こんにちは。

 子供たちが読む,最もスタンダードな「伝記」といえば,「野口英世」か
発明王「エジソン」ではないでしょうか。

 エジソンは、電球を発明しましたが,発明するために、およそ2万回もの
実験をしてやっと成功したそうです。

 そのエジソン,後にこう言ったそうです。

「私は実験において、失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光
らないという発見を、いままでに2万回してきたのだ。」


 電球を発明するまで失敗の連続ではありましたが,一回一回の実験に意味が
なかったのかというと,それは成功にたどり着くために必要な1回だったと考
えたのだと思います。

 これは勉強や受験,スポーツにも通じる何かを教えてくれているような気が
します。

「負け」や「失敗」は,裏を返すと「勝利や成功に近づくためのもの」という
ことです。

 
 できなかったことや負け,失敗がなければ,勝利や成功に近づけない,こう
考えられればいろんな失敗が受け入れられそうで,この話はどこか勇気ももら
えるいい話だと思いました。

 でも忘れていけないのはエジソンの根本に,成し遂げたいという情熱があった
からに違いないです。

 テストなどでの受け入れがたい失敗もプラスに考えて「夢」を実現しましょう。