桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

2020年01月

来週の月曜は東部中が代休でお休みです。
故に、東部中の塾生は代休勉強会をします。
中3は基本的に全員参加で、
中2と中1は希望者のみです。

受験に向けて、
学調の悔しさを晴らすため、
学年末テストに向けて、
いろんなモチベーションが集まります。


Microsoft Word - 代休勉強会

中3が年始(1月4日)に受けた標準模試の結果がデータで送られてきました。
いち早く合格判定をしりたいとか、
特別なご希望がございましたら、
メールでお知らせください。

生徒各自に成績表を手渡せるのは、
早くて月曜日になろうかと思います。
と、思いきや、先ほど(12:30)確認したら、
桐光に【個人成績表】が届いていました!

今日授業がある中3Aと、自主勉に来た生徒には今日渡せます。

各高校の志願者数の第二弾現状の人数が、そろそろ判明するタイミングです。
学校でも話題になっているのではないでしょうか。
心のざわつく時期になりましたね。

P1070805_TP_V[1]

明日は、本部校で申し込んだ子たちの漢検の受験日です。
新年が明けてから今まで、
プラス勉強会もしながら頑張ってきました。
正直言ってまだかなり心配な子もいますが、
こういう時の全員合格ほど嬉しいものはありません。
明日のタイムスケジュールはこちらです。

午後4:30 校舎オープン
午後5:45 受験者 全員集合
午後6:00 漢検 開始
午後7:00 漢検 終了


Screenshot_20191205-111329~2

この間、母から言われた言葉を思い出しました。
「すぐ怒る人はね、頭が悪いんだよ」
私の母はたぶん特に教養があるタイプではありませんが、
私がこの歳になっても覚えている言葉が多いのが不思議。
たまに心に沁みます。

また別の話ですが、ある日個別授業に来ていたNさんが、
前に座っていたYさんにこう言っているのが聞こえました。
「〇〇ちゃんは、私と違って頭がいいからね♪」

スーーーーッ
[その時!同期のサクラの主役である北野 桜が、納得できないことを言われた時に発するあの音が、私の脳裏にコダマしました]

頭がいいと言われたYさんは、
学校の宿題も桐光の教材も、
「2回通りやってちゃんと理解したいので」と言って、
1回目を必ずノートにやっている子です。

頭がいいと言われたYさんは、
先週私が教えたばかりの新鮮な内容でも、
少しでもあいまいな理解をしていると思ったら、
すぐに質問に来ます。

頭がいいと言われたYさんは、
友達に「明日桐光に(自主勉しに)来る?」と尋ねられると、
必ず「うん♪」と答えます。

そうです。
Yさんは本当に頭がいい子です。
でも、
Nさんが思う❝頭がいい❞とは違うんですよね。
大人の私でもリスペクトできる勤勉さが彼女の強さ。
やるべきことを充実した時間に出来る。
そんな素養を備えている。

いいです。
非常ーーにいい!


私ももっと賢くなりたい。
そして、
同じように桐光で成長を望んでいる子どもたちに、
Yさんのような子がいること。
Yさんを真似して努力したら、
みんなも今より嬉しい結果につながるかもしれない。
そんな、英語以外の大切なことも伝えていきたいと思うのであります。

IMG-PHOTO-ART--1543285398~2
同期のサクラ

こんにちは。数学担当の杉山です。
静岡県学調の結果を受けて、数学では早急に補習をすべきと思い、本日1/15(水)に中1の補習を行うことにしました。
時間帯は、午後7:40~8:50 または 午後8:50~10:00 です。
※すでにお子様には、個別カードにてそれぞれの時間帯を、お知らせしてあります。
以前のブログにも書きましたが、中1数学内容はとても重要です。
もちろん2月の学年末テストでも同じ範囲で出題が予想されます。
私たち教師は、できる限りの時間で、万全のサポートをしていきます。
勉強 イラスト 1



特進模試も今月末と来月の残り二回を残すのみとなりました。
そこで、その最後の二回は本部校ではなく、
【天竜校】に特進生が半数ほど集まって、
合同で実施することにしました。
やはりライバルたちの姿は見えた方がいい。
入試のような感覚で頑張っておいで!

親御さんにおかれましては、
いつもより少し遠いところまでのご送迎となりますが、
どうかご協力をお願い申し上げます。

★第7回 1月29日(水) 午後6:00~10:00
★第8回 2月15日() 午後1:00~5:00

※会場…どちらも天竜校



・本日の特進模試は本部校で実施しますのでお間違いなく。


IMG-PHOTO-ART--1545211376

絶対合格

またこの時期が来ました。
桐光名物 受験生によるミニ絵馬作りです。
デザインやセリフの細部にはオリジナリティが垣間見えますが、
やはり多くの子が選んだ言葉は【絶対合格】です。

勝負に絶対は無い。
だから受験にも絶対は無い。
勝者がいれば敗者がいる。

そんなことはわかっているけど、
それでも【絶対合格】を願わずにはいられない。
受験生の気持ちはわかります。
でも、本当のところは、その【絶対合格】の思いは誰かに願うものではなく、
自分自身に落とし込むため書いているのです。
「合格にふさわしい自分であり続けるぞ!」
きっとみんなその思いだったでしょう。

来週月曜ぐらいには、また志願者の状況が判明するでしょう。
もうここからは大きな人数の増減はありません。
もしかしたら、50人オーバーかもしれません。
もしかしたら、100人オーバーかもしれません。
もしかしたら、150人オーバーかもしれません。

たとえそうでも、
絶対合格するんですよね?
みなみな、自分でした決意をお忘れなく。
みなみな、ベストを尽くすことを怠りなく。

500_1810
500_1857
BlogPaint

中2・中1の学調結果が気になります。
さきほど親御さんにメールでお伝えしましたが、
中2は特に例年よりも平均点がかなり低そうです。
つきましては、明日以降、本部校中1・中2の学調が心配な子たちのサポートに全力を注ぐことを決意いたしました。クラス全員とか、特に気がかりな子とか、私たち教師の独断で補習に呼んでしまうかもしれませんが、もし親御さんの中に《うちの子はぜひ!》というご希望がございましたら、メールで構いませんのでお知らせください。

c

野球には打順というものありまして、
それぞれに大事な役割があります。
打順云々…という話は、先ほど杉山先生がblogに書いてくれました。
先にそちらをご覧いただく方がよいかもしれません。
参照URL→ http://honbu.blog.jp/archives/1076720378.html

では、私たち教師は何番バッターなのか?
それとも教師は投手(ピッチャー)なのか?
私は共にプレッシャーに立ち向かう、共に難関を乗り越える、共に目標達成を目指す同志として、9番バッターを担っているのではないかと思っています。

9番バッターというのは、全てのバッターの中で一番最後に打順がまわってきます。1番・2番バッターがチャンスを創出しても、8番バッターまでつないできてくれないと、そのチャンスで打席に立つチャンスすらありません。しかも自分が成果を出せずに凡退すると、大いなる期待のかかる1番バッターにつなぐことが出来ず、そこまででチームのチャンスを終わりにしてしまいます。

1番から始まる打者の一巡を受験の戦いの一年ととらえると、今こそ我々教師(9番バッター)が最高の働きをすることで、今年も全員合格を目指す。みんなの目標達成を導く。そして本部校の中3生に関わるご家族・親類・友達・後輩・先輩・近所の人たち、そんな全ての方々に笑顔を提供して、次の一年(1番バッター)につなげていく使命があるのです。

初詣で祈るだけではいけません。
受験生の全員合格に向かって、何を伝えるか、何を与えるか、どう心に寄り添うか、今日も明日も、最高の9番バッターとして何が出来るかを考えていきます。

今日の富士山はきれいに見えます。
まだ見ていない方は、雲がかかる前にぜひご覧ください。

そして今日という一日を、
晴れがましい気持ちで全力で頑張っていきましょう!

15785402777190

こんにちは。数学担当の杉山です。
私と相馬先生は野球が好きで、よく野球の話をします。
タイトルは打順のことです。
ただの打つ順番ではなく、それぞれの打順には「役割」があります。
1、2番は、まず塁に出ることが一番の役割ですので、ヒットやフォアボールを狙います。
3、4番は、得点することが役割ですので、ホームランなどの長打を狙います。
それぞれの役割を果たすことで、チームの勝利に繋がっていきます。

数学の入試問題でも同じように問題を役割に分けることができます。
上位校を目指している子は、いわば3、4番です。
難しい問題でも果敢に挑み、正解というホームランを打たないといけません。
それ以外の子は、いわば1、2番です。
確実に取れる問題を確実に正解するというヒットを重ねる。
数学の入試問題はそれがはっきりと分かれているため、現在それぞれの練習を行っています。
着実に入試に向けたそれぞれの実力をつけていっています。

私と相馬先生がよく見る番組は「球辞苑」と言う番組です。
機会があればご覧下さい。

https://www4.nhk.or.jp/kyujien/
kyuujienn





また今年もこの時期を迎えました。
小6のみなさんも、
もう中学生になる心構えを持って頑張らないと!
そういうことですね。

中学生になるとは?
中学生になると何が変わる?
桐光の中学生はどうやって頑張っている?
部活動は大変?
勉強はもっと大変?
どっちも頑張れる子とそうでない子の差は?
桐光なら大丈夫ですよね?

そんなあらゆる心配を、必ずや希望に転換して差し上げます!
いろいろご都合もあろうかと思いますが、毎年【親子でのご参加】をお願いしておりますので、万障繰り合わせの上、ご参加くださいますよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

日時…2月1日(土) 午後5:00~6:00
持ち物…スリッパ・筆記用具


420a044b[1]

私は小学生の頃、いろいろな習い事といいますか、クラブ活動というか、まぁやはり習い事のようなものですね。今思い返してみると、結構いろいろ経験してきました。
ソフトボール
書道
バレーボール
そろばん
ファンファーレバンド(トランペット)

自分たちが高級ステレオセットに目が眩まなければ、ピアノ教室にも通わせてあげられただろうと、ステレオセットを買ってお金がなくなってしまった両親からそう聞いたことがあります。息子(私)のピアノとステレオを天秤にかけて、ステレオを選択したそうです。
さて
本題に入れずどうでもいいステレオのことなど書いてしまいました。

この間と言ってもおとといぐらいですが、浜松東部中のブログを見ると、給食の写真に【さくらご飯】が写っていました。
「いと懐かしや!」
浜松磐田の給食といえば【さくらご飯】ですよね。
普段は食が細い子でも、さくらご飯の時はもりもり食べられるなんていう素敵な魔法が一か月に一回ぐらいかけられるのです。あの薄味のしょう油飯が美味しいんですよねほんと。休んだ子がいると、余っているさくらご飯の争奪戦まで勃発することも。

ところでみなさん!
なんでさくらご飯が給食のメニューなのかご存知ですか?
しかも日本広しと言えどもこの遠州地方のみです。
このユビキタス時代、いつでもググることができる。Yahoo検索でもいい。そんな時代なのに、なかなかその答えが見つからないから不思議。【諸説】程度の情報ならありますが。

私がファンファーレバンドに所属していたとき、それまでの人生で最も寒い経験をしました。というのも寒い冬に外でパレードをやるというのです。小学生に薄手の衣装を着させて、雪が降るのではないかと思うほどの日に、直立姿勢のまま長時間待たせて、それから演奏しながら歩かせようなんて狂っていますよね。昨今ならすぐ中止にしてくれそうです。
その日は特に寒い日でしかも雨。私が一瞬にして風邪をひくのではないかと、母親がパレードの観客の最前列で心配している顔が印象的でした。
私の担当していた楽器はトランペットといいまして、金属で出来たいわゆる《管楽器》です。直射日光を浴びれば熱くなりますし、寒い日はキンキンに冷えて、その日もまだ幼い私の指先から運動性能を奪っていきました。

もはや演奏の記憶は残っていません。
ただただ寒かった記憶のみ。

でも吹き終わり、今之浦公園でぼけぼけしていた私と仲間たちに、明るい元気な消防隊員さんが声をかけてくれて、寒い体を温めようかという様子で、炊き立てのさくらご飯をご馳走してくれました。この時のさくらご飯ほどありがたかった食事は後にも先にも無かったのではないかと、今でもあらためてそう思うことがあります。

その時わかったのですが、寒空にファンファーレバンドが駆り出された理由は、どうやら消防とか防災関係のイベントだったからだそうです。確かに至る所に優秀賞をとったような上手なポスターが公園内に貼り出してあったような気もします。
そして、さくらご飯のお兄さんが教えてくれました。
『さくらご飯はね、しょう油の味がついているんだけど、このしょう油のおかげで、普通の白いお米よりも長持ちするんだよ。だから、火事とか地震とか災害の時に助かるんだ』と。

東海大地震の脅威に長年苛まれているこの遠州地方にだけ、さくらご飯が小中学校の給食にまで浸透している背景には、こうした災害への備えという意味合いがある。
というのは本当かどうなのか

信じるも信じないも人ぞれぞれ。

私はその当時のお兄さんをずっと信じてきました。

15781209968020

今回本部校で【漢検】を受検する子たちのために、
追加で対策授業を計画しました。

1月9日(木曜) 午後5:00~6:00 ※小6はこの後 通常授業
1月13日(月曜[祝日]) 午後1:00~3:00 ※休憩あり
1月14日(火曜) 午後5:00~6:00 ※小6はこの後 通常授業
1月16日(木曜) 午後5:00~6:00 ※小6はこの後 通常授業

漢検本番は 1月17日(金曜)です!
時間…午後6:00~7:00


Microsoft Word - 新規 Microsoft Word Document

毎年ではないですけれど,

↓これを買って目を通しています。自分の担当科目以外も。
1C28BDC0-CA16-4D45-8618-BCCFD602AF5F


だいぶ前に他県の国語の入試問題で出題された古典のお話を…

どこかでその文章に遭遇することがあるかもしれませんし。


『宇治拾遺物語』より  
嵯峨天皇(さがてんのう)の時代に小野篁(おの の たかむら)という人がいた。
内裏(だいり・皇居のこと)に札が立てかけられていて“無悪善”と書かれていた。
帝「この“無悪善”という字を読め(帝=嵯峨天皇のこと)
篁「読めますけど,怒らないでくださいね」
帝「いいから,読め」
篁「『さが なくて よからん』と読みます」
悪(さが),嵯峨天皇(さが)が,ないことを祈る意味になってしまいますので,帝はお怒りになります。
帝「こんなことを書けるのはおまえの他にはあるまい」
篁「違いますって。だから『怒らないで』って言ったのに」
帝「では,書いたものなら何でも読めるのだな」
篁「なんでも読めますよ」
帝は“子子子 子子子 子子子 子子子”とお書きになって篁に「読め」と仰った。
篁「ねこのこ こねこ ししのこ こじし」
帝はにっこり微笑まれ,篁は罰せられることなく終わった。


今年の干支は子(ね)ということで,このお話を思い出しました。


今日から
中3は【本気部】がスタート。
小学生と中1・中2は冬期講習】のリスタートです。

受験生たちの宿題の量も教科も、自主勉の時間も全て統制してやってきましたが、ここからは志望校別に個人に合わせて勉強の強度を適切なものにしていきます。
第一志望の高校に対して、学力・内申点ともに心配がある子は毎日がスペシャルです。
私立高校で受験科目が3教科に限られている子は、その教科に絞って勉強するのも上策です。
学校が終わるや否や桐光にダッシュで駆けつける子もいます。
軽食を持参して夜10時までずっと滞在する子もいます。
もはや私たち桐光教師は、自分の家族よりも受験生といる時間の方が長くなるかもしれない。そんな時期を迎えたのです。

私立高校入試まであと一か月。
公立高校入試まであと二か月。
今の中2が受験生と呼ばれるまであと三か月。


15780344943540
15780273894310

このページのトップヘ