こんにちは。

 中3生は,説明会で伝えたように,自分の「行動」が変わってきて
いるでしょうか?夏期講習が始まって勉強は軌道に乗ってきている
でしょうか?

 勉強法シリーズの第四弾をお届けしましょう。テーマは「記憶」
効率よく憶えるためには以下のの方法を参考にしてください。

 覚える方法・・・「3つのポイント」


繰り返す

 
 記憶は,「短期記憶」憶えても直ぐに消えてしまう。数分長くても数十分以内
            しか保持できない。

     「中期記憶」9時間までの間に保持率が急低下する

     「長期記憶」かなりの期間,記憶が保持

      と段階に分かれます。

     保持できている間に繰り返しを増やすことで保持力がのびていく
     「長期記憶」へつながります。

 

 

書く(筆記記憶法)「手は第2の脳」手を使ってひたすら書く

 

読む(音読記憶法)「書く」に加え五感のうち「聞く」「見る」
             「話す」の四感をフルに動員することで大脳
              をより刺激して確実に覚えることができる。

その他にも,

「貼り紙記憶法」いろいろなところに覚えたいことを書いて貼る。
          それに接触する機会を増やすことで覚えることができ
          る。

「セット」法一つのものを単独で記憶するよりも,いろいろなものを
        セットにして関連付けた方が確実に覚えられる。

         例)英単語では
           usually(たいてい・普通)という
単語単体でおぼえ
           るのではなく,


           usually(たいてい・普通)
           often (しばしば)
           always(いつも)
           sometimes(時々)

           ・置く位置…be動詞のうしろ,一般動詞の前

           …のように,セット(関連付けて一括して)でアタマに入
            れた方が
記憶しやすい。


 いかがでしょうか。私のような中年になると脳は加齢とともにその機能は残念な
 がら低下していきます。一方で,生徒諸君の脳は若い!使えば使うだけ脳の機能
 は活性化されます。よく「覚えられない」と嘆く子もいますが,決してそのよう
 なことはないのです。