homb

桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

中学生

22 5月

期末テスト対策日程「発表」

来週から対策日程が始まるので,このブログにも日程表をのせておきます。 
塾生たちには,今日からの授業で日程表を配布します。
中1生にとっては初めてのテスト対策ですね!部活動が本格化して,このテスト対策の期間を乗り切れたら,晴れて“一人前の中学生”と言えるでしょう。
今回の朝学は中2と中3の2学年で実施します。座席に限りがあるので中1生は希望制とします。期末テスト当日の朝,早く起きて桐光で頑張りたい中1生は,先に先生に言ってくださいね♪
kmt

20 5月

スパイラル or 先回り

この5月の中学生の学習指導は,どの程度のペースで進めていくかという授業計画がとても難しいです。特に中1の英語は難しい気がします。というのは,中学生になってまだ間もない状況で,しかも英語は初めて主要教科として学ぶため,中学(あるいは先生)によってかなりじっくりと発音やアルファベット,あるいはローマ字の練習をしているということもあります。そうかと思えば,期末テストまで残り1ヵ月を切り,学校の先生も多少焦りが出てくるのか,突如スピードアップして進むこともあります。

中2は3学年の中では一番安定して進みますが,野外活動がこの時期にある中学もあり,中3は修学旅行の影響で,その前後の授業進度がまた予想しずらいです。ちなみに東部中の中3生は来週が修学旅行なので,私の想定よりも早く進んでいました。
私たち桐光教師は,毎回の授業で各中学(各クラス)の進度をきっちり把握して,当初進もうと思っていたけれど復習に切り替えたり,逆に復習から始めようと思っていたが,学校の早い進度に対応すべく次の単元の指導に移るといったように,塾生たちの学校の状況に応じて授業プランを柔軟に変更しています。

昨日中2はあまり進んでいなかったので,中2になってから習った文法(英文の形やルール)を3つ全て復習しました。これでほぼ同じ復習授業を3回ぐらい繰り返したことになります。2週間前に私が教えていた内容にようやく学校が追い付いてきたということですね。その間に私の担当する中2Aクラスの子たちは,3回も繰り返して大事なポイントを教学ぶことが出来たというわけです。

一方,中3は予想よりも早い進度だったので,修学旅行明け一気に学校で進むことを想定して予習の内容を教えました。今日の中3Aクラスでも同様に予習の内容で指導します。
「中3Aのみなさん,今日はとっても重要な授業になるので,いつものように休まず来てね。」

DSC_0218
DSC_0238
DSC_0217
DSC_0241
DSC_0214
18 5月

今日は特進コース説明会

前々からお知らせしてまいりましたが,今日は中3の特進候補生とその親御さんに来場いただき,特進コース説明会を実施します。この説明会では,次の公立高校入試でも高倍率(厳しい競争率)になること必至なトップ高校に合格してくために必要なことを伝えるとともに,戦いはもう始まっていることを再認識してもらい,どの塾に通う子よりも早くかつ効果的に応用力を鍛えていく私たちの計画をお伝えします。
まだ桐光に通っていない子,他の塾に通っているがこのままではトップ高校への合格が不安だという子も無料で参加できます。お気軽に問合せください。桐光本部 053-464-3313
BlogPaint
P1000030
15 5月

中1二者面談 スタート!

前々からお伝えしてきましたが,今週から二者面談を始めていきます。
今月中に全ての子と面談をやりきれるかわかりませんが,順にやっていきますのでご安心ください。桐光教師と中1塾生との二者で行う面談です。今回は親御さん抜きでやらせていただきますが,どんな話をしたかということは後日メールにてご報告いたします。子ども一人一人のことをできるだけまめに把握しながら指導してまいりますので,今後ともご協力をお願いいたします。

DSCF4863
DSCF4888
11 5月

期末テスト対策は

東部中・南陽中・丸塚中すべて1学期は中間テストが無いので,最初の定期テストは期末テストということになりますが,そのテスト対策日程を5/29(月曜)からスタートしていくことにしました。今まで個別授業の枠として使っていた時間をクラス全体のプラス授業としていきますので,個別授業は5/27(土曜)まででいったん止めて,あとは期末テストの成功に向けてみんなでひたすら突き進んでいきます。
テスト対策の日程表が完成したら,中学生各々にお渡しし,ブログにもアップいたします。この期間は通塾の回数も増え,いつも以上に桐光に日程に合わせた生活を送ることになろうかと思いますが,ご協力をお願いいたします。
9 5月

よっしゃぁ…!

昨日,個別授業に呼ぶことを伝えて個別カードをある男の子に渡したとき,その子はカードを見つめながら,たぶんまだ近くにいた私にしか聞こえないぐらいの小さな声で「よっしゃぁ」という声を発しました。もしかしたら,彼自身も自分が声に出して言ったことに気づいていなかったかもしれません。心で思っていたことが思わず口から洩れたような…。こういう言葉は教師として本当にうれしいものです。
「頑張ります!」
「頑張りました!」
こういう言葉はよく聞きますが,
テストをやると告知した時や,個別授業の希望をとったときの反応こそが,その子の積極性を正確に測れるような気がします。生徒の積極性を感じると,私たち教師もさらにやる気が出ます。もともとやる気満々でしたが,もう少しその限界が引き上げられる感じです。やる気のある生徒と,さらにやる気になった教師。両方いる場所がここ(桐光)です

1 5月

指の筋肉が…

この間の土曜日に,中1の希望者だけを集めて私のプラス補習をしました。
個別指導や補習における私のモットーと言いますか理想とも言えるものは,【普段の授業とは違うことをして,新鮮な刺激を与えて,まだ1時間ぐらい延長してもやれちゃいますけど?と生徒たちが思うほど時が過ぎるのを早く感じさせること】です。長ったらしいモットーになっちゃいましたね。でも本当にそれぐらいのことを目標にして自分に課して「今回の補習(個別授業)では何をやろう?」とか「こんなことをしてやろうか?」とかいろいろ思案をめぐらしています。

今回は2つのことをやりました。
まず一つ目は,
“本気書きアルファベット8分20秒”
アルファベットの大文字A~Zを1回書くのに30秒,小文字a~zを1通り書くのに20秒とみて,それを10セット書くのに必要な目標タイムは【8分20秒】です。でも途中で指が疲れたり集中力が途切れるとどんどんスピードが落ちていきます。その疲労に打ち勝って8分20秒間で10セット書き終えられるか?というタイムトライアルです。
結果から言います。
参加してくれた子の半数が達成しました!
これは本当にすごい。
「あと小文字8文字で書き終えられたのに…」
という惜しい子もいました。
みんな書き終わった後で指をもみもみしていましたね。
自分が手指の筋肉の疲れを無視して力強く書き続けられるのは5分が限界だとわかったはずです。このことから,宿題をためて一気にやろうとしても難しいこともわかりますし,本気になれば短時間であそこまでやれることも学びました。

もうひとつやったことがあるのですが,
だいぶ文が長くなってきたのでまたの機会にします。
IMG_6442
IMG_6438
IMG_6440
IMG_6441
IMG_6436

30 4月

当然の“ぬかり無し”

春期講習から続いてきた40問単語テストは先週終わり,新たな単語テストが始まっていますが,第1回目の新・英単語チェックテストは,中3はSクラスもAクラスも,全員満点合格で,中2は一人だけ1点だけミスで失点して他は全員満点という好成績。もうそれほど驚きもしなくなってきていますが,それでもやはり全員満点には別格の価値があるのでホッとはしています。

連休中はしっかり勉強してほしいですが,
ちゃんと遊んで,祭りも満喫して,
気持ちをリフレッシュしてほしいですね。
2週間後の再会を楽しみにしています!


29 4月

2人で教えました。

昨日の中2Aクラスの授業は,指導を普段担当している私はもちろんのこと,もう一人,本部校で授業をするのは初めてだと思われる女性教師“記代(のりよ)”先生にも,授業の一部を担当してもらいました。いつもは100%私の授業なので,骨太ながらユーモアに満ちた授業なのですが,記代先生はどんな授業をしてくれるのか?中2のみなさんは興味津々でした。いろいろ質問が矢継ぎ早に出ていましたね。
Aさん「先生は厳しい?」
Bくん「幼稚園の先生っぽいね!」※ネタバレ間近
Cくん「これから金曜は先生ですか?」
普段と違う刺激があるというのは,それだけでひとまずクラスが活性化します。そして昨日は記代先生が一部の授業を担ってくれたことで,私が他のサポートにまわることが出来ました。
最近の記事で,先生も勉強をしているよということをアピールしちゃっていますが,やはり昨日も他の先生しかも同じ英語の先生の授業を見ていると参考になる部分がありますね。普段はあまり見ることのない“生徒が先生の話を聞いているときの横顔”も見ることが出来て,生徒たちだけでなく,私にとっても刺激のある時間となりました。
IMG_6424
IMG_6427
IMG_6433
25 4月

英語スイッチ

土曜日に中1英語プラス補習をします。
祝日でしかもゴールデンウィーク初日ということもあり希望制にしましたが,すでに多くの参加者が“参加します!”と手を挙げてくれました。まだまだ募集しているので,積極的に参加してくださいね!
すでに「英語が苦手」という声がちらほら聞こえてくるようなまだ聞こえないような…という感じですが「英語が苦手」とか「英語が嫌い」という言葉も今までにもちろん聞いたことがあります。そして英語教師である私にとっては一番聞きたくない言葉のひとつでもあります。

私が中高生の頃は数学が,いやきっと小学4年生の算数あたりから既に苦手だったと思います。でも数学は苦手ではありましたが嫌いではありませんでした。英語以上に“出来た”という時のスッキリ感を感じられましたから。だから一番勉強した教科が数学だったような気もします。教科書の例題や練習問題なんかは,ほぼ暗記した状態でテストに臨んでいて,それでもなお成績に結びつかなくて嫌な思いをしたことまで覚えています。努力をしても成果が出なかったら努力は無駄だったのか?私は中高生の時に上記のように頑張って結果にならなくても「やっただけ損した」なんて思ったことがありません。

努力の先にどんな結果が待ち受けているか,それは誰にもわかりません。
でもその挑戦の連続が人生そのものですね。
「英語が得意。英語が好き」
もちろんこういう言葉を一番聞きたいですが,
「英語は苦手だけど好き」
この言葉も同じぐらい大好きです。

一緒に頑張っていきましょう!
4266[1]
25 4月

漢字力アップを自分で感じよう

[小6]回漢字コンクールをやることはブログにも書きました。
・・・書きましたでしょうか。たぶん書きましたが,
このゴールウィークを利用して小6のみなさんには少し漢字の勉強を頑張ってもらおうと思っています。「どうやって頑張ればいいの?」そんな疑問が湧く前にお知らせします。漢字コンクールは漢検に合格するための準備運動です。何をすれば“準備”になるかというと…
①家で桐光オリジナル問題集を解く。
 →(自分ひとりで出来る努力) 
 ※昨日[月曜]授業の時に配付しました。
②それを期限内に決められたペースでやりきる。
 →(自分ひとりで出来る努力)
③模擬テストを受けて,合格するまで挑戦する。
 →(桐光の仲間全員で達成する)
④漢字コンクールで高得点という結果を出す。
 →(結果につながる行動を“努力”と呼ぶということを学ぶ)

まだ小6になったばかりなのに少し大変かもしれませんが,桐光の小6の位置づけは“中学生になった時に困らないように,学習の習慣をつける。そして授業中は姿勢良く授業の終わりまで集中していく” そういうところにあります。

中田島砂丘で行われる凧祭りや街中の屋台,あるいは各地域の集まりなど浜松祭りに参加する子も多いと思いますが,そうはいっても時間はたっぷりあります。
祭りを満喫してok!
たくさん遊んでもok!
でも勉強にも全力で取り組むのが桐光イズム!

14930127189070

21 4月

特進候補生対象「数学プレ演習」2日目 (福留)

こんにちは。
数学担当の福留です。

昨日20日(木)は,特進候補生を対象に「特進数学プレ演習」を行いました。

先週に引き続き,入試レベルの問題を解いています。

今回は,特に文章問題では問題文の読み取りを意識して解かせています。
普段解いている文章問題は,書いてある内容をすべて使って解くものがほとんどですが,入試問題では,文章の中でも使わない部分があったりします。
そういった問題を多くピックアップして解かせました。

どこを注意してみるべきかは,問題の種類によって異なります。
問題ごと,ポイントをおさえながら,問題演習をしています。

1回目で、入試の出題傾向が分かったうえで,今回はその問題の中でも、見たことのない出題方法のものを見た生徒たちは、改めて入試の奥深さを痛感したのではないでしょうか。

これで「特進数学プレ演習」は終了になります。
次,こういった問題を解くのは,「特進候補生」から「特進生」になった時。
今回,入試レベルの問題を解いた経験が,特進コースの問題を解く際にいきてもらえたらと思います。


福留

18 4月

理科対決 第2弾 3S vs 2S (影山)

先週の3Aクラスとの対戦にひき続き,2Sクラスが3Sクラスの強豪に挑みました

3Sクラスとしては
『後輩には絶対に負けるわけにはいかない』
というプレッシャー

2Sクラスとしては
『難しいかもしれないが先輩に一泡吹かせてやろう』
という意気込み

お互いの思いが交錯する中,いよいよ開戦
DSCF4789

第1ラウンドは『生物編』 
植物に関する問題で記憶量が勝負の決め手となるところです

2Sクラスには第1ラウンドは『植物』と事前に通達しておきましたが

5勝3敗1分で軍配は3Sクラスにあがりました
それでも,総得点では10ポイント差と肉薄していて,2Sクラスは善戦しました

第2ラウンドは『物理編』
光・音・力と思考力と計算力が試されます

ここは,7勝1敗1分で3Sクラスが圧勝
総得点でも20ポイント以上の差がついてしまいました

2年生にとっては,大きな壁にぶつかっていくという試練でした
1年後に同じような企画をしたときには
3年生が感じた,『チャレンジされるという重圧』に打ち勝てる力を1年かけてつけていきます。

17 4月

来週からの中1は

4/24(月)~
新中1の授業時間が変わります!

午後7:40~9:50[新中1]


生徒には授業内でも話をしてきましたが,これから中1のみなさんも部活動が本格的に始まるので,授業の開始時刻を早め,それにともなって終わりの時刻も遅くなります。
ご家族の皆様におかれましては,また少し生活のリズムを変えていただくことになりますがよろしくお願いいたします。
24-

16 4月

勝負する前に勝利を決める

中3の英単語テストの記録が上がり続けています。
以前から全校舎の中3クラスの中で本部校は平均点で1位ですが,その内容が素晴らしい。
(前回(第5回)だけ北浜校中3に0.006点差で負けて,惜しくも一度だけ2位になりました)
この間は第6回目の英単語40問テストでしたが,平均点は実に39.61点[満点は40点]
毎週,自分たち(本部校中3)のベスト記録を塗り替えています。
それでもまだ“全員合格”ではないのですよ…。
サッカーの本田圭佑くんの言葉を借りれば,
★「このクラスはまだまだ伸びしろがある」
ということですね。
来週は最後の40問テスト(第7回)です。
もはや目指すは“全員満点合格”しかありませんが,昨日もAクラスの授業で特別な発破はかけませんでした。授業の前に早く来る子も来週もきっとほとんどいないでしょう。今までもそうでした。だから次も間違いなく大丈夫です。

範囲のあるテストには家で備えてくる。
ちゃんと準備できた状態で桐光に来る。
戦いの支度は整えてくるのが当たり前。
それが彼ら,彼女らのスタンス。
P4030014
P4030015
P4030013
31162570[1]
livedoor プロフィール
アクセスカウンター