので

「昨日他校舎の中3がテスト対策だったけど
 1時から6時でやってたよ。
 特に中2はあと一年も経たずに
 その受験生になるんだよ。」

そんな声をかけると
気合を入れなおしてがんばっていました。


今日のがんばりが
中間テスト
そして
入試にまでつながっていきます。


稲田でした


homb at 12:16|Permalink

2018年10月07日

何が君を動かすか

昨日はゴゴイチから夜までずっと中3だけの授業でした。教師と同じ学年の塾生が10時間近く顔をつき合わせてテスト対策をしたというわけです。
英語と数学の合宿のようなものです。
濃密すぎます!
眠さも疲れも忘れるほど,ひたすらに《やるべきこと》に向き合っていた中3のみんな。何時間授業をやっても明るさを失わないパワーがありました。
ある子がこう言っていました。
「これが若者の勢いですよ!」
(おじさんには勢いが無いとでも言いたいのでしょうか)

私は授業が終わりに近づいた時,3つのことを伝えました。
①今日長時間勉強したことに安心しないで欲しい。
②今日たとえ疲れたとしても,明日は朝8までに起きて欲しい。
③明日は桐光の先生が近くについていないが,自分一人で頑張ることを決めて欲しい。
500_0251
500_0355
500_0248
500_0364


homb at 15:15|Permalink

2018年10月05日

真剣と笑顔の間

中1は昨日の授業をもって,
英語は中間テストの範囲まで教え切りました。

(中1に限ったことではありませんが)
桐光では,学校の中間・期末テストなど定期テストの範囲が発表されると,そこまでまず授業を進めて,それ以上は進みません。まずは目の前にある定期テストに集中して,そのテストで成功を収めるのが目標だからです。そして定期テストが終わるや否や,すぐ次の大きなテストに向けて授業がスタートするのです。通常授業で次のテストに向けて進み,個別授業の枠を使って,終わったばかりのテストのフォローや弱点補強の指導を再開します。

次の時間からは,演習や質問タイムを通じて,
ひたすら中間テストで点数をとるための対策に集中していきます。
ひとつひとつの授業がかなり重要になります。
つまり,成績アップの最低限の要素は《授業を休まないこと》ということかもしれません。

私たち教師も,少々のことでは休みません。
猛烈な台風・停電・インフルエンザ
それ以外で休むことなんて,考えられません。

500_0230
500_0237
BlogPaint



homb at 14:01|Permalink