こんにちは。

 テスト後に生徒から,テストの答案を預かり,アドバイスをする時がありますが,
よく見るとまったく的外れな答えを書いていて,間違えているケースをよく見ます。
文章を読み取る力,文から要点をとらえる力が不足していると感じることが多々
あります。
 
 よく言われることですが,すべての教科の基本は国語力です。文章を読んで,そ
の作者が何を言わんとしているのか?問題文などで何を問われているのか,をつ
かみ取ることが大切なのは言うまでもありません。すべての教科で影響します。

 実はこれは些細なことで,たぶん丁寧に文章を読むということや,しっかり考えな
がら文章を読むという癖が小学生のころから身についていないのではないかと考え
ました。

 小学生の指導で,国語の授業中文章の読み取りに当たらせると,ろくに文章も読
まずに問題を解こうとする生徒がいます。
 そういう生徒はしっかりとたしなめ,かならず読ませます。文章に対峙しないような
勉強では読み取る力はつきません。

 この状態のまま中3受験期の進路を決めるテストになって国語の点数が伸びない
生徒がいくら数か月で努力しても読解力は一朝一夕に伸びるものではありません。

 読み取る力がないと,自分から言葉で発信することも拙くなり,文章表現力も伸び
ません。しっかり問題文を読んで要旨をつかむことの大切さ,こういうこともしっかりと
身につけさせることがいかに大事か,いまさらながら痛感します。