2018年12月

2018年12月31日

勉強の心のトリセツ

そうそう。
本を1冊買いました。
とりあえず、本部校のライブラリに置きます。
でも、校舎のライブラリは、読む子と読まない子とにはっきり分かれるので、私がおもしろいというか、ためになりそうだと思った内容は、このブログでも紹介していこうと思います。

私たちは、生徒の成績を上げるのが仕事ですが。
相手あってのものなので、これをすれば絶対とか、何時間やれば大丈夫というものがありません。昨年うまくいった指導でも今年失敗することはありますし、誰もが同じ方法で効果をあげたのに、ある生徒にだけ効果無し。そういうこともあります。
学習指導のいろいろな側面の中でことさら難しいのは、
その子の気持ちを上げること。

この本に【勉強の気分が乗らない時は?】というページがあったので、私の経験や私的見地を含めながら紹介していこうと思います。

①新しいアイテム(文房具)で気分を上げる
これはどうでしょう?私や大田先生のように、文房具が元々大好きで、ミスター文具などでこだわりの文房具を探しているうち、ビックリするほど時間が経っているというタイプの人には効果的ですね。万年筆を買いに来たのに、ふと小学生の誕生日カード用のキラキラシールのコーナーが目に留まり、女子小学生に交じっていい歳した大人がシールコーナーで必死に物色してしまうという桐光教師あるあるな状況もたまにあります。
この方法の注意すべき点は、お金の無駄遣いになるかもしれないということ。それなので、できれば今ちょうど子どもたちはお年玉をもらうタイミングですから、自分が使えるお金で気に入った文房具を買うのがベストでしょうね。

②勉強する場所を変える
これは私も良いと思います。いつも自分の部屋でやっている子はダイニングで親御さんのいるところでやってみるとか、また逆に普段ダイニングでテレビのあるところで勉強している子は、兄弟姉妹の部屋や自分の部屋、あるいはお父さんの書斎を占領してみるのも一案です。かわいい我が子の勉強のためなら、きっとその聖域を譲ってくれるでしょう。
そして「家にいると、なんだか勉強に集中できない」
そういう子は多いでしょうね。
今は桐光の授業がお休みなので、特にそう思うのでしょう。
サイゼリアなどレストランでの勉強は中学校で禁止と言われているらしいので、図書館や勤勉なお友達の家に行くとか、家族がどこかに出掛けて留守番をしている時に、今がチャンスと勉強に集中できるか試してみるのがよいかもしれません。

ハンマー投げで世界一だった室伏さんが、かつてこう言っていました。
「鍛えている過程では【飽き】が大敵です。少しでも新しい刺激を感じられるように、いつもと違う方法を常に探しています」と。

私がコメダ珈琲で物思いにふけったり、
英語や指導法の勉強をするのが好きなのは、
長らくブログを見てくれている親御さんならご存知ですね。
家にいると、テレビやスマホを無為に見てしまって、
なかなか有意義な時間を過ごせないからです。
やはり勉強に限らず、環境というのは大事ですね。

今年も年始に二回ほどコメダに行くと思います。
(領家店よりも原島店の方が高確率)
偶然出会って声をかけていただければ。
今年ももれなくシロノワールをそちらのテーブルへお届けします。
一緒にいる方々とお楽しみください。

15462327641300~2
cam47[1]
117043_komeda_01[1]


オワリはじまり

今年最後の日がやってきました。
無事に新年を迎えられそうです。
塾生の親御さん、塾生のみなさん、同僚の桐光教師、事務員のお二人、時に聞こえてしまう小中学生の喚声にも理解を示してくださっている近隣住民の皆さま、寒風にさらされながらも元気に咲いている花たち、すべてに感謝いたします。

毎日一日の価値は変わらないのに、
なぜか大晦日だけ一年を振り返ってしまいます。
なんだかそうすることが義務なのかとさえ思うほどに。

一年いろいろなことがありましたが、
今は、先週講習で来てくれている子との会話が脳裏に焼き付いています。

私「その某大手塾とうち(桐光)と、どういう違いを感じた?」
★「桐光の生徒の方が授業中まじめです。先生も教えることに真剣です。」

ありがとう…
もうそれだけで他に何もいりません。
この一年も、たくさんの喜びと、たくさんのイライラと、たくさんの心配と、たくさんの驚きに満ちていましたが、この言葉を聞けたらもう大丈夫。除夜の鐘で煩悩を払う必要さえ無いでしょう。

わかる人にはわかるんです。
これからも、お互い信頼し合える人たちと歩んでいきたい。
その関係が広がりを見せてくれますよう。

最後に
聞く度に魂を揺さぶられるほど感動する大好きな歌を紹介します。
かりゆし58 《オワリはじまり》

https://www.youtube.com/watch?v=Vb50GwvHH14&index=4&t=0s&list=PLcZ4gjJbDxAgf3pYJpe5y8b3qNzyrQBzm

15461453874440
IMG-PHOTO-ART--35419401~2


homb at 09:00|Permalinkその他 

2018年12月30日

1年生になった~ら~♪

新中1説明会を2月3日(日曜)に開催します。
その時は、中学生になってからの桐光や学校生活との兼ね合いや高校のことを、できるだけわかりやすくお伝えします。親子での参加をお願いすることになります。

それに先駆けまして、
毎年このことをブログに書いてきました。
そうです。
中学生にピッタリな英語の辞書はどれだ?
ということです。

私は一貫して《ジュニアアンカー英和辞典》を推してきましたが、
今回はすこしだけ変えました。
《ジュニアアンカー英和・和英辞典》です。
和英も一緒になっているもの推しです。
英和辞典を使うことの方が多いと思いますが、
和英辞典の方が見ていて楽しい時期もあります。
「あ、これって、英語でこう言うんだね」
「英語で何て言うのか知りたいよ」みたいな。


それにいつのまにか、ディズニーバージョンも出ていました。
(もちろん英和辞典用のCD付き)
普通の緑色のものもありますが、値段は100円しか違いません。
ディズニーの著作権を結構リーズナブルに獲得できたようですね。

新中1に限らず、新小6や新中2でさえ、英語の辞書が身の回りにないようなら、3学期が始まるまでに買いそろえておくのも良いと思います。

7f57b5db[1]
94040351[1]


homb at 13:40|Permalink小学生 

2018年12月28日

減り続けている

中3特進模試の採点をしています。
何度も同じミスを繰り返していたり、
いまだに弱点が改善していかないのを見ていると、
最後までこのままなんじゃないか?
という気持ちがふと首をもたげてきます。

全力で頑張るとはどういうことか?

難しい問題に愚痴っている受験生
休日に朝8時以降まで寝ている受験生
休憩を楽しみにしすぎている受験生
家で一人では勉強がはかどらない受験生
苦手な教科だから…と言い訳をする受験生


彼ら彼女らには、まだ本気の意味が分かっていないかもしれません。
ここから本当の成長曲線を描きたい受験生に一番必要なのは、良い言葉でも膨大な時間でもありません。己の覚悟です。たとえば公立高校受験の3日前、3月2日頃、みんなきっと必死で勉強しているでしょうね。さすがに遊んでいる子はいないでしょう。でも今は3月2日じゃないから、まだ時間があるから焦りが無いのでしょう?

でも本当は気づいていますよね、受験生のみなさん?

毎日、寝て起きるたびに、
受験までに成長できるチャンス(時間)が減っていることを。
日々あらゆる【きっかけ】に出会います。
凡人にはただの数多あるきっかけに過ぎなくても、
桐光生なんだから、その幾つかは【チャンス】に変えようぜ!

果報は寝て待てって?
受験戦争において、それは敗者のたわごと。

04a925ff[1]



homb at 14:50|Permalink中学生 

2018年12月27日

味方なんだから

中3の受験校がほぼ固まりつつあります。
でも毎年、志願者数の多さや偏差値がやや足りないことで心配になったり、あるいは自分が本当にやりたいことを重視して決めたいと思うようになったりして、受験校を悩んだり、やっぱり…と言って目標を変更する子もいます。
受験校を変更するのは悪いことではありません。
何か負い目を感じやすい子もいるので心配ですが、
よく考えての結論なので、むしろ勇気があると思います。
ただ、すぐにお知らせください。
どの高校を選ぶにしても、その子と受験校との間には【合格ライン】という線が一本引かれています。そのラインを突破するには相応の勉強や努力、そして覚悟が必要だからです。

私たち教師と塾生
塾生と親御さん
私たち教師と親御さん

みんなお互いが味方ですよね?
そうですよね?
じゃあ大丈夫でしょう。

IMG-PHOTO-ART--308553571


homb at 12:00|Permalink中学生 

Don't feel. Think !(大田)

ブルース・リーの有名な言葉。
「Don't think. Feel !」(考えるな。感じるんだ)をひっくり返してみました。

授業をやっていて一番怖いのは,丸暗記されること。
もちろん,覚えなければいけない事項はたくさんあるのはわかっています。
しかし,自分で考えることなく頭に入れたものはすぐに忘れてしまう。
また,丸暗記したものは応用が利かずに記述問題などに対応するのが難しい。

だから,なんとなく感じるのではなく,しっかりと考えてほしい」

火曜日と水曜日の中3の社会は,経済についての内容。金融政策,財政政策,為替(円高・円安)について。
私が話したことを本当に理解できているのか,覚えたのか ということを確かめるために,授業中に小テストを実施。

これだけでは,まだ不安。丸暗記の短期記憶かもしれないので。
本当に理解できているかチェックするのには,内容を他人へ説明できるかどうか で判断するのが一番よい。しかしながら,授業中,生徒を指名して順番に説明してもらうのには時間が足りない。

そこで...「この列の人は,不況時の金融政策について,理由とともに右隣の人に説明してみよう。その後,好況時の金融政策について,立場を入れかえて説明。」

自分自身が聖徳太子ではないことを忘れていました。さすがに全員分は聞き取れませんでした。

ただ,相手のいるいないにかかわらず,学習した内容を他人に説明するつもりで振り返ることは,勉強をしていく上で,非常に重要で役に立つことです。



homb at 11:00|Permalink

2018年12月26日

歴史 順番並べ替え問題(大田)

水曜日の受験対策社会。いろいろ考え,教材を変更することにしました。
3bfa2f06

順番並べ替えの問題を作成。
わたしの考えで作成すると かたよりが出るかもしれませんので,各都道府県入試の過去問数年分を調べて作成しました。

この問題が苦手 という声をよく聞きますので,これを授業で扱うことにしました。また,この形式のほうが効率がいいかもしれない と考えたのも,教材を作成した理由です。
一問一問,選択肢の一つ一つについて解説しながら,また生徒に聞きながら進めていきます。

特進生は,本日は特進模試がありますので,この授業が受けられません。そのため,本日の授業で私が話すことや問題のポイント,覚え方のゴロを解答に付け加えて特進生には渡します。

問題を作成するよりも,解答解説を作成するほうに数倍 時間がかかりました。
All I want for Christmas is 教材作成機.




homb at 13:53|Permalink中学生 

2018年12月25日

中3 テスト日程

中3は、特に特進コースの子は、
今月から来月にかけて模試という名のテストが山盛り。
その日程をご確認ください。

12/26(水) 特進模試 午後6:00~10:00
1/5(土)  新標準模試(中3全員) 午後0:30~4:15
1/9(水)  特進模試 午後6:00~10:00
1/16(水) 特進模試
午後6:00~10:00
1/26(土) 新標準模試(中3全員) 午後0:30~4:15
1/30(水) 特進模試
午後6:00~10:00

IMG-PHOTO-ART--555353072




homb at 10:00|Permalink中学生 

2018年12月24日

まったりしている暇はない!

今まで週末だけだった講習も、
学校が休みなので今週はたくさんあります。
間違えないように来て、毎日頑張ってくださいね!
ほんぶ-001



homb at 13:50|Permalink中学生 

年内は午後3時~

午後3時~自習できます。
中3は講習(午後1時~)がある日もありますが、
無い日も3時以降ならOKです。
中1・中2も来てOKです。

NIK_2012


homb at 13:20|Permalinkその他 | 中学生

2018年12月22日

珠玉の時間のムダ使い

「明日(午後)2時に勉強しに行っていいですか?」
学校は昨日終業式でしたね。
桐光では受験生の勉強会なども特に指示していませんでしたが、
ある受験生が前日にこう尋ねてきました。

「きりのいいところなので(勉強を)終わります」
これまた違う子が、予定時刻の5分前に自主勉を切り上げた時の言葉です。

学調が終わったので、今日は自主勉をお休みしました」
これもまた先日中3のだれかが言った言葉。

出来るだけ勉強に集中した環境に身を置き、
《寸暇も惜しんで勉強しないといけない》
《目標達成のために全力で頑張ろう》
そういう自覚がある子は行動に現れます。
私たち桐光教師は夕方以降、様々な学年の指導にあたっているので、受験生たちが私たちに質問するにはそのタイミングと時間を見計らうのが難しいのです。先生にちょっとでも空きがありそうだと見るやすぐに「先生今いいですか?」「採点してもらっていいですか?」と声をかけてくる受験生がいる一方、こちらから声をかけない限り、独自の採点で済ませていたり、本当は理解していないのに理解したつもりで進めている子もまだいるでしょう。質問したり、解き直しをするのには時間がかかりますから。いわゆる面倒くさいというやつですね。
だから、
やるべきことを出来るだけ減らしたいと思う子は、
指示された内容にさえも縮小解釈を加え、
❝自分のルール❞という大義のもと、すべき行動を減らすのが得意になっていきます。

受験勉強に無いのはフライングだけではありません。
本来、
その子が勝手にかける心のブレーキが無ければ、
可能性(希望)を拡げる努力にも限界は無いのです。

もうかれこれ15回も高校入試の合否を、
受験生それぞれの悲喜交々を目の当たりにしましたが、
合格発表のときに号泣している子の、
うれし涙と悲しい涙の区別はつきません。
遠目に見ているだけでは、どっちだかわからないのです。
きっと、
合格と不合格の点数の差も、同様にほとんど無いのだと思います。
それほど微妙な合否の差を分かつのは、
こういう心のブレーキを何度、何時間かけたかかけなかったかということが影響するのです。ちょっと合格は厳しいかなと思う子で合格した子は、みんな私が尊敬したくなるほど頑張っていました。

桐光の時間割はあくまでも桐光の授業の区切り。
受験生にはもともと《合格までの時間の区切り》など無いのです。
だから土日だって朝から勉強できるし、夜も何時までやるのも自由。
桐光の授業の前、早く着いたら勉強して授業を待つこともできます。
桐光の授業の後、計画的居残りで自主勉もする自由もあります。

志望校合格に必要な偏差値に、
今の実力(学力)がまだ足りていない子はたくさんいます。
やる気があれば、時間もやるべきこともまだ作り出せるはず。

やるべきことに本気!
そういう受験生には、私の本気を2倍にしてサポートしてあげます。


IMG-PHOTO-ART--736367093



homb at 13:40|Permalink中学生 

2018年12月20日

惜しくも(杉山)

こんにちは。算数・数学担当の杉山です。
すでに,先日行われた第4回小6定期テストの結果が郵送されています。
ご自宅にて,結果を確認して頂けたらと思います。
本部校の結果は,

国語1位

と,素晴らしい結果でした。
惜しくも算数の3連覇は逃してしまいましたが,
テストに向けての取り組む姿勢を見て,安心しました。
勉強会の始まる時間よりも早く来て勉強する子。
分からない所はしっかり質問する子。
テストで,1点でも多く取るために頑張ってくれました。
これなら,中学校に行っても大丈夫,と感じさせてくれました。
これからも一緒に頑張っていきましょう。
帳票_4教科校舎順位一覧.xls2





homb at 17:00|Permalink小学生 

Here We Go

さあ!
今日から小学生と中1・中2の冬期学調講習が始まります。
準備は万端整っています。
あとは生徒を迎えるのみ!
花も新しいのを植えました。
腰がちょっと痛くなりました!
この痛みさえも心地よいです。

最高に充実した冬期講習にしましょう!

354a0b70[1]


homb at 15:40|Permalink中学生 | 小学生

2018年12月19日

賢者の贈り物(大田)

クリスマスが近くなってきて思い出すのが,高校のときの宿題。
入学してすぐに,英語の本を渡され,2週間で訳してくるように言われた。

そのときに渡されたのが,「O.Henry短編集」
その短編集の中にあったのが,「The Gift of the Magi (賢者の贈り物)」というお話。

Magiは「マギ」でも「マジ」でもなく,「メイジャイ」と発音し,賢者・東方の聖者のことを意味する。

クリスマスのプレゼント交換をする若夫婦の話ですが,高校のときに訳しながら,このお話に感動しました。日本語版も出ていますから読んでみるといいかもしれません。私はこの作品を読んで,心が洗われるような心地がしました。


ところで,現在,午後2時からの勉強会を行っています。入試講習用の宿題テキストの進みが速い。科目によっては,終了した生徒もいます。
幸か不幸か,わたしには,クリスマスのプレゼント交換をする相手がおりませんので,受験生の皆さんにプレゼントをします。私は賢者ではありませんが...

社会の宿題テキストが終わった生徒には,自宅勉強用の問題をプレゼント。
マジ?」という声が聞こえてきそうですが,
「入試に向けて問題演習の分量を増やしていかないと,だメイジャイ



homb at 13:43|Permalinkその他 

2018年12月18日

踏ん張っていきましょうねぇ!

今日から《1月スケジュール》と《本部校通信~師走~》を配布します。
通信に中3生の夏以降の偏差値アップのランキングを載せます。
(各教科及び5教科合計の上位10人のみ)

そのデータ作りをしていて思ったのですが、
私の指導担当である英語について、
❝偏差値が伸びている子は多いが、思いっきり上がった子がいない❞
ということ。
全体としてじわじわ上がっているので、そのこと自体は良いことなのですが、理科や数学では信じられないぐらいジャンプアップした子もいます。きっとあれだけ上がったら、モチベーションも成績に連動してすごく上がったことでしょう!

公立高校入試まで残り70数日。
「彼らの何人かにでも、起爆剤になるほどの良いきっかけを与えることは出来ないだろうか?」ということも考えつつ、次の授業に臨もうと思います。

あさってからは冬期講習も始まります。
初めて桐光に来てくれる子もいます。
どんな授業を展開しようか?
それも考えなければいけません。

考えることが山盛りです。
明日もどこかの隠れ家で過ごす時間が長くなりそうです。
参照【隠れ家ごはん】
 
http://honbu.blog.jp/archives/cat_532012.html

と思いましたが,
午後は面談がいっぱいでした。

IMG-PHOTO-ART--1075617647


homb at 15:00|Permalink中学生