桐光本部校 ブログ

~校舎のことや時々教師個人についてつづる天衣無縫の日記~

2015年09月

中3生,怒涛の勉強Daysが始まります。
今日は秋期講習の初日で,午後1時~3時40分まで講習。
明日(月曜日)以降は午前10時から始まる“祝日勉強会”
毎日午前中から校舎に来て,夏休みのあの日々のように,
みんなで集中して勉強を積み上げます。
お昼ごはんをお忘れなく!
xlsx4

タイトルにある「クククク,クエスチョン~♪」という歌詞と,なんかアニメの主題歌のような甘めのメロディだけが,私の頭の中を意味もなく駆け巡ることがあります。
若い頃,幼い頃,意外と最近?
いつ私の記憶に入ってきたのだろう…。

アニメの主題歌だったのか?
学校で歌ったのか?
NHKみんなのうたで聞いたのか?
このクククク、クエスチョン~だけ覚えていて,その他の歌の情報はなにも知りません。

まあそのことはさておき,中3生は前々から学調テキストを計画的にやってきていて,今は学調テキストに本気で取り組み,中間テストや期末テストの直前はそちらに集中する。本部校中3生は順調に進められています。
特に今取り組んでいる“学調テキスト②”の数学は難しい問題が多いので,先週も木曜の数学の授業後,渥美先生のところに列が出来ていました。
(8人ぐらい)
ふせんの使い方も生徒ごとに独自に進化してきていて,疑問の種類によって色分けされていたり,頭を出す長さをかえて自分にだけわかる貼り方をしている子もいました。
BlogPaint

東部中・南陽中ともに体育大会が来週に延期になりましたね。
もう1週間ソーランの練習が出来る!
うれしい?
うれしくない?
昨日,授業後学校でやってきたソーラン練習が影響しているのか,筋肉痛の足を引きずり,おじいちゃんおばあちゃんのように階段を降りていました。
そんな中3塾生の姿が目に浮かんで,少し笑いがこみ上げてきます。

午後カットで早く帰れるでしょうから,今日は思いもよらぬ“勉強日和”です。
中3生は昨日あらためて指示した学調テキスト,あるいは1ヵ月後の中間テストに備えて基礎問や社会ノートまとめを進めるのもいいでしょう。
中1・中2は桐光の英単語テストに備えましょう。

桐光北浜校は,他のどの他塾さんよりも強力なライバルです。
なぜなら,テストや追試の回数は多く,その勉強量をこなせる気持ちの強い生徒が多いためです。
高校受験では,学校の同級生はもちろん,他中の生徒,そして同じ本部校に通う仲間や他の桐光に通う子もすべてがライバルになります。
でも,例えば浜松商業に行きたい子が,浜松北を目指す子に勝つか負けるかは重要ではありません。
大事なのは,今同じような学力の子に勝っていけるかどうかですよね。
そういう意味で,あれだけの勉強量をこなす桐光北浜校の受験生は,最強のライバルと言えるでしょう。

さて,中3秋期講習では定期的に“確認テスト”を実施します。
講習の授業や日ごろの学習内容が定着しているかどうか確認するため,いや一番の目的は定期的に重要事項を頭にたたき込むためにあるテストです。

そのテストで北浜校に勝ちます!
昨年は北浜校に何回か負けました。
中3生にわかってほしいのは,私たち教師の戦いではなく,もちろん校舎同士の戦いではありませんよ?
みなさんが彼らと競って勝つから意味があるんです。

初戦は9/27(日)!
大いに頑張っちゃってください。
期待しています。
kako-hZSZPA23SjvmoQeQ[1]

中3生が9/3に受けた「静岡県学調」の結果と,7月に桐光中3生だけが受けた「学調模試」の結果を比べてみました。学調模試を受けてから2ヵ月後に「静岡県学調」があったので,いわば“夏の努力がどれだけ意義のあるものだったか?”を測ることができたわけです。

結果から言いますと,
本部校中3生は平均して23.5点アップ
を果たしました。

その中でも
①31点以上 大アップが 5人
②20点~30点 中アップが10人

他にもほぼすべての塾生が5点~19点はアップしており,夏に史上最長の勉強時間を確保した成果は出たと言えます。

ちなみに20点あがると志望校は1つ上げられます。
今回40点程度上がった子もいますが,これは内申点によっては,志望校偏差値で2段階上げることもできる数字です。素晴らしい伸び方ですね。

静岡県学調は平均点が低く,得点だけ見れば不安に感じておられる親御さんもいらっしゃるかと思いますが,子ども達の学力は着実に伸長しています。
今月も祝日勉強会や秋期講習でレベルアップします。
ビシビシ鍛えていきます。

おまかせください。

あとちょうど残り1ヵ月で中間テストです。
「え?なにそれ?」
そんな声は本部校の教室からは聞こえてこないはずですが,特に中3は失敗できない大事なテストになるので,われわれも緊張感が増してきています。
すでに桐光名物のスペシャルオリジナルテスト対策教材“ズバトコ”は校舎に搬入されており,いつ塾生が【テスト範囲表】を持ってきても大丈夫なように準備万端整っています。

スケジュール表の中にある赤い文字は追加されている授業です。
今回もたくさんテスト対策授業を追加しました。

はじめて桐光のテスト対策を受けるという中学生,および親御さんもいらっしゃいますね。
テスト前にこうして増えた対策授業には,追加料金はかかりません。
どうぞご安心ください。
image-0001

中3生は,今度の日曜日からついに秋期講習が始まります。
本部校は夏の間は朝の講習でしたが,秋期は午後講習です。
主に日曜日に入っています。

秋期講習は夏ほど毎日のように講習があるわけではないので,知識の定着を図るために,講習の授業内にチェックテストを組み込みました。
毎年度,このテストの平均点は,他の桐光の校舎との点数比較で本部校がトップを争っています。
今年ももちろんその戦いに入って,満点ラッシュしましょう!
秋期

中3学調がおわって10日経ちましたが,われわれ先生たちの学調分析は終わりません。
本部校では,すべての中3生の学調の答案用紙を一時預かり,各教科の指導担当がすべてチェックし,必要があれば親御さんに気になることをお伝えしてきました。

答案用紙は,いろいろなことを語ってくれます。
たとえ50点満点の答案でも,その中に気になることはあるものです。

まだなくなりきらない心の隙(すき)
間違えまいとする意志を感じるメモ書き
いつも以上に丁寧に字を書こうとしていたこと
またいつものようにしている計算ミス
うろ覚えの英単語の練習跡
まったくわからなくても解答欄をうめる努力をしたこと
時間が足りず最後まで解けなかったこと
学調テキストの中にほぼ同じ問題が出ていたこと
その問題が見事に解けていたこと

その一つ一つを,その子に注意するだけでなく,私たち自身の指導に生かします。
学調で点が取れなかっ子にだけ責任を負わせてはいけない。
みんな頑張ったんだから。
頑張らなかった中3生は本部校にも,他の桐光の校舎にもいません。
頑張って,点を取れるように,私たちも戦い続けます。
14420399565620

来週はたくさん祝日・休日がありますね。
サービス業は,世間のお休みこそ頑張りどき!
学生は,学校の無いときこそ頑張りどき!

去年もこの時期にやりましたよ“中3 祝日勉強会”
あまりセンスの無いネーミングだったので,今回はタイトルを新しくして,しかもプラス授業の量を50%アップさせました。学調はゴールじゃない。見えそうで見えない,遥かなるゴールに向かって突き進め!
中3生,頑張っているのは君達だけじゃないぞ!

親も
兄弟姉妹も
同じ高校を受けるライバルも
学校の先生だって
桐光の先生はもっと!
結構みんな頑張っているんだ。
みんな頑張っているから,気持ちよくやれる。
xlsx4

今日は英語のプラス授業があります。
このブログを書いているのは私,相馬ですが,今回この(英語)プラス授業の指導を担当するのは相曽です。相曽先生の本部校デビューですね。過去に少しだけ見たことはあるという子はいるはずですので,彼の授業を楽しみにしていてください!

相馬と相曽…
漢字で書くと雰囲気が似ているのですが,性格のタイプは結構違います。
体脂肪率は結構違います。
年齢も結構違います。

みんなちがって,みんないい。
Microsoft Word - ブログ画像②3

英検に合格しちゃおうと目論んでいるみなさん,こんにちは。
私たち教師から発破をかけられなくても頑張っていますか?
特に中3生に問いたい。

Q1 勉強する環境を作るのは,先生の役割ですか? 
   Do you think,Yes or No?

Q2 自分で自分を追い込んでいく時期ではありませんか?
   Do you think,Yes or No?

Q3 大人に何か言われない間はのんびりしていませんか?
   Do you think,Yes or No?

Q4 本番が近づいたら本気をだそうと思っていませんか?
   Do you think,Yes or No?

やる気,合格する気のある子だけ読もう

英検合格への近道はありませんが,やれば確実に受かる方法はあります。
それは単純なことです。

① 過去問中心の問題集1冊を何度も解く。
答えと一緒に書いてある【解説】を暗記するほどその問題集を繰り返してやる” 
最後のページまで,1通りやりきっただけでは全く足りません。
② リスニングCDはたとえ短い時間でも,毎日(2回目は答えがわかっていても)聞く。
③ それでも心配なら私(相馬)にアドバイスを求める。


以上です。

ちなみに,私のおすすめの問題集はこちらです。
boox_bk-4010946946[1]


算数担当の渥美先生は,いまだかつて教えている小6生が全員満点だったという経験は無いそうです。
そのぐらい難しい快挙なのですが,あえて挑んでいます。
文章題で満点をとるのは至難ですが,計算は努力でなんとか出来るはず。
それは私の考えでもあります。

前回は,計算の目標点数は,自分達で(塾生が)設定しました。
各々の目標を自分で超えていけるかどうか?
達成できなかったのは1人だけでした。
今回はより難しいミッションですが,みなさんの点数を楽しみにしています。

来週の土曜日,満点に向けた追加授業を行います。
全員出席しましょう。
そして満点に向かっていきましょう!
Microsoft Word - ブログ画像①3 - コピー

桐光模試がありました,昨日。
桐光模試は,桐光に通う全ての中2と中1が受ける模試です。
自分の志望校・内申点を事前に登録して受けます。

ところで,模試ってなんでしょうか?
もしかしたら「模試=テスト」だと思っている子も少なくないのかも。
テストは,どれだけ理解力や知識があるかはかるためのもの。
一方,模試は“模擬の試験”なのです。

もぎ?
「模擬」の意味は“実際と同じようにやってみること”だそうです。
実際と同じようにしてみる試験
それが模試!

実際と同じように…
実際ってなに?

実際とは!
そう“実際の高校入試”に他なりません。

実際の高校入試と同じようにとはどの辺が同じよう?
出題範囲が広い。
物を落としても自分で拾ってはいけない。
私語厳禁である。
得点をライバルと比較される。
鉛筆を使うべき。
手を机の中にいれない。※カンニングととられる恐れあり。

他にもいくつかありそうですが,
みなさんはどれだけ“本番っぽい”受け方が出来たかな?
結果が早くお知らせできるように,先生は夜中も頑張って採点しました!
DSC_1097
DSC_1100
DSC_1101
DSC_1094

今回の“小6定期テスト”におけるみんなの目標は
「“計算”と“漢字”で全員満点をとる!」

小6定期テストは年間5回あります。
今度はその3回目にあたります。
第2回では本部校がかなり躍進しまして,とても頼もしく思えました。
でもまだ頑張れるでしょう。
“全員がもーれつに頑張りきった”というところまできていません。
あと半年で中学生になるのですから,“頑張り力”をもっともっと出していかなければいけない。
本部校の底力は,そこにあるのだから。

Microsoft Word - ブログ画像①3

本部校のみならず,各中学校の中3県学調の結果が集まってきています。
少し前のブログで,情報がわかり次第このブログでお知らせ…
と書きましたが,やはり内部情報ですので,詳細は今月ご自宅へ郵送させていただく“黄色い封筒”に同封させていただくことにしました。
今月は9/24に桐光から発送させていただく予定です。
中3だけでなく,すべての桐光生にはお手元にわたるようにいたします。
他の学年の子も,親御さんもぜひこのデータをごらんになり,中学ごとの成績の違いなどをご確認ください。

このページのトップヘ