桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

2019年12月

こんにちは。数学担当の杉山です。
現在、中3数学の通常授業では、年内に中3内容を終わらせるために授業を予習で進めています。
1月からは、徹底した入試対策を行っていきます。
ただ、特進レベルで入試問題に対応するためには、通常授業だけでは足りません。
そのため、すでに先週からスタートしていますが、毎週水曜日は特進数学を行っています。
入試問題にチャレンジしてもらっていますが、なかなか苦戦しています。
同じ入試問題はもう出題されませんが、入試問題を通じて教えたい知識はたくさんあります。
この知識を定着していくことが大切です。
今は、苦戦してもらって構いません。これから、たくましく成長してもらいます。
本部校の数学は、私とMr.ウェンズデーの協力タッグで行っていきます。
稲垣先生





桐光本部校でも、中3の進路面談を実施していきます。
現状の学力、そして本人と親御さんの意思を尊重しつつ高校入試の受験校を決めていきます。志望校(受験高校)をはっきり決められないと、この冬にちゃんとした目標を定めて頑張ることが出来ず、なんとなくふわふわした気持ちで時間を無駄にしてしまい、ライバルたちとの戦いに不利になる場合があります。

桐光には、普遍の傾向や近年の傾向も含め、それらを客観的に判断するデータを保持しています。進路指導に大事なことは、間違いのないデータをお見せして、後悔の無い進路選択を生徒が出来るように導くことです。私はそのことを常に念頭に置いています。
この間ある塾生に聞いたのですが、いまだに『浜松の子が磐田の高校を受験するのは不利だ』などと言っている先生もいるそうです。そういう都市伝説でも、学校の先生から聞けば説得力のある情報になってしまいますよね。こわいこわい。

私からは、桐光で行う面談を、中学での面談の後に実施するのを提案する場合が多いですが、もし学校面談の前に不安を取り除いておきたいという親御さんは、遠慮なくその旨をお伝えください。電話相談ならいつでも大丈夫ですが、(学校面談の前に)面談を希望される場合は。できるだけ早くお知らせください。

IMG-PHOTO-ART--303925152~2

中3の入試講習が週末から始まります。
すでに日程は渡っているはずですが、
教科が記載されていなかったので、
毎回どの教科の授業をするか明記したものを載せます。
本部校の各教室にも貼ってあります。

教科により回数が違う場合がありますが、
その分は多めに宿題にして出すなど、
どの教科も頑張れるように導いていきます。

中3講習

日曜日に,長時間の勉強をしてみました。

受験生の気持ちを味わうために。

自分の担当科目だと,勉強ではなく仕事になってしまう。

担当科目以外の教科の大学入試用のテキストを解きました。

(50分勉強+5分休憩)×12セット

600分=10時間ほど。

暇やな。


その中で,勉強のやり方(問題演習の仕方)について,

しみじみと感じたことがありました。

以下 具体的に書きます。


1 解くか解かないかを すぐに決める(即断即決)
時間がもったいない。パッと見て解けそうならばチャレンジ。少し考えて手がつかないもの,解くための方針が頭にうかばないものは とばす(もちろん,最低限 いろいろ試したり書いたりした後でとばす)。決められた時間内にできるだけ多くの問題を解く。

2 とばす問題が多い分野はインプットのやり直し
何年ぶりに解くのや?という分野もあって,とばしまくりのページもあった。そういうときには参考書等を使ってインプットのやり直しをした。皆さんも,そのページの半分以上の問題が とばし になっている場合は,教科書等を読んでインプットのやり直しをしよう。そうしないとせっかくの問題演習が作業になってしまう。

3 問題集の1ページが終わったら答え合わせ
複数ページ進めた後で答え合わせをすると,最初のほうのページで,自分は この問題を どのように考えたか という記憶が薄れてしまう。だから,1ページごとに答え合わせ。

4 問題を分類する
A・・・正解。模範解答を見たら考え方も合っていた。
B・・・正解。実は何となく解いた。勘でやった。たまたま。まぐれ。
C・・・不正解。考え方は合っていたがミスした。答え方を間違えていた。
D・・・不正解。考え方が違っていた。全くの見当はずれ。
Bが危ない。できた気になっている。テスト本番で似たような問題が出た時に,自分の頭の上に神が降りたってくれる可能性は低い。

5 黒歴史ノートの活用
黒歴史ノート・・・こちらのブログに書きました(クリックすると記事を読めます)→北浜校ブログ

6 休憩後の勉強の最初は前の時間の見直し
どんなにすごいアスリートでも,いきなりトップスピードを出せるわけがない。準備運動をしないといけない。だから勉強時間の最初に,前の時間の見直し(黒歴史ノートの見直し)をして,「準備運動」をする。記憶の定着 という面でも役に立つ。

7 「やる気」というものは存在しない
基本的に面倒なことは大嫌いです。休みの日には布団から出たくないくらいです。が,1日10時間ほど勉強できました(大学受験の時にやっときゃよかったね)。前にも書きましたが,「やる気」などという物質は存在しません。やり始めた人にのみ,「やる気のようなもの」が出てくる。ただそれだけです。



さて、今日(月曜)と明日(火曜)で、
小5以下の小学生はクリスマス工作をします
(小6は木曜日)
毎年この時期になると、
中学生がこのイベントをうらやましがるのですが、
中学生は県学調や桐光模試、高校受験が近づいているのですから、
お楽しみは無しで当然です。
小5以下の小学生はいつも午後6時から授業ですが、
今日は30分早めに来てもらえると助かります。
楽しく工作をして、授業でまた集中して、学力も向上させましょう!


15750252292331

こんにちは。算数・数学担当の杉山です。
いよいよ本日12/5(木)は,計算・算数の小6定期テストです。
そして,毎回恒例となっている直前勉強会を行います。

小6定期テスト
直前勉強会

12/5(木)午後5:30開始


この直前の勉強会が,一番みんなが輝いて見えます。
そして,一番の集中力を見せてくれます。
これで最後の定期テストです。
毎回ブログに書いている気がしますが,やはり1位を取ってもらいたいです。
この1位というのは,本部校クラスとしての1位,そして,毎回上位に入ってくれる塾生の初1位。
最後に誇らしい成績で,中学生になってもらいたいです。
Microsoft Word - 2019第4回 お知らせ

昨日、小学生のクリスマス工作の練習をしました。小学生たちに喜んでもらえるように、勉強以外のことでも、私たちは万全を期しています。
特に笠井校と芝本校で理科の指導を担当している透馬(とおま)先生は、私とは違って『こりゃあ、何回も練習しないとまずいよ~!!!』と、自主練習までやりそうなほどやる気満々でした。では私はそれほどやる気を前面に出していないのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは大丈夫です。私は透馬先生よりも相当指先が器用…いや透馬先生の不器用さが群を抜いているのかもしれませんが、私は一度練習すればちゃんとできるのでご心配なく。
小6の工作も、小5以下の工作も、準備は万端、整っています。

小6の方は桐光に通っていない子も参加出来ます。
最初の60分で工作、残り30分はクリスマス英語の時間になる予定です。
ひたすら楽しい授業も、たまにはいいですよね(^-^)
桐光の塾生とお友達だよ!とか、
家が近いから参加しちゃおうかな!とか、
何か楽しそうと聞いたらいても立ってもいられないという小6は、遠慮なく参加申込してください。
待ってます

JPEG本部
Inked52d41c84[1]_LI

パワースポット・パワーストーン・霊場
これらは全部私が好きなものです。
みなさんが知っている神社のナンバーワン、そしてここぞという時に行きたくなる神社のナンバーワンはといえば、やはり伊勢神宮ということになろうかと思いますが、私の中ではちょっと違います。神社を詣でるのっって、結構体力が要るんですよね。敷地が広大すぎたり、人が多すぎたり、行くまでが遠かったりと。それ故、私は【ご利益・パワー・距離・風情・歴史】全てを兼ねそろえたある神社がだんだん好きになっていきました。
それがここです。

事任八幡宮(掛川市)
❝ことのまま はちまんぐう❞と読みます。
静岡県全体として見ても、有数のパワースポットで、少し感覚が鋭い人だと、表皮がザワワと反応するそうです。
しかも敷地はさほど広くなくて、土日でも、特に午前中は人がまばらという日も多いのです。先日訪れた時は、銀杏(いちょう)が落葉して素晴らしい風情を醸し出していました。
初詣など節目には多くの参拝客で賑わいますが、こういう四季折々の美を知っている人はまだ多くないのかもしれません。
(急いで行けば銀杏の絨毯をまだ見られるかもしれません)

そして、ただでさえお気に入りの場所だったのに、二年前の私の誕生日に、カフェが出来てしまったのです!その名も【言の葉の杜 CAFE】 
ネットに公表されているよりも早く営業開始している日もあったりするので、詣でた時はとりあえず寄ってみるのをオススメします。私がこの日飲んだのは『はぁと麦オレ』です。

しかしそもそも皆さんは❝はぁと麦茶❞をご存知でしょうか?竜洋校の隠れ家ごはんで紹介した《(うどん)ことひら》ではなんと無料で飲めちゃう地場産の麦茶で、言の葉の杜カフェでは、この麦茶をミルクで淹れた茶オレもいただけます。
参照URL→ http://ryuyo.blog.jp/archives/cat_1265223.html
鑑定士というか占い師のような人も店先にいらっしゃるので、特に女子には楽しさ割り増しな場所になるでしょうし、人生に迷い始めたおじさんにも良いかもしれません。

なぜここへ来たか?
受験生の合格祈願?
違います。
古い思い出に再会するためでした。

今年度の受験生のために、
合格祈願をどこでするかということはもう決めています。
私が初めて合格祈願をお願いする場所です。

15751665269931~2
15751665270433
15751665271025
15751665271316
15751665269140~2
15751665270142
15751665270694

先週の授業で中3生に希望を取った社会の補習。

教科書内容の暗記大会を実施する予定。


受験では,五 科 目 合 計が重要で

社会は もうええわ,という生徒もいるので

希望制という形にしています。


公立高校入試で,教科書内容から逸脱した問題は 出 な い(当たり前)

だから,教科書の内容を最初からやり直す。

といっても,膨大な量になってしまうので,こちらで何を覚えるべきか選択。

流れもつながりもなく,語句のみを単品で覚えるような暗記方法は

実力テストで役に立たない。

だから,こちらで流れやつながりを話し

流れやつながりごと覚えてもらう。


インプットした内容を補強するために,簡単なアウトプットの時間も設ける。

本当にインプットできているのか,理解できているのかの確認になるので。

自宅等で すき間時間に,授業内容を振り返るとさらによい。

というか,やれ。

次回の授業で確認する。


「簡単なアウトプット」だけでは点数につながりにくい。

本当の意味でのアウトプットは問題演習。

そのための入試テキスト。

いろいろなタイプの問題を解いて問題に慣れていく

暗記大会で覚えたことを利用して。




昨日のブログで、これから受験生が何を頑張ればいいか、スペシャル教材のことをお伝えしましたが、今度はハード面ですね。本部校で受験生たちが集って超集中して勉強しまくる環境を整えます。そのスケジュールはこちら!
エヴリデイ桐光ですね。
ライバル塾の子たちに、まず勉強量で勝ちましょう。
桐光塾生の間でもライバル関係にある子もいます。

差が付くのは質問の量です。
差が付くのは質問の質です。
差が付くのは土日の起床時間です。
差が付くのは土日の勉強量です。

差を付けた子が勝ちます。
差を付けられた子は危険です。

入試に意外な結末は用意されていません。
当然の結果だけが、ただそこに現れるのです。
その当然の結果として、本部校はここ2年連続全員合格でした。
今年はどうでしょうか。

本部校★2019     中3猛BEN

中3受験生には、各中学で最初の進路希望調査の結果が伝えられているようで、本部校の保護者様からも、いろいろ問い合わせをいただいております。その中で最も多く、また心配されていることは、【選抜第一段階を突破するための内申点のボーダー】と【志願倍率の推移】についてです。ちょっとここには書けない、書ききれないという側面がございますので、私と桐光学院が持つ的確な情報をお知りになりたい方は、まずメールで構いませんのでお知らせください。ちなみに、受験生のみならず、桐光塾生であれば、どの学年の生徒・保護者様にもお伝え出来ますので遠慮なくどうぞ。

中3は明日にも県学調の結果が判明しだすと思いますが、受験生にはもう次を見据えてもらわないと困ります。内申点に対する努力する期間を過ぎたのですから、これからは学力を磨く以外になすべきことはありません。

今週から桐光学院最後の秘密兵器【入試テキスト】で頑張ってもらいます。この教材は生徒各自の各教科の習熟度に応じて作成したものを選んで渡していきます。特進コースなどは発展的な、内申30前後の戦いに挑む子には基本の徹底が出来るものを。

猛勉の日々がまた始まります。
桐光生は全速力で突っ走っていきましょう!


15750254349180


このページのトップヘ