学調は学校平均を出す学校、出さない学校など様々なので、結果の良しあしはどうしても推測が入りますが、いろいろな中学校の情報を見比べると、一概に「去年より(あるいは例年より)簡単だった」とは言えなさそうです。(理科に限って言えば去年より点数がとりやすい問題だったと言えますが
去年と同程度に点数がとりにくかった、と言えそうです。

塾生は6月末から7月に行った学調模試から50点伸ばした某特進コース生筆頭に半数が30点以上点数を伸ばした桐光生は健闘したといえると思います。

生徒はがんばる方向性は間違っていないということ、時間を有効に使ってもっと点数を伸ばす努力ができるとういうことを認識できたと思いますので、中間、第2回学調に向けて、行動を変えていけるようはたらきかけていきます。


橋本