こんにちは。

 以前,ある本で読んだものですが,中国のことわざ(?)に,こんな言葉があり
ます。

 「人間に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし,人間に魚の捕り方を教えれ
ば生涯食べていくことができる」

 古くから学問が発達してきた中国では,学ぶことの目的を「自分で生きていく
力」を養うこととしてとらえ,学びの必要な理由を子供たちに,こう説いているそ
うです。

 私は学び自体が自分で生きていく力を養うことというこの考え方も大切ですが
それに加えて,勉強という嫌なものでも我慢してやる,それを乗り越えて,目標
をクリアししていく経験を積むこと。それ自体が社会に出るうえで必要な「生きる
力」に通じるものだとも思います。

 東部中の生徒はテストまで2週間を切りました。他中学の生徒は,いよいよ,来
週がテスト本番となります。いままさに生きる力に通じるものを養っている時期で
もあります。

 勉強というものに,真正面から立ち向かっていくことで強くなってほしいと思って
います。