2016年08月

2016年08月12日

成績が良い子の多い塾が良い塾?

小学校のときに「…ちゃんって頭良いよね」と言われている子は,中学になっても,しばらくは“頭の良い(成績の良い)子”だと思われています。本当は中学になって,若干勉強についていけなくなっていても,友達に成績を知られていなければそのことは明るみになりません。
故に“頭の良い子”であり続けます。

みんなが持っているイメージですね。

そして,例えばこういうセリフを聞くこともたまにあります。
某塾に通う子を差して「…ちゃんは~塾に通っているから頭がいいんだよ」
この言葉を聞くと違和感というか疑問を覚えます。
「~塾に通っているから成績がいい?」と。
「もともと成績の良い子が多く通っているだけではないのだろうか?」とも。
だからそのセリフを言う子に尋ねてみるのです。
私「その子は,その塾に入ってから伸びたの?」
★「う~ん,もともと頭がいい♪」
私「なるほど」

みんなが持っているイメージですね。

桐光学院は,様々な学力の子が自分の一番行きたい志望校に100%合格してもらうのが目的の塾です。だから今の学力はあまり関係ありません。学力の高い子でも,まだまだ基礎学力に隙がありますし,もっと頑張らなければいけない子は,言うまでもなく勉強量の多い桐光がピッタリですよね。

みんな桐光で伸びてくれればいいと思っています。
こちらに桐光生のデータを載せます。
データはイメージと違って確かなものです。
無題



homb at 17:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

見てみるとわかる

他塾をやめて桐光に入ってくれた子が,7月途中から1ヵ月の間に4人いました。
入塾の際に,すでに前の塾で買ってしまった教材を桐光に預けてもらうと,教材費の割引サービスを受けられます。例えば中学生の場合,5教科全ての教材を預けてもらえれば,16,200円の教材費が浮きます。
教材は1教科でも2教科でも,教科数(冊数)によって算出して割引を受けられます。

私はこの記事でそれを一番に伝えたいわけではありません。
なぜその“教材下取り割引”をしているかというと,
桐光学院としての一番の目的はやはり“保護者様の負担が減るように”ということ。そして私にとって一番興味深いことは“その他塾さんの教材がどのように使われているか?”ということです。

生徒が丸付けをしているのか?
生徒の丸付けはちゃんとしているか?
(不正解に丸がついてそのままになっていないか?など)
教師が宿題をチェックしているか?
そもそも,宿題は出ているのか?

どの塾でも,多少の差こそあれ,年間教材費は決して安くありません。
授業の時間も塾によって大差ありません。
ではどこで差がつくか?
それは当然,勉強量と授業の質です。
勉強量に直結するのは【宿題の量】と【テストの回数】ですね。

今回,回収させていただいた他塾さんのテキストを見るに,今まで習ったところまでのページで,前の塾で使われていたページは全体の17%程度でした。
そして桐光学院でも7月に,夏期講習の前にちゃんと教材が使われているかのチェックをしました。そのときは全校舎の平均で,同じ条件で使われていたページは約85%でした。

いただいた教材費を,私たちは無駄にしません。
使っている教材に書かれたほぼ全ての内容を,お子さんの勉強に生かせるように指導しています。
桐光はきっと,宿題もチェックテストもどちらも地域で一番多いです。

家から一番近い塾が良い人はその塾へ行きます
出来るだけ楽そうな塾が良い人もそういう塾へ行きます。

出来るだけ頑張って確実に成績を上げたい子が桐光に集います。


homb at 13:18|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2016年08月11日

わくわく工作~小6~

第1部の小3~小5と少し違い,やはり小6は情緒が安定しているといいますか,思い切り楽しんでいるのですが,それを外に出しすぎることなく内に秘めて楽しむことができていました。
わいわい楽しむことより“もっと完ぺきに近い作品にしたい”そういう目標に向けて取り組むことで,高い集中状態に結びついていたように感じました。

実際,お手本としてとっておきたいほどの作品も誕生しましたね。

私は,また次のイベントのことを考え始めています。
その学年の間に,桐光に通って,テストで,イベントで,そんないろんなきっかけで笑顔を増やしてあげたいです。
_DSC6730
_DSC6726
_DSC6721
_DSC6741
_DSC6742
_DSC6746


homb at 12:01|PermalinkTrackBack(0)小学生 

わくわく工作~小3・小3・小5~

昨日は子供たちのパワーに負けそうになりました。
教師も3人で挑みましたが,わくわくを抑えきれないみんなのパワーには「まいった」

みんな,なにかを作り上げることがこんなに好きだなんて。
人類が数千年かけて著しく進化してきた理由がわかるような気がします。
きっと人は生まれながらに向上心の塊(かたまり)で,
楽しいことが大好きなんですね。
そのことに,大人も子どもも関係ないのかもしれません。

小6の様子は,次の記事に載せます
_DSC6716
_DSC6702
_DSC6712
_DSC6689
_DSC6728
_DSC6694
_DSC6709


homb at 08:01|PermalinkTrackBack(0)小学生 

2016年08月10日

準備BANTAN

そろそろ最初の小学生が来る頃でしょうか?
影山先生と会場の準備をし終えました。
We have finished the preparation for this event.

お盆休みも近づき,ご都合で参加できない子が何人かいるのが残念ですが,
今日もたくさんの子どもたちの笑顔で校舎を満たしていきます!
14708027076210


homb at 13:30|PermalinkTrackBack(0)小学生 

小学生あつまれ~

さあ,もうすぐ小学生を対象にした“トコ★スタ 夏のわくわく工作”が始まります
今日は本部校ではもちろんやりますが,天竜校でもやるんですよね。
昨日天竜校の小学生に「(相馬)先生も来るの??」と言われましたが「行くよ」と言えないので,後ろ髪引かれ隊のような気持ちでした。

さて,本部校の工作の時間をもう一度お知らせします。
小3~小5→ 午後2時~2時45分
小6→ 午後3時15分~4時

桐光塾生と夏期講習に参加してくれている子だけ限定のイベントです。
わくわくして校舎に来てね!
待ってま~す


homb at 13:00|PermalinkTrackBack(0)小学生 

ライフタイム リスペクト

本部校の日めくりカレンダー,8月9日の五郎丸くんがこんなことを言っていました。
“答えは1つじゃない”
このメッセージが目に入ってすぐ,私の脳裏にはこんな言葉が浮かびました。
“でも,歩める道は1つだよね?”と。
仕事を選ぶのも,
その日の行動を決めるのも,
塾を選ぶのも同じですね。
その時その時で,どれか一つしか選べない。
だから選んだ道を後悔しないために,選択が慎重になります。
そして慎重な選択をしていられるほど時間が無いときは,前にした判断を信じて次もまた同じ選択をする。ただ日本には,えてして新しい方向に勇気をもって舵取りするのが苦手な人が多いそうです。
さて,この夏期講習から桐光に来てくれたこの中には,もうすでに桐光で続けて頑張っていくことを決めてくれた子がいます。その子たちに先日,あるアンケートを書いてもらいました。
ある1人のアンケートの実物の画像も載せますが,読みにくいと思いますので内容を抜粋して書きます。

桐光に来てみて驚いたことは?
他の塾にも通ったことがありますが,塾生たちが,必要な時以外は一言もしゃべらないことに驚きました。みんなが一生懸命に授業を受けていてすごいです。
授業中に当てられるのに驚きました。前の塾ではあてられなかたので。でも常に授業内容についていけるようにと,集中するきっかけになった気がします。しっかり覚えるようになると思います。

2学期の目標は?
内申点を3つ上げます。中間テスト・期末テストでは200点以上を取ります。
学校では挙手と提出物を頑張り,桐光では勉強をたくさんして,内申点を上げるのが目標です。

「正しい選択をした」
全ての塾生と保護者様に,そう思ってもらうのが私たちの目標です。
教師の情熱と塾生たちのがんばる量,そして絶対集中の学習環境において,これからも,他塾に勝っていきます。

14707100616230
IMG_6655
IMG_6658
BlogPaint



homb at 06:00|PermalinkTrackBack(0)その他 

休講と休み

全ての桐光塾生は,タイトルの通り,
8/12[金]~14[日]は全学年休講
となります。
また小学生と中1・中2の夏期講習の生徒さんは
8/11[木]~8/17[水]の1週間がお休みです。

中3生のみなさん!
夏期講習の日程表通りに,また追加日程表の通りに参加ください。
連休の前後では,8/11[木]8/15[月]8/16[火]と中3夏期講習があります。
お間違え無いようにお願いいたします。



homb at 00:30|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2016年08月09日

漢検も

中3生の漢検対策も佳境です。
すでに10回分の模試を終えている子もいるので,急きょもう6回分の模試を刷り足しました。
この間,少し前にやり終えた①番~③番までの漢検模試の平均点と,最近やった⑦~⑨までの平均点を出してみたのですが,本部校の全受験者の8割以上の子が大幅にアップしています。
特にもともと平均点が100点以下の子が,今では130~140点ぐらいになっています。
注…漢検は200点満点で140点以上取れると合格です。
一番上がった子で,平均85点→140点ぐらいでしょうか。

でも本番は模擬テストよりも難しいかもしれません。
今日と明日も夜は漢検勉強会です。
今まで通り,量をこなして,しっかり書き取りして,平均を150~160点あたりまではもっていきましょう。もちろん全員でね!
_DSC6687
14706980207960


homb at 08:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2016年08月08日

母の思いを

毎日のように自習や漢検勉強会に来ている子の中で,特に家が遠い子は一度帰る代わりにお弁当持ちで来ます。コンビニなどで買ってくる子もいますが,中にはほぼ毎回,親御さんんの手作りお弁当をもってきて食べています。
仲間同士で食べるので楽しそうですね。
今日は一部の塾生のお弁当をのぞき見しました。
長時間頑張るお子さんのために,いつもありがとございます。
_DSC6663
_DSC6666
_DSC6668
_DSC6667
_DSC6659
_DSC6665


homb at 14:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2016年08月07日

隠れ家ごはん(No.17)

8月最初の隠れ家ごはんです。
今回は,桐光学院の笠井校近くのメインストリート“笠井街道”を,笠井校を過ぎたあたりから,さらに北に車で5~6分行くとある“じぱんぐ”さんのご紹介です。

ここは良いですよ。
何が良いかって,まず水(water)が美味しいんです。
寿司屋さんやうなぎ屋さんでお茶が美味しいとうれしいですよね?
まだ料理が来る前にガブガブ飲んでしまうことも…。
それと同じです。
良い水を使って作った料理は,当然味も美味しくなります。
大将ひとりで作っているようで,待ち時間は少々ありますが,お急ぎでなければまったりと待っていてください。待っていることを忘れかけた頃に,こだわりの自家製麺を使ったラーメンが登場します。

また大将のサービスもなかなか良いです。
「ありがとうございました。またお越しください」
これは普通ですよね。
じぱんぐの大将は,なんか少し違うんです。
もう少し本気で心がこもっている感じです。

しかもこの間,不思議なことがありました。
その日のお会計で,おつりがちょうど20円だったのですが,
右手に10円玉を1枚,そして左手に10円玉を1枚持って,私に渡してくれたのです。
両手に1枚ずつ…なぜ?
そんな大将がやっている“じぱんぐ”さんでした。
両手に10円玉を持つ画像はイメージです。
 出演:与進校 校舎長 富田(とみた)

笠井校blog→ http://kasai.blog.jp/
与進校blog→ http://yoshin.blog.jp/

14705558238180
14705475924573
14705475925274



誰もいない教室 三人だけの部屋

今日は授業がありませんが,三者面談がありました。
そしてこの後でもう3件あります。
教室は月曜~土曜までの活気がウソのように静まり返り,
逆に本部校自慢の応接室はいつもとは比べ物にならないほどにぎやかです。
毎日,本部校のいろんな場所に“活気”が宿っています。

授業がある日に面談をやると,黙々と勉強を続ける中3生の姿を見ていただいて「すごいですね…」と感心されたり,引退した先輩(中3)と久々に会えてうれしそうにしている子の顔をが見られたりできます。
今日はそういう桐光の“ありのまま”をリアルタイムにお見せできなくて残念ですが,初めてお話する親御さんもお越しいただけたので充実した日曜の午後になりました。

さて,残りの面談も張り切ってやります!
14705339905603
14705339905282


homb at 17:00|PermalinkTrackBack(0)中学生 

中3 全校舎総合ランキング

先日実施した,学調テキスト確認テストの上位者ランキングを載せます。
本部校以外の校舎の子は,得点と順位のみにしてあります。
先日のブログで
「本部校中3生の得点は全体的に低すぎる」
と書きましたが,上位者の数で見てもやはり中途半端な感じを受けます。
何時間も勉強してきてた割には,テキストの内容が定着していません。
定着していないというより,成果につながっている子とそうでない子で差がありすぎます。
そこが問題です。
他のどの塾よりも頑張る集団“桐光学院”の全体で20位以内に入っている子はまあ評価に値しますね。この中にもっと多くの本部校の子がランクインすると思っていました。
生徒諸君がこのブログをここまで読んできたら,なんだか叱られている気になってきたかもしれませんが,これも私からの期待の表れです。

受験生にとって,今日は久々のオフ。
桐光の授業がなくても勉強していますよね?
ランダムにご自宅へ電話して確認をしたい気分です。

無題


homb at 12:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2016年08月05日

1000本ノック

中3生が昨日からやっている理科と社会の教材がすごすぎます。私は英語の指導をしているので英語科としていつも教材を気にかけていますが、今回その理科&社会の教材は本当に素晴らしい。
それぞれ500問ずつの範囲があって、その中からランダムに選ばれた50問、しかもじつにそのパターンは、50通りも用意されています。
つまり「さっきやったプリントとまったく同じだ」ということが起きる可能性は2%しかないので、常に新しい問題に挑戦できます。
そのチャレンジングな問題で49点以上(ミス1問まで)で合格なので、午前中は7回も挑戦してまだ合格できなかったり、理科は合格できても社会はなかなか点数が上がってこないという様子も見られました。
英語もなんかこういう教材を作りたくなってきました。
たぶん作ると思います。
作りたいです。
作るぞ!

理科や社会の先生たちの工夫に負けてはいられません。
14703699460340
14703699460751


homb at 13:01|PermalinkTrackBack(0)中学生 

2016年08月04日

やっぱり確認しないとね

桐光学院は勉強量が多いことで有名です。でもそれは当たり前で,地域に浸透しすぎていて,今さらそれをアピールする必要性は感じません。
一番誇れるのは,勉強をたださせていることではなく,教師が生徒の確認を怠っていないこと。
これが結構大変なんです。
他塾さんと比べて宿題の量も種類も多く,加えてチェックテストもあります。
そのすべてに細かなチェックを入れていくわけですから,当然に教師の仕事は増えていきますが,これが教師の本当の仕事だと思っています。

他の塾さんから来た子や,友達に誘われて初めて桐光の講習に参加してくれた子も,桐光の勉強量が多いことはやはり知っています。
しかし桐光の先生が宿題やチェックテスト,問題演習にいたるまで,それほどチェックにぬかりが無いことに驚くことでしょう。
私は英語の指導担当なので,事前に知っている学力とテスト結果にギャップがあると「あれ,どうやって勉強してきたんだろう?」という気持ちになり,勉強方法といいますか,その子がこのテストに向けてどうやり方で勉強してきたのかを尋ね,あまり良いアプローチをしていないと判断すれば,私のおすすめの覚え方を教えてあげます。
どうせやるなら最大の効果を出してほしいですから。

※今日の画像は今週の(塾生限定)実力アップ講習と個別授業の様子です。中1実力アップ講習[英語]は桐下先生にお願いしました。
IMG_6628
IMG_6629
IMG_6638


homb at 19:30|PermalinkTrackBack(0)中学生