こんにちは。

 来年度から行われる教科書の大改訂において,最も大きく従来の学習内容と
変わるのが英語です。

 そればかりではなく英語の授業は「英語」で行われる,とも,文部省の方からの
決定事項として周知されています。
 いよいよAll Englishによる英語の授業が始まるのです。

 本当にやるの?できるの?という疑いが私の中にもありました。しかし,先日,
来年度,中学校にあがる保護者向けに行われた,ある中学校の「説明会」では,
保護者に向けても,英語の授業は「英語」で行う,と明言しているということです。

 英語で授業をやるメリットはもちろん大きなものもありますが,一方ではデメリ
ットもあります。英語の基礎力もあり,英語の勉強に抵抗がない生徒に関しては,
リスニング力,会話力など,コミュニケーション英語の側面で力が伸びるきっかけ
が増えるでしょう。
  
 しかし一方で,英語の苦手な子,(嫌いな子)が,さらに苦手になる,という懸念
が強まります。

 私は個人的に,文法事項の説明だけは日本語でしてほしいものだ,と願ってい
ます。日本語で説明してもわからない子が英語で説明されてわかるはずがありま
せん。

 これをやってしまったら,英語の格差はどんどん広がっていくでしょう。積み重ね
の教科ですから,中1の段階で英語が苦手で手がつけられなくなった場合,その
差を縮めていくのは,かなり難しいと言わざるを得ません。

 そういう生徒たちに向けて,学校でフォローしてくれることはまずありません。
せいぜい夏休みなどの長期休みに,2日,3日多少の補習をしてくれる程度だと思
います。

 私たち「塾」ではこういう子たちに手を差し伸べる新たな役割が生じてくると思いま
す。扱う単語量も増える,本分も増える,高校の文法内容が下りてくる,リスニングや
スピーキングといったコミュニケーション英語に時間が割かれる,教科書が難化する
のに授業時間は変わらない→文法に関する理解や定着に支障が出てくる,という
のは必然ではないかと考えます。

 文法的な理解に不安がおおきくなってくるので,受験に結びついてくる文法事項の
補習は塾で,・・・となっていくと思います。

 受験の段階では,まだ従来の出題状況はほぼ変わらないと思います。基本的に単
語を覚える,文法事項をしっかリマスターするという英語の勉強方法に変わりはあり
ません。

 塾に来ることで,本来の英語の文法主体の勉強を重点的に行い,演習で定着させ
ていく一方,コミュニケーション面での練習は学校で,という役割が分かれてくるので
はないかと,思います。私たち塾の役割は,さらに大きくなっていくと思います。