桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

2021年04月

個別の受付が始まり、多くのお申込を頂いています。

また、授業の1時間前に来て勉強するのが習慣になってきた生徒もいます。

一方で、まだお子様から「個別を受けたい」と言われていない、というご家庭も少なくありません。

そういった生徒も桐光では集中して学習していますし、授業では質問も出ていますので、決して桐光に行くことに抵抗があるわけではなさそうです。

もう少しで「この個別授業に行きたいんだけど」と声が出てくれると思いますので、我々からも声をかけていきます。

少しずつでも着実に「桐光で勉強する」を当たり前にしていけたらと思っています。

パクチー

写真は、少しずつ大きくなっている本部校のプランターのパクチー(コリアンダー)です。

白いきれいな花が咲きます。

味も、私は好きです。

橋本

個別・自主勉ポイント(通称・Tポイント)の一覧表を校舎に掲示しました。

画像1
ポイント一覧表

いく人かの生徒が友達とポイントを比較し合っていました。

私は,ブログ等でいろいろと勉強のやり方などを書いておりますが,「やり方」をどうのこうの言う前に,そもそも勉強時間・勉強量がたりていなければ何の意味もありません。


といって,自制心だけで勉強量の確保をするのは難しいですよね。

そこで,本部校を利用してほしいわけです。


個別授業を利用してくれてもいいですし,自主勉をするための場所として利用してくれても大いに結構です。

そういう本部校の利用を促すための,見える化・視覚化として この表を作成しました。

周囲に頑張っている友達がいるから自分も頑張る というもの塾に通う1つの意義だと思います。



以下はポイント一覧表についての説明です。

① 個別・自習にきたときには,ポイント一覧表(画像1)の下に置いてある名簿に「その日のポイント」を自分で記入してください。
②名簿を見て,その日の最後に先生たちがポイント一覧表(画像1)にシールを貼ります。
③ポイント数の 決まり は画像2を見てください。

画像2
ポイントのルール


さあ みんな 通常授業以外にも塾に来て一緒に勉強しましょう。





今週から,中1の授業時間帯が変わました。

今までは午後7:10~9:00,今週からは午後7:40~9:50

授業時間も増えたし,終了時刻も遅くなったし,中学に入学したばかりでいろいろな面で疲れているし…

と 心配になりますね。

そのため,この時期に最も気をつかうのは中1生の授業です。

昨日の私の授業でも,クラス全体に向けて話をする時間よりも,一人一人に話しかけていく時間の方を5倍くらい多くしました。

授業形式は全体授業ですけれど,個人個人に声をかけて,何ができているのかいないのかを見てまわりました。

それをふまえて,宿題についても,生徒によって変えております。



この授業時間・終了時刻に少しずつ慣れてもらうため,集中できる時間を少しずつ増やすために,できる限り 気を配ってまいります。



部活との両立,学校の宿題と塾の宿題との両立などに関して,ご相談なさりたい場合は,いつでもお申し付けください。





 こんにちは。

 保護者様とLINEを通じてつながることで,個別授業の申し込み,受付が
簡単にできるようになりました。

 多くの保護者様にご賛同とご協力いただき,保護者様から,個別の申し込
みを連日いただき,大変盛況です。ありがとうございます。

 さて,教師側でも個別授業の時間帯の設定に関しては管理をして,直前の
申し込み以外は個別の当日に個別授業の時間など,連絡差し上げる予定で
おりますが保護者様の方でも,時間教科日程を把握しておいていただけると
お間違えがないと思います。

 また「個別カード」に関しては,事前に発行できる場合と,直前の申し込み
の場合などはタイミング的に個別カードを本人にお渡しできない場合がござ
います。その場合は,個別カードなしでも構いませんので,申し込みされた時
間帯に校舎の方に直接お越しください。

 なお6月の期末テストに向けて,期末テスト対策授業が5月24日(月)より
始まる予定です。

 その時点では個別授業の時間枠わ対策授業の時間枠に移行しますので,個
別授業が基本,受けられなくなります。

 この5月に多くの塾生の方に個別授業に参加いただければと思います。

                                      校舎長  橋本

 

個別授業の受付と同時に、自習を呼びかけています。

個別授業や、通常授業の前に早く来て1時間勉強をする、という生徒や

授業がないから塾で自習をしていく、という生徒が増えてきています。

先週は塾で自習をする生徒が全体の人数の半数近く来る日が3日ありました。

特に中2生と中3生の今度のテストは(単元的に)点数がとりづらいテストになりますので、今の時期は勉強が特に大切な時期になります。

教室は月曜は17:00から、火曜、木曜、金曜は17:30から開いておりますので、ぜひ1時間前に来てみてください。

勉強している人がいます。

橋本

本日(4月19日)の社会の個別は午後5時から6時。

今日やることはインプットの訓練。

勉強に関して覚えるということが重要なのは言うまでもないことです。

と申しますか そこがスタートですよね。



しかし,覚える ということは非常に負荷のかかることです。

そして 人間には忘れるという「 能力」があります。だからこそ生きていけるという側面もあります。

嫌で嫌で仕方がない(なかった)ことを忘れられなかったら身が持ちませんもの。


その負荷がかかること,ある意味で人間の本性に逆らうようなことをやらないといけない。

だから覚えるためには工夫やコツが必要です。

気合いとか根性とか,覚えなければならぬものをひたすら「写経」するとか そういうこととは違った工夫やコツが。


小学校から今まで勉強してきた中で 覚えるための自分なりのコツや工夫が身についていたり 覚えることに慣れていたりする生徒もいますし そうでない生徒もいます。


それゆえ,個別授業で一人一人に合わせて 覚え方のコーチをさせていただくわけです。


私は超能力者ではないので1回だけの個別授業で上記のようなことが身につかないかもしれません。


それでも構いません。何度でもやりますよ。

個別授業を何度お受けになっても授業料は変わりませんし。

ある意味 生徒と私との根比べ(ローマ教皇を見習うのか?そ…それはコンクラーヴェでは…)




〔注 コンクラーヴェ・・・ローマ教皇を投票で選出する手続きのこと。コンクラーベともいう〕




橋本です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

このブログですが、実は更新したお知らせをスマホにお届けすることができます。

スマホで記事を見ていただくと、最後に「LINEで更新通知を受け取る」というボタンがございます。

ブログ登録

そちらでご登録頂くと、本部校ブログを更新した際に、その更新通知をLINEで受け取ることができるようになります。

ぜひご登録ください。

個別の受付やスケジュールなど、新しい情報のご確認にお使いください。

橋本


中学生対象

LINEにて
[個別授業]
を受け付けしていきます。

料金はかかりません。

期末テスト対策が始まるまで
は、個別授業徹底強化期間です。

★個別授業 申し込み方法

下の個別授業の枠から希望教科と日時をお選び下さい。

LINEにて希望教科と日時を送っていただければOKです

※お子様が、直接校舎にて個別カードを教師に渡してもらってもOKです。

●2021本部個別ブログ用3



新緑の季節ですね。植物が元気です。

先日、別の校舎で被子植物の説明をした際に「桜も果実をつくる」と言ったら

「桜に実ができるの?!」

と驚かれました。なかなか意識することはありませんが、昨日、近所の公園で見つけました。
桜の果実2

ちょっとサクランボに似ていますね。
桜の果実

ちょうど、今の時期です。

学校で習う頃にはなくなっている、遠州地方です。

橋本

4/19(月)より、中1生の通常授業

午後7:40~9:50

に変更になります。ご注意ください。

個別授業などの時間帯は、個別にお知らせしている内容から変更はありません。
月曜と金曜の午後7:10~9:00の授業のみ、時間帯が変更になります。

お渡しした予定表などでもご確認いただけます。

校舎は月曜は5:00、火曜、木曜、金曜は5:30から開いておりますので、授業前の自習も引き続き可能です。

明日のブログで、4/26~の個別授業の枠を発表します。

橋本

中1は、今まで中学準備授業を行ってきましたが、

4/26からは、個別授業が始まります。

お子様には、個別授業の申し込み方をお伝えしました。

お子様が直接カードにて申し込む以外に、

保護者様からも個別授業のお申込みもLINEにてできます。

後日、ブログに個別授業の日程を載せますので、

教科と日時をLINEにて、ご連絡頂ければ申し込み完了です。

お子様から直接申し込む場合は、下記をご覧ください。

よろしくお願いいたします。

個別授業の受け方.pdf1もと

 こんにちは。
 
 少し前に,静岡県教育委員会より,令和3年度公立高校入試の平均点が発表され
ました。
入試平均点2021









 赤字で示すのは,難しい教科のベスト2ですが,静岡県の公立高校の入試は上の表に
示す通り,数学のむずかしさが以前から一貫している顕著な特徴です。
 
 2019年度以前の時期は理数ともに難しい問題ですが,最近の理科はさほどでもない
ようです。

 さて,ここで英数の2教科がベスト2になる状況が2年続きました。

 どちらも基礎から積み上げていく教科です。

 声を大にして言いたいのが入試は中学に入ってから,もう始まっている。ということです。

 大げさかもしれませんが,そう考えた方がよさそうです。

 中1に築き上げた基礎の土台の上に中2・中3の内容が積みあがっていくわけですから,
中1が最も大切ということになります。

 中1から志望校を意識して日々学習に取り組んでいくことが大切です。

 中3生になってから入試のことを考えればいい,という考え方は,間違いです。

 塾生たちにもそのことをしっかり伝えていきたいと思います。
 

 

先ほどのブログで4/19(月)5:00~6:00で社会の個別の枠を増やすとお伝えしましたが、
http://honbu.blog.jp/archives/1078923675.html
お同じ時間で中3生の理科の個別枠も増設します。

お子様には本日お伝えします。

あらためて、来週の個別枠になります。
ブログ表

ラインでの申し込みか、各教室にある個別カードをお子様が記入して教師に渡すようお伝えください。

橋本

こんにちは。

 この春,桐光学院本部校では,中学生の各学年の無料補習を3月から始め,
約2か月間通常授業以外の時間を駆使し,精力的に行ってきました。

 生徒たちも一生懸命に頑張りついてきてくれました。効果的な復習ができた
と思っています。保護者様にはご協力いただき我々教師一同,感謝の気持ち
でいっぱいです。ありがとうございます。

 中2,中3は今週いっぱい,新中1は来週いっぱいを持ちまして,春の補習は
終了となります。

 今後はLINEなどでお知らせしているように,個別授業の参加,そして,生徒の
自主勉を呼びかけ,そちらの参加を積極的にお願いするつもりで力を注いでい
きます。

 キーワードは「桐光に出きるだけきて勉強しよう!」です。

 自主勉も,家庭では集中できない,誘惑に負ける,などの場合は積極的に
本部校の自習室をご活用ください。

 通常授業に加えて,個別や自主勉に参加して勉強時間を増やしていく,保
護者様には,さらに送迎などで,ご協力を強いる形となってしまいますが,何
卒,我々の指導方針をご理解いただき,ご協力をお願いします。

 さて,先週,私の担当する,中1の英語補習では,英単語の覚え方,をコーチ
ングしました。中学生にとって英単語を覚えるという勉強は必要不可欠ではあ
りますが,これは何とも面倒くさい,地道な作業です。私も学生時代はかなり
苦労しました。しかしこればかりは避けて通れず,簡単に覚えられるような方
法などありません。生徒自身が自主的に,家庭学習で行っていかなければなり
ません。

 この英単語を覚えるということが英語の学習におけるすべての根本です。

 いいろいろな覚え方がありますが,基本となる覚え方を,実際に個別授業で
コーチングしました。生徒たちは一生懸命に取り組んでくれました。

 学校の方の授業は今いろいろな科目でオリエンテーション的なガイダンスを
しているようです。GWの前あたりから授業は進んでいくと思います。

 桐光学院では特に中学校のなり立ての新中1生に向けた勉強法的なことも,
授業の時間を利用して教師によってガイダンスしていきます。

 学習内容を教えるだけでなく勉強周辺のことも,しっかり面倒を見ていこう,
とうのが「面倒見主義」を掲げる我々の指導です。

 保護者様の方からも大いに頼っていただければ幸いです。

静岡県の公立高校入試における究極奥義,それは先行逃げ切り。

志望校に対して必要とされる内申点に1学期のうちに達し,2学期はそれを落とさないように留意しつつ実力テスト向けの勉強を継続していくというストーリーが理想形。

そんなこたぁ 誰でも知ってるわ!と言われそうですが,わかっていても上記のようなストーリーを描けないのが現実です。


少しでも理想形に近づけるように,新中3生の私の授業は 期末テストのことを考えて進めています。

毎回の授業が期末テスト対策です。

もうすでに,対策問題〔ズバトコ〕を授業内外で解いています。
2B61AC97-D74A-4523-8943-18BF90323986
もちろん,テストの点数だけで内申点が決まるわけではないことを知ってはおりますよ。

しかし,今の私にできる最善の策は期末対策なのです。

だから やります。臨戦態勢です。

対策問題にプラスして昨日のブログ記事に書いたことも当然のごとく実行しています。

昨日のブログ記事←クリックしたら見られます。よろしかったらご覧ください。







このページのトップヘ