こんにちは。数学担当の杉山です。


春期講習では、復習を行っていきました。


復習ということは、


塾生は、1回は私の授業を受けたことがあるということです。


授業の始めは、復習なので覚えているかの確認もこめて、


まず問題を解いてもらっています。


塾生と解く様子と見ていると、


私が当時、「教えた通りに」問題に丸や線を書いて解いている塾生がいました。


その塾生たちは、テストの点数が高い低いに関係なく、よくできていました。


この「教えた通りに」「素直に」やってみるが、


やはり定着のカギになっていると改めて思いました。


この
「教えた通りに」「素直に」の繰り返しが、


何か月も前に私が教えたやり方が体に染みついていて、できるのです。


この「素直さ」は内申にも影響してきます。


「素直さ」は、高評価に繋がります。


やっぱり「素直さ」は大切ですね。