中学生

2019年02月21日

ついに出た この数字

現在の公立高校の志願者数が発表されました。
我が本部校に一番関係している高校でいうと、
浜松南と磐田南、そして浜松東(普)が特に激戦です。

入試に合格すること。
行きたい高校に挑戦すること。
綿密に時間管理をして勉強量を確保すること。
自己満足ではなく本物の向上心を見せること。
自分にとってプラスになる質問をしていくこと。

日々の行動、そして一つの判断に後悔をしないように!
自分の受験についてもう一度考え、
あらためて、残り12日で出来ることを頭の中で整理して、
決めたら猛然と勉強の道を爆進してほしい!

志願者-001


homb at 11:48|Permalink

2019年02月18日

しかたない受験生なんていない!

人は、何かに失敗した時にすぐ言い訳(失敗の原因)を考えたくなります。それを言葉にして声を発するかどうかは人それぞれ性格によりますが、そういう方向に考えがちな人は少なくありません。
そしてその挑戦が自分の想定を超えるほど難しいものだった場合、いわゆる【ダメ元】のモードになりがちです。大学受験などでよく聞かれる《記念受験》や、クラスいち綺麗な女子に告白して無残にも散った中学生の気持ちにも宿りそうな心境が【ダメ元】ってやつです。
つまり「まぁしかたないか」の心境。

私はもう長いことこの仕事をしています。
若い頃、まだ桐光教師として駆け出しだった頃は、
内申点が足りず、学力でも足りなかった受験生が不合格だったとき、
「まぁしかたないよな…。もともと本人も不合格を覚悟していたしな。」
そう思う年度が何回もありました。
でも少し時が経ってから思うのです。
「本当にしかたがなかったのか?」と。
私たち教師も、受験生たちも、
結果が出てからでは何を思っても遅いのです。

高校受験という勝負の世界には、当然のことながら、受験生全員が笑顔になれるシーンは用意されていません。
人の持つ学力も平等ではありません。
選ぶ高校も同じではありません。
親御さんの思いも千差万別です。

私は、合格出来るかどうかのボーダー線上に立っている子には、会う度に必ず声をかけて励ましています。竜洋校の受験生も、この本部校の受験生も同じです。
「自分は一人で戦っているのではない」
「先生が気にかけてくれている」
「もう少し頑張れるかもしれない」
「このままではまだ不安だ。勉強を増やそう」

桐光教師の言葉が、どんな勇気を与えるのか。
桐光教師の言葉で、どう行動が変わるのか。
声をかけた時は、もちろん知る由もありません。

私の言葉は時にきついかもしれません。
今そこを突かれたら泣きたくなる…
そう思う子もいるかもしれません。

でも合格と不合格とを分かつ線のようなものがあるとしたら、
その線の先(合格ゾーン)へ突き飛ばして、転んじゃったとしても前にいくように、いつもいつもそう祈りながら声をかけています。

IMG-PHOTO-ART--14795926




homb at 15:05|Permalink

2019年02月16日

同時多発的

★「それはもう…テロが起きたかと。」
私「相当な騒ぎだったでしょ?」
★「はい。前後の教室までしか声は聞こえませんでしたが、きっと中3の教室で6回のテロが起きていたと思います。」
私「そっかぁ…みんなそんなにやっぱり嬉しかったんだね(^▽^)」
★「はい。公立高校合格はもっとすごくなるのでしょうか?」
私「Sureだよね。部活の試合の時に出していた、気合いに満ちた声ぐらいでかい声が出ちゃうかもよ。その時の騒ぎは、今回の比じゃないと思う。」


あらためまして、桐光本部校中3生へ
私立高校全員合格
おめでとう♪
昨日は学校の6時間目が終わった後、
各クラスで歓喜の雄たけびや歓喜の叫びが聞こえたのでしょう。
いやぁ受験生のみなさん、ホントよかったねぇ!

しかし一息ついている暇はありません。
公立受験者は、サッと気持ちを切り替えて、
また本気モードでよろしく♪


Congratulations[1]


homb at 08:30|Permalink

2019年02月15日

今年度最後の

中1と中2は再来週の桐光模試があります。
《日程》
中1…2月23日(土曜) 変更しました!
中1は当初2月26日(火)に実施予定でしたが、東部中のスキー教室と日程が被りますので、前倒しで実施することにしました。


中2…2月25日(月曜) 授業内

高得点をとる準備をしておきましょう。
昨日の授業の時に、志望校に変更があるかどうか確認しましたが、想定していた以上に変更がありました。みんなもうすぐ学年が上がることだったり、学年末テストの手ごたえを加味したり、心が揺れ動いているのがわかりました。

BlogPaint

16e5d6ee[1]



homb at 12:45|Permalink

2019年02月14日

朝学がありました(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
本日,東部中はいよいよ学年末テスト。
桐光では,地域でも有名な朝学がありました。
校舎に着くと,仕事柄あまり見ることのない朝日に目がいきました。
なんだか幻想的です。

CIMG1585

校舎も朝日をめいっぱい浴びています。

CIMG1587

そして,朝6時にはまだ誰も居ない教室。
教材がみんなの到着を待ってくれています。

CIMG1584

6時30分には,靴箱が靴でいっぱいになりました。
中3の朝学は自由参加でしたが,数人参加してくれ,朝から気合を感じました。

CIMG1588

笑顔での結果報告を待っています。




homb at 14:24|Permalink

2019年02月08日

テスト対策も佳境です(杉山)

こんにちは。数学担当の杉山です。
中1,中2は学年末テストまで約一週間となりました。
昨日の数学では,中1,2Sクラスは確認テストを行いました。
なかなか1回でしっかりと合格とはいきませんでしたが,まだ一週間あります。
この一週間の過ごし方で,点数は大きく変わっていきます。
まずは,きっちりと追試に合格することです。
生徒には,本日または明日,追試に来るように伝えています。
本日は,7:00~7:40の時間,私の手が空きますので,質問対応も受けます。
校舎で待っています。一緒に頑張りましょう。

CIMG1581
♠SUGI chan♠



homb at 13:50|Permalink

2019年02月06日

本日(6日)の自習(大田)

入試の面接がない中3生は午前で授業終了 と昨日 生徒から聞きました。

昨日 授業があった生徒には伝達しましたが

本日(6日),午後1時30分から自習ができるようにします。
私(大田)が質問を受け付けます。



homb at 13:24|Permalink

2019年02月03日

『気』『熱』 配置

今日は午後5時~新中1説明会です。
まだ桐光に通っていなくて、でも桐光や学習塾がになるという親子さんの参加も予定されています。飛び込みでも構いませんので、もしこのブログを見てくれている『はじめまして』の新中1のみなさん、親御さん、参加は大歓迎ですので、どうぞ軽にお越しください。
本部校 0534643377
先ほど、本部校のプランターに咲く、元がなくなってきた花を卒業させて、新しい花を迎えました。冬休みの講習期間などは元に咲いていてくれた花々なので、抜いてしまうのは心苦しかったのですが、桐光のテーマカラーでもある黄色いお花さんに交代してもらいました。

ひとつ心配なのは天です。
ちょうど夕方から降り始めそうですよね。
静岡県西部の降水確率は80%の予報です。

ところで、降水確率80%って、どういう意味かご存知ですか?以前ある象予報士さんから学んだのですが、静岡県西部に80%の確率で雨が降る。のではないそうです!
下の画像でいうと青いところが静岡県西部ですが、その面積の部分といいますか、県西部の範囲の80%に雨が降るということだそうです。つまり一般的には天竜区などの山間は雨が降りやすいですよね。故に、予報が80%ということは、山間部に住む人たちは100%降ると推測しても当然であり、その他の地域は65%ぐらい降ると考えてもよいかもしれないのです。

小中学生の頃、雨だと傘が必要なので、天予報は大きな関心事でした。せっかく傘を持って行っても、雨が降らないとただの荷物になるので、出来るだけ傘は持っていきたくなかったというわけです。しかし、迷ったあげく傘を持たずに登校した時ほど降ってしまうもので…
「なんで20%なのに雨なの!」と、
傘を持って家を出なかった自分ではなく、天予報のせいにしてそれが外れたと思って不機嫌になったこともありましたが、今なら、天気予報が外れたわけではないと納得できます。その当時その日の季節、圧配置、雨雲の量、温などをトータルで考えたら、静岡県西部の中でも遠州灘沿岸には雨が降る可能性が高かったのかもなぁ…と考えられるからです。

予報は単に数字(降水確率)だけでなく、自分の生活圏の地理や、その日が雨の降りやすい象条件にあるかどうかということも考えてみると、今までより奥深いものになりそうです。
理科【天】は中2で習います。圧や前線のことも理解しているべきです。これからはお子さんに【我が家の気象予報士】として、その日や向こう数日の天を予想してもらうのもよいかもしれません。実生活に根差した学習こそ楽しけれ。

では、新中1のみなさん、また後で会いましょう!
もうすぐ中学生になるという自覚を持ち、
を出してく頑張っていきまっしょい!

15491629191400
map[1]


homb at 12:30|Permalink

2019年01月31日

特進合同授業がありました(稲田)

お久しぶりの更新で申し訳ありません。
理科担当の稲田です。

IMG_7146
IMG_7147

先日特進コースの合同授業がありました。

各校舎の特進コース生が
ひとつの校舎に集まって実施した授業です。

時間も長く
問題も難しく
周りのレベルも高く
教室の緊張感も高い。

帰りにアンケートをしたのですが
そんな授業に対して多くの特進生が
「よかった」
という言葉を残して帰りました。

もう少しいうと
「何を書いてもかまわない
 本音で書い欲しい」
そう言って書かせたアンケートですが
特進コース生の中で比べても
できる子は
「よかった」「もっとやって欲しい」
そうでない子は
「きつい」「減らして欲しい」
という言葉が並ぶ傾向にあります。


「できる」から「ポジティブ」なのか
「ポジティブ」だから「できる」のか

難しい問題であり
無理に「ポジティブ」になれというのも
やはり難しい話です。

ただ
そういう気持ちが大事なコトを
知っていてください。



稲田でした


homb at 12:00|Permalink

2019年01月30日

特進模試だニャ😸

表題の様に、今日は中3特進コース模試があります。
(試験時間:午後6:00~10:00)
私立入試前に実施する最後の模試であり、
夏から頻繁に実施してきた特進模試も、
この模試を含めて残り2回となりました。


結果にこだわりましょう!
もはや❝試験慣れ❞のような経験値を高める機会ととらえている場合ではありません。磐田南や浜松南、市立や浜松北などは未だ相当数の志願者がおり、内申点と学力が、合格ボーダーのギリギリを浮沈している受験生にとっては、本当に覚悟を決めて日々の勉強に臨む必要があります。

さて、この間、少し気になるカフェを見つけました。
【雑貨カフェ いもねこ】です。
芳川交番の隣にあるので、
東部中学区の方も、南陽中学区の方も割と近いですね。
いわゆる❝猫カフェ❞ではありませんが、看板ネコはいるので、抱っこしたいとかいう希望があればそうしてもらえるようです。前回が私にとって一見でしたので、まだ【隠れ家ごはん】のコーナーには入れられません。
ここは、少し体に良さげな食材を使った食事もいただけて、ネコ関連の雑貨販売もしています。私のキーチェーンもネコの雑貨に変わりました。思わず衝動買いしてしまったのです。

私がそこでまったりと《ゴマちゃんセット》を食べていると、
マダム二人組が背後の席に座って話を始めました。

A「Bさんのお子さん、高校受験どうするの?」
B「うちのは私立(高校を受ける)だから」
A「そうなんだぁ。うちのは湖南だけど、友達で磐田南を受ける子がいるんだって」
B「磐田南?」
A「そう。なんか結構良い(高校)らしいよ」
B「ふ~ん。南陽から磐田まで行くんだぁ。」

磐田南高校の良さが、年々浜松の人たちに知られるようになってきましたね。まずいというかなんというか…。今年は桐光本部校からも笠井校からも結構受験するので、磐田南高校の志願者数がどう推移していくのか気が気ではありません。

各高校の志願者数状況や今後の展望など、
受験について気になることがある親御さんは、
メールや電話などでも構いませんので、
いつでもお問い合わせください。

15482128476122
15482128475841
15487403143150
15482141782390


homb at 09:00|Permalink

2019年01月29日

今無料体験をすると…

連日連夜、学年末テストの対策授業や
中3の入試対策授業が実施されています。
寒い中、徒歩や自転車で自力で頑張って来ている子、寒い中、夜遅くにも関わらず、お子さんを車で送迎していただいている親御さん、いつもありがとうございます!

また、まだ桐光に通っていない、東部・南陽学区の中学生のみなさん、及びその親御さんにお知らせです!「じつは桐光のテスト対策が気になって仕方がないんだよねぇ…」という方もいらっしゃいますよね今週から来週にかけて無料体験を申し込むと、桐光の通常の授業か、あるいは学年末テスト対策の授業の体験が出来ちゃいます。桐光を知り、またテスト対策にもなる。一石二鳥のこの機会を活かしてみませんか


15480499849510



homb at 17:00|Permalink

2019年01月26日

ネタか 小説か

この間、入試講習会に参加してきたことをブログにも書きましたが、その時【英語】の傾向分析でもその人が「静岡県公立高校入試の英語は、英作文が難しい」と言っていました。私はそんなことは10年以上前から知っていて、そのために対策を講じてきました。
たとえば《私は鳥を観察するのにとても素晴らしい場所を見つけた》という日本語が書いてあれば、考え方の手順としてはこのように考えるのが一般的です。
①[私はとても素晴らしい場所を見つけた] ここまでを過去形で書き
②[鳥を観察する(見る)ための] という修飾節を後ろにくっつける
そうすることで、それほど難儀せず正解にたどり着けます。

しかし静岡県公立入試となると、たとえばこういう類の日本語で出題されます。
<1>ここだけの話ね。
<2>時には休息も必要よ。
<3>(犬を飼うのはいいけど)手がかかるのよ。

1は[ここだけ]という[場所]を英語にしたらバツになります。
 場所を表現すべき問題ではないからです。
2は[休息]という単語は習いません。
 それに類似した表現ができないとダメです。
3もそうです。
 [手がかかる]という単語や表現は習いません。

試しに、現中2のお子さんをお持ちの親御さん、お子さんにブログを見せてやってみるように促してみてください。中2の履修内容でも十分対応できる問題もありますが、どう書いていいかわからない子が多いはずです。
このように静岡県公立入試の英作文は、《文字通りの日本語を英語にする》という能力だけあっても対応出来ないのです。どう英語にしていいかわからない日本語を巧みに咀嚼し、自分の持つ英語力で対応していく力が必要です。

私はこういういわゆる《この日本語どう英語にするの?中学英語で書けるかな?》という日本語のフレーズを常に探してます。今ではそのレパートリーも200を越えました。ほぼ毎年、私が用意したレパートリーから類似問題が出題され、受験生を助けています。

ではどうやって私はそういう日本語の表現を探しているか?
それはやはり【読書タイム】に行われています。
コメダ珈琲や元町カフェで、あるいは海浜公園の駐車場に車を停めて本を読みつつ「ん?これは(英作文に)使われる可能性のある表現かな?」と思うと少し読書を中断し、中学英語で幾つか英作文をしてみます。「あ、いけるかもな」と思えばノートに書き留めて、「う~んちょっと難しすぎるか」と思えばスルーしてまた読書に戻ります。

そんなわけで、私の❝読書あるある❞の一つはこういうことです。
《読んだ本はたくさんある。でも内容を覚えていない本もたくさんある》
半勉半読のような読み方なので、海外の登場人物の多いミステリなどは、私の読書タイムには合わないような気がします。

だいぶ長文になってきましたね。
なぜこんなことを書いているかと申せば、
この間《特進コース》のことを中2Sクラスの子を中心にご案内いたしましたが、いまだ「桐光の特進コースって何をやるの?」という子や親御さんも多いでしょう。

今回は英語のしかも条件英作文だけのことを書きました。5教科250点満点のうちの4点分です。この4点を桐光生にとってもらための私のこだわりを一部紹介したにすぎません。英語に限っただけでも、こういう対応すべき点が他に幾つもあります。
他にも数学・国語・社会・理科とそれぞれのスペシャリスト(教師)が、上位高校が志望校でも確実に合格できるようにサポートしていきます。

教えてあげたいこと、解き方が定着するまで繰り返しテストしたいこと、ライバルたちの間で自分の位置が今どこにいるか自覚してほしいことなど、ギブ&ギブの気持ちが早っているので、どの塾よりも早く上位高校への対策を始めていきます。

特進コース予定
4月中旬 メンバー選抜
5月中旬 説明会
6月初旬 課題スタート

15484736430600


homb at 14:00|Permalink

2019年01月24日

学年末テスト&入試 対策日程

土曜日以降のスケジュールを決めました。
今回の朝学は2/14(木曜)にやります。東部中の中1・中2は全員参加で頑張ってもらいます!通常授業の時間も、幾つか変更されているところがありますので、今一度ご確認をお願いいたします。

今回が桐光に入って初めてのテスト対策だという子の親御さんにお知らせです。中3は特に追加授業が多いですが、学年に関わらず、赤文字の追加授業は、すべて無料です。今後もプラスの定期テスト対策や学調・入試対策・漢検対策などで料金がかさむことはありませんので、その点はご安心ください。
※中3特進コース関連と模試は別途料金がかかっています。

ilovepdf_com



homb at 13:00|Permalink

2019年01月23日

Sun to Moon

「杉山先生じゃないですか
と、昨日の中日新聞をご覧になった方は叫んだことでしょう。
東海地区のカリスマ教師みたいでうらやましい限り。
紙面には塾と学校の役割について書いてありました。
学校が太陽で塾が月になぞらえています。
月(塾)は太陽(学校)が無いと輝けないということでしょうか?
そのあたりは考えすぎないようにします。

さて、塾と学校との違いは?
塾と学校の共通点は?
【勉強を教える場所】としてのみ見ると、その違いを見つけるのは実は難しいのですが、一番の違いは、学校は(ちょっと語弊はありますが)たとえどんなことをしていても、たとえば先生の指導の質が高かれ低かれ、先生の経験や意欲の有る無しに関わらず、生徒は毎日登校してきます。学校に来られなくなる子いわゆる不登校の子ははまだいるようですが、それは先生とか中学校のせいであるという理由はあまりありません。
でも学習塾は、塾生や親御さんのニーズ(満足や期待値)を満たせないといつでも辞めてしまうという事実があります。そのニーズというのが多種あり、成績が上がること、成績を維持していること、塾には楽しそうに通っていること、家から近いことなどなど。
いずれにしても、入る自由と辞める自由があることは、学校との決定的な違いです。

塾生たちには皆、そんな自由な選択権がある中、桐光を選んで来てくれています。見たいテレビを我慢して、学校行事で疲れていても、元気に授業に来てくれている子たちはかわいくて仕方がありません。だから我々の彼らへの想いは並ではありません。期待も大きいですし、信じてあげたいですし、まじめに取り組んで欲しいです。親御さんのご期待に応えたいからです。そんな気持ちが強すぎて厳しく指導してしまったり、親御さんに誤解を招いてしまうほど叱咤激励してしまったことも過去にはあります。
でも後悔はしていません。
私たちはいつも、良かれと思うことを全力でやってきたからです。

今週末、土曜から注目のドラマが始まります。
私はもちろん、桐光の鈴木学院長も、
このドラマの原作(小説)は既に熟読してあります。
キャストもなかなか良いので、
原作を上手に生かし切っていれば良作となるでしょう。
受験生は勉強優先なので見なくてもいいですが、
親御さんにはオススメのドラマです。


mikazuki
d333d2a0[1]
Sun tomoon



homb at 09:00|Permalink

2019年01月21日

長いことじかんをかけてよみとく文

先日、空き時間に本部校での【長文塾】急きょ実施しました。
どうしても、長文読解のアドバイスが必要な受験生がいたからです。
(長文塾とは、竜洋校でやっているサポートの名称なんですけど)
本気のSOSがあれば、いつでもプラスのサポートはします!
出来る限り…という❝限り❞のところを広げていくのが好きなので。
インフルやその体調不良で学校を休みがちだったとか、
入試までにどうしても教えて欲しいことがあるとか、
そういう場合は遠慮なく言ってもらいたいです。
これから学年末テストの対策にも突入しますが、
受験生の要望には優先順位を上げて対応していきます。

さてそれとは別件ですが、年明け最初の【各高校志願者数】が判明してきています。
中学校の先生が教えてくれているようで、私にもその情報が集まってきました。桐光塾生の親御さんの中で、もしその情報が聞きたいという場合は、その旨メールなどでお知らせください。こちらで入手している情報はお伝えいたします。

IMG-PHOTO-ART-1779960924





homb at 11:00|Permalink