桐光本部校 ブログ

~校舎長の相馬による,本部校と時々私個人についてつづる天衣無縫の日記~

カテゴリ: 部活“道”

本部校中3生の中体連は,テニス部の和田さんの戦いが皮切りです。
中2の二人も出られるとよいのだけど。上手なのだから。
今回はまだ最後の大会というわけではないようだけど,勝利にこだわってボールを強めにたたいてほしい。
私も中学生の頃はテニス部員でした。
今でも忘れない友達との会話がこちら。

友「相馬のサーブってめちゃ速いし入るよね!」
私「だろ?いえ~い!」
友「でもさ,なんか返しやすいんだよ。」
私「え?どゆこと?速いんだから普通返しずらいでしょ?」
友「う~ん,ラケットをだすとなぜか普通にリターンできちゃうからさ。」
私「ガーン(なんでだよ…)」

きっと素直な性格がボールに乗っていたのだと思います。
昔話はこのぐらいにして。

打ち込むのを怖がって相手にチャンスボールがいったら悔やんでも悔やみきれないでしょう。
相手のショットが強いときこそ,恐れず(下からドライブをかけつつ)振り抜く!
そのショットが返ったら,もう相手は打ち返せません。
DSC_4706

私が中学生に戻れたら,一番入りたい部活は剣道部ですが,剣道部をやりながら,ちょっとお手伝いの気持ちで参加してみたいのが“社会貢献部”
すでに割と知られつつありますが,私は社会貢献が好きなタイプの人間です。
特に海外(発展途上国)の地域援助ですね。

でも今回紹介するのは中学生の社会貢献部ですから,自分が住む地域に貢献しようという部員たち。
この部活は,東部中にしか無いのでしょうか?
たまにその学校にしかないという個性的な部活ってありますよね。
ちなみに,私立高校である浜松学院高校には“勉強部”があるそうです。

本部校には社会貢献部の熱い部員も在籍しています。
彼の言葉で,社会貢献部がどんな部活なのか,少しわかると思います!
普段は花壇の水やりや花の手入れもします。
休日に,ボランティア活動や募金活動などをやるときがあります。
いろいろな活動の中に,ちょっとした小道具が必要になることがあるのですが,その小道具を部員みんなで作っている時が結構楽しいです。
土日はほとんど部活がありません。
たとえば学校をきれいにしたり色を塗ったりするために,土日たまに活動があります。
貢献活動が長引いた時は,たまに差し入れをもらえてうれしい!
i04[1]

ソフト部の記事から数日空いてしまいましたが,部活“道”のコーナーは続きます。
今日は“陸上部”!
本部校には,東部中・南陽中の陸上部がいて,東部中の部長まで頑張っています。
どの中学にもある部活ですが,うちの陸上部のメンバーはどの子も個性派揃いですね。

短距離と長距離では,練習内容や疲労の度合いが違うと思います。
最初陸上部に入る前に,たとえば100mや200mに興味がある人は多いと思いますが,高飛びやハードルなど,初めて挑戦してみたら,その競技の良さに気づいてしまって,そのまま挑戦していく子もいます。
自分が陸上部だと,オリンピックや世界大会を見ていてもきっと他の部の子より楽しいのでしょうね。
リオオリンピックが近づいてきました。
陸上部に入る子は,オリンピックで最高の選手達のパフォーマンスを目に焼き付けよう!

では,本部校の先輩達の言葉をどうぞ!
競技は個人ごとだけど,練習はみんなと一緒だから楽しい!
自己ベスト記録が出た時は最高
他の部活の子よりも走るのが速くなると思います。
顧問の先生は,陸上だけでなく勉強にも厳しい。
部員にまとまりがある。
声だしを頑張っている。
「陸上部ってただ走るだけでしょ?」と友達から言われることがありますが,決してただ走るのが楽しいわけではありません。陸上部に入らないとわからない楽しさがあります。ちょっと言葉では表現しづらいので,ぜひ陸上部に入って一緒に楽しくやりましょう!
大会の会場がいつも四つ池なので,他中の子とも知り合える機会が多い。
無題
1_140688541143091300_1_awxmf[1]

私もかつてソフトボールをしていた時期がありますが,野球と比べて打球が飛ばないので,どちらかというと非力な私は,バッティングよりも守備が好きでした。それも,遠投を必要としない“内野”です。
本部校にはソフト部のキャプテンがいます。
彼女は実際にソフト部でピッチャーも出来るエースですが,勉強面においても“本部校 女子のエース”。
なにごとにも真剣な彼女の姿勢には,教師である私さえもリスペクトしています。
そんな先輩と一緒に,白球を追いかけてみませんか?
まだ部員がそれほど多くないので,試合に出るチャンスがありそうです!

M部長のコメント
声出し,特に“応援歌”を歌っているときは楽しいです。
練習も好きですが,やはり実践練習はもっと楽しい。
顧問の先生は厳しいですが,話がおもしろくて,ずっと話していても飽きない。
大会シーズンは,土日両方とも試合ということもありますが,基本的に週末の練習は土曜。
とにかくよく声を出しています。声が枯れるぐらい声出していきましょう!
部員みんな“個性的”で“おしゃべり”ひと言で表現すれば…おもしろい部員達。
夏休みに,コーチの家でバーベキューをします。
試合の後でグラウンドの整備をするのですが,対戦中学とその整備道具を取り合っちゃうときがおもしろい。
無題

本部校の塾生の中で,もっとも多く所属しているのがサッカー部です。
特に新中3は前からたまにブログでもふれていますが“チームが作れる”11人が在籍しています。
サッカー部はほとんどの中学で,1番か2番目に練習量や試合が多く,夏場も炎天下でプレイするので,体力と精神面とどちらも強いものが求められます。

勉強との両立には相当な努力が必要だと思いますが,実際に桐光で宿題もテストもクリアしながら彼らが頑張っている姿を見ていると“元気があれば何でもできる”のだという気がしてきます。
毎日早く家に帰ることができたり,宿題の無い塾に通っている子のほうが,むしろ時間の使い方が悪いのかもしれません。中3の夏,部活動に区切りがついてから,サッカー部の子達が今まで培ってきた“根性”と“効率的な時間の使い方”が受験勉強に生かされることでしょう。

早速,彼ら先輩たちの言葉をご紹介!
先生から部員みんなで達成してほしいという指示が出ることがあります。
 そのミッションをクリアできたときは嬉しいです。
顧問の先生がたとえ話をしてくれることがありますが,その“たとえ”が上手いのでわかりやすい。
先生は,失敗しても笑ってくれることがあるので,思い切ってプレイできる。
先生は,僕らが失敗した後に必ずアドバイスをくれる。
朝練があります。
土日の練習日は,親の弁当ではなく自分でおにぎりを作って持っていく。
休みはほとんど無いけど,部員みんながフレンドリーで楽しいのでOK。
みんな毎回サッカーノートを書くことになっている。
冬の朝練では持久走でスタミナをつけることがある。
雨の日は屋内練習 腹筋や体幹トレーニング,階段昇降,ストレッチなどをします。
soccer
S0246050

私は宮本武蔵,柳生十兵衛などのいわゆる“剣豪”が大好きなので,
もし中学生時代にタイムワープできたなら,一番入りたい部活は【剣道部】です。
動からの静,静からの動など,攻撃と守りの間や,心の動きが繊細に勝負に絡む部分が魅力的です。
本部校にも,毎年何人かの剣士がいます。
今年は部長も在籍していました。
体育大会では団長も務めたHくんですね!

剣道で勝つには“心・技・体”すべてが必要です。
桐光で成長するために必要なことにつながります。
新中1のみなさん!
剣道部はいかが?

先輩のコメント
上手になっていくと勝てるから楽しい。
でもどれほど上手くなったと思っても,上には上がいるから新たな目標が出来る。
女子の部員が少ないので,レギュラーになるチャンス大!
竹刀でたたかれるけど,ぜんぜん怖くないですよ。
試合で自分の技が決まったときは本当にうれしい!

kendo

静岡県の中学校で,一番部員数が多いのが“卓球部”らしいです。
静岡といえばサッカーのイメージがありますが,じつは卓球部員が多いのです。
私の母親も卓球部でした。
私の父親はボクシング部やラグビー部を転々としていたそうです。
両親とも北海道の出身ですが。

さて,確かに卓球部は多いのかもしれません。
本部校のどの学年にも卓球部はいます。
特に新中2女子の卓球部員たちはにぎやかですね。
新中3の卓球部員は,勉強面でも伸びていきそうで期待が持てます。

ではでは,先輩達の言葉を見ていきましょう。
基本練習を大切にしていけば上手になれます。
初心者でも,レギュラーになれるチャンスがあります。
声を出していくことが大事。
一年生大会でまず力だめしをしよう!試合にはたぶん出られるから大丈夫
先輩と後輩,上下関係がほとんどない。
室内競技です。夏は会場にエアコンがついていることも。
テニスやサッカーのように炎天下で体が疲労する心配がない。
勝てば勝つほど,注目される存在になる!
nittaku
IMG_4198

東部中にも南陽中にもありますね!
ところで
「カルチャー部って何?」
生徒にこんな質問をしちゃったこともあります。
ひとことで言えば…“家庭科の内容を毎日少しだけ仲間とわいわい楽しむ”
意外と長い説明になってしまいましたが,きっとそのイメージで間違いありません。

今年は本部校に2名の中3生がカルチャー部に在籍していたので,
カルチャー部の良いところを教えてもらいました。

小学校の家庭科の授業ではやらないことが出来ます。たとえば,羊毛フェルトとか!
調理実習が年間に何回かあります!(楽しみ~♪)
調理実習のときは,材料の買出しや調理にいたるまで,自分達でやるからやりがいがあります。
運動部はちょっと…でも週1日しか活動しない部活もあれだな…という子にオススメ!
自分が作りたい小物をカタログから選んで作れる!
お話しながら作ったり出来るので,部活内で友達が増えていく。
調理実習は食べることが出来るので最高!
大人になってからも役立つと思うので,ぜひカルチャー部へどうぞ♪
B-30[1]

毎年人気ナンバーワンになりがちなテニス部の紹介です!
本部校にも,毎年何人も在籍してくれています。
夏場日が長い季節は,練習量が多くて日焼けして大変なイメージがありますが,やっぱりラケットを持って,髪を風になびかせながらボールを必死で追いかける姿はかっこいいですよね!
私も中学・高校とテニス部員で,あまりに暑い日は木陰で休んだりもしていましたが,高速サーブを武器に好不調の差が激しいプレイヤーでした。
私の昔話はこの辺にして…
先輩達にテニス部のいいところを聞いてみました。

華麗なイメージがあるかもしれないけど,意外と筋トレもやれます!
顧問の先生がとても熱心です。しかも優しい。
毎日やっていると,テニスがどんどん好きになってくる。
テニスは2人1組でペアになります。コンビネーションが良いと最高!
運動部なので,大きな声で挨拶できると,メンバーや先輩たちとうまくやれると思います。
利き腕の握力が上がります。
仲間は仲間でありライバルです。切磋琢磨して一緒に上手くなりましょう!
中学から始める人が多いので,スポーツはやりたい。でも自信が無い。という人にもオススメ
ポイントを取ったときは本当にうれしい!
ラリーが続くと楽しい。
teno
DSC_9769 - コピー

今回は野球部です。
ふと浮かんだ疑問ですが,野球部って,女子は入れるのでしょうか
今度確かめてみようと思います。
ただ東部中には女子ソフトボール部があるので,野球に興味のある子はひとまずソフト部に入るのかもしれませんね。

現在の中3生の試合を,篠原グラウンドまで応援に行ったときは
素晴らしき“コールド勝ち”でした。
私が行けば毎回コールド勝利になるのでしょうか?
言うなれば私は“勝利の女神”ならぬ”勝利の教師”
来年度はもっと応援にいきましょうか!
って…
来年の中3生・中2生には東部中の野球部がいない…。
寂しすぎるので,新中1のみなさん,野球部に入るのはどうですか?

先輩達の言葉
バッティングマシーンを導入してくれたので,打撃技術がグンと向上する!
先輩はみんなやさしい。
ヒットを打ったとき,自分が主役になったように嬉しい。
ダイビングキャッチしたことありますか?最高ですよ。
投げたり打ったり守ったり,いろいろな技術が上達するのでいいですよ!
baseball
sho


さあ,部活“道”第2弾は,女子バレー部!
現在の中3にも中2にも,そして中1にも桐光本部校で頑張る子達がいます。
そしてさらに増えてきています。
いまでこそ部活の休みがたまにあるようですが,1年前は練習が本当に過酷で,特に今の中3生のみんなはいわゆる“根性”がすごかったと思います。特に合宿ね。
深夜まで続いた合宿のことを書くと,バレー部に興味のある子が引いてしまいそうなので割愛♪
今は大丈夫。練習量はそこそこなので勉強とも両立できます!

では,バレー部の先輩たちからのひとことを紹介!
先生がとても熱心!
練習は大変なこともあるけど,おかげで自分自身が強くなれます。
バレーをやること自体も楽しいけど,バレーを通じて大事なことを学べる!
スパイクやブロックが決まったときはまさに“快感”
きついときは仲間の大切さがわかる。
親がたくさん応援してくれる!
練習も試合も多いので,だらけることがない。
目標に向かってチームで向かっていける
仲間とやるバレーは,勝った時の喜びも負けた時の悔しさも何倍にもなります。
背が高くなくても活躍できます。

私は何試合か応援に行きましたが,バレー部は部員も保護者様たちも本当に熱い!
“団結して勝つこと”がバレーの最高の魅力だと思います。

ちなみに
私も小学生のときにバレーを習っていました。
volley

DSC_0142
DSC_0124

新中1のみなさんは特に必見です!
新しいカテゴリのブログをだけの期間限定でアップします。
題して【部活の楽しさを感じよう! 部活“道”】
桐光本部校で勉強を頑張ってきた先輩たちから,それぞれの部活の特徴や良いところなどを教えてもらいましょう!

今回は“吹奏楽部”
1つ1つの楽器があって,それぞれにおもしろさが違います。興味のある楽器を試してみて!
小学校では扱わない楽器もあります。新たな挑戦ができるね!
大会やイベントで,日頃の練習の成果を発揮できます。
いろんな曲をやれて楽しいよ!
他の文化部よりは練習が多いけど,仲間と一緒に頑張るから大丈夫。
1回1回,本番のたびに達成感や充実感が味わえます。
自分1人だけで吹く“ソロパート”が出来る楽器もあるよ!
suisougaku[1]

このページのトップヘ