桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

2020年08月

中1と中2は8月の末に桐光模試があります。
※塾生のみが対象になります。
模試を受けるにあたって事前に志望校(公立高校)を2つお子様に記入してもらいます。

特に中1は初めて記入することになるので,あらかじめ、お子様と志望校についてお話をしておいて頂けると幸いです。
浜松の公立高校&学科の一覧は以下の通りです。
高校名と学科を記入して頂く形になります。

高校

 こんにちは。

 今までで最も身近にコロナの恐怖を感じて生活するこのごろ。
私の家の近くのジムでもコロナ感染者が出ました。

 私はそのジムにはいきませんが,周辺にコストコやユニクロなどがある場
所でよく買い物にも訪れていましたが,今では怖くていけません!

 今年の受験生,コロナの影響での休校,夏休みは短くなるわ,夏の体験
入学は時期がずれるわ,修学旅行が取りやめになったり,と本当に大変な
状況の中での戦いを強いられています。まさに見えない敵とも戦わなければ
なりません。

 秋冬に,コロナはどうなるのか,不安しかありません。

 終息はいつくるのか,アマビエさんにおすがりするような気持ちです。

IMG_2826

 

 こんにちは。

 子供たちが読む,最もスタンダードな「伝記」といえば,「野口英世」か
発明王「エジソン」ではないでしょうか。

 エジソンは、電球を発明しましたが,発明するために、およそ2万回もの
実験をしてやっと成功したそうです。

 そのエジソン,後にこう言ったそうです。

「私は実験において、失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光
らないという発見を、いままでに2万回してきたのだ。」


 電球を発明するまで失敗の連続ではありましたが,一回一回の実験に意味が
なかったのかというと,それは成功にたどり着くために必要な1回だったと考
えたのだと思います。

 これは勉強や受験,スポーツにも通じる何かを教えてくれているような気が
します。

「負け」や「失敗」は,裏を返すと「勝利や成功に近づくためのもの」という
ことです。

 
 できなかったことや負け,失敗がなければ,勝利や成功に近づけない,こう
考えられればいろんな失敗が受け入れられそうで,この話はどこか勇気ももら
えるいい話だと思いました。

 でも忘れていけないのはエジソンの根本に,成し遂げたいという情熱があった
からに違いないです。

 テストなどでの受け入れがたい失敗もプラスに考えて「夢」を実現しましょう。




 こんにちは。

 例年になく今年は短い夏休み。東部中学校は,特に短い計16日間。
先週末に始まり,もう1週間が過ぎようとしています。お盆明けには,
17日には,2学期が始まるのです。

 中3生の講習も始まって1週間が経ちます。長丁場の講習ではなく,
今年は日程もコンパクトに実施しています。

 「短い期間で成果をあげる」「成果の出る勉強を心がける」
これが東部中受験生の夏のポイントです。

 では一体どうしたらよいのか??

 これは「演習」の教科です。問題練習を徹底的にやることです。

 講習では授業が中心になっていきます。正直なところ,英語を教える
私としては,演習の時間はもっと欲しいところです。

 よく言われているように,知識というものは頭に「インプット」されただけ
では定着しません。それを「アウトプット」=出すことが大切です。

 これが「問題演習」にあたります。この問題演習がインプットされた知識
がモノになります。

 夜の通常授業では,その分「演習」を中心にやっていきますが,家庭で
もこの演習をしっかり意識してください。


 こんにちは。

 中3生は,説明会で伝えたように,自分の「行動」が変わってきて
いるでしょうか?夏期講習が始まって勉強は軌道に乗ってきている
でしょうか?

 勉強法シリーズの第四弾をお届けしましょう。テーマは「記憶」
効率よく憶えるためには以下のの方法を参考にしてください。

 覚える方法・・・「3つのポイント」


繰り返す

 
 記憶は,「短期記憶」憶えても直ぐに消えてしまう。数分長くても数十分以内
            しか保持できない。

     「中期記憶」9時間までの間に保持率が急低下する

     「長期記憶」かなりの期間,記憶が保持

      と段階に分かれます。

     保持できている間に繰り返しを増やすことで保持力がのびていく
     「長期記憶」へつながります。

 

 

書く(筆記記憶法)「手は第2の脳」手を使ってひたすら書く

 

読む(音読記憶法)「書く」に加え五感のうち「聞く」「見る」
             「話す」の四感をフルに動員することで大脳
              をより刺激して確実に覚えることができる。

その他にも,

「貼り紙記憶法」いろいろなところに覚えたいことを書いて貼る。
          それに接触する機会を増やすことで覚えることができ
          る。

「セット」法一つのものを単独で記憶するよりも,いろいろなものを
        セットにして関連付けた方が確実に覚えられる。

         例)英単語では
           usually(たいてい・普通)という
単語単体でおぼえ
           るのではなく,


           usually(たいてい・普通)
           often (しばしば)
           always(いつも)
           sometimes(時々)

           ・置く位置…be動詞のうしろ,一般動詞の前

           …のように,セット(関連付けて一括して)でアタマに入
            れた方が
記憶しやすい。


 いかがでしょうか。私のような中年になると脳は加齢とともにその機能は残念な
 がら低下していきます。一方で,生徒諸君の脳は若い!使えば使うだけ脳の機能
 は活性化されます。よく「覚えられない」と嘆く子もいますが,決してそのよう
 なことはないのです。         

           

 



8/3(月)より受験生の夏期講習が始まっています。

8月はお昼から授業になりますので

講習期間は、メール対応が遅れます。

メールは、桐光学院本部から送信しております。

講習中は昼から授業のためメール対応が遅れます


ご容赦下さい。


なるべく早めにご返信するように致します。


緊急の内容に関しては、

大変お手数ではありますが、お電話での対応をさせてください。


メールの内容は、校舎にて確認できますので、ご安心下さい。

お手数お掛けしますが、

お子様のお名前をメールタイトルにご記入の上、

ご送信くださいますよう、お願い致します。


今週から【塾生限定】中1・中2実力UP講習が始まります。

中1実力UP:8/4(火)午後7:40~10:00
中2実力UP:8/6(木)午後6:20~7:30

ご確認下さい。
週1で通塾のお子様も、すべての実力UP講習にご参加下さい。
講習生はご参加できません。ご承知おき下さい。
実力アップ2020夏生徒配布用

 こんにちは。

 昨日はお忙しい中3「高校入試説明会」にご参加いただき誠にありがとう
ございました。

 私の話の中で,「意識だけではだめで,自分の行動を変えていかなければ
ならない」ことを強調しました。

 本日から夏期講習が始まりますが,いろいろとやることがあるはずです。
まずは行動に出してみることです。

 ひとつ例を挙げれば,最も重要な課題のひとつは,苦手教科の克服です。
これに充分な時間をさけるのはこの夏休みをおいてほかにありません。

「できないところをできるようにしていく」受験勉強はとはこの地道な努力
の積み重ねです。

 苦手科目は今までの勉強において勉強量が圧倒的に不足しているはずです。
つまり苦手と分かっていながら神津位に移せないまま今に至るのではありま
せんか。ですから苦手になってしまったのです。気持ち的には乗らないでし
ょうが,わからなかった分を短期集中で取り戻すことで解ける問題は確実に
増えていきます。


 同じ15点をのばすと考えたとき得意科目と苦手科目で考えれば苦手科目を
克服した方が「伸びしろ」は大きいと思います。

 今日から講習が始まります。

 例えば,教師に毎回質問する,など,講習中にも意識の変わった証拠つまり
行動でしめしてください。

 

こんにちは。数学担当の杉山です。
テスト対策期間中に勢いのあった中1が、脅威の平均点をたたき出しました。
校舎では、自習や追試を頑張る姿がありました。
桐光で勉強した時間が多かった結果だと思います。
これぞ最強の「ステイ桐光」です。

Microsoft Word - ☆本部テスト結果速報

このページのトップヘ