インフルやコロナなど、感染力の強いウイルスを、なんとか桐光の受験生から遠ざけたいというわけで、月曜に引き続きこの話題でお届けいたします。今回は警鐘ではなく具体策を挙げていきたいと思います。
うがい励行とか口を手で触らないとか、そういう常識的なことは割愛します。

【桐光学院的 ウイルス対策】

 親御さん編 
1.ストレスの軽減を図る
受験直前、ご家庭での受験生との関わりについては、学力のことよりも、コンディションの維持やコミュニケーション機会の頻度を増やすといったことに注力するのがオススメです。
勉強のことは私たちにお任せください。どうしてもガーッ!と口を出したくなったら、心静かに私たちのところへメールをください。お子さんもご両親も、ストレスを抱えると、ウイルスに対する抵抗力が減退します。

2.食で守る
腸内環境がどうとか、乳酸菌が良いとか、いろいろな情報がネット上に見つかりますが、今回はできるだけ❝具体的に❞をテーマにしているので、オススメ料理を挙げていきます。
では…
クックパッドさんお願いします!

①きのこ鍋  https://cookpad.com/recipe/5914339
②根菜on豚キムチ https://cookpad.com/recipe/4341099
③アスパラ 塩麹漬 https://cookpad.com/recipe/5521144
④最強のスムージー https://cookpad.com/recipe/3983584
⑤ほうれんトマ豆乳スパ https://cookpad.com/recipe/4295970

3.受験生の正面で食事をしない・させない
ウイルス感染が学校や家庭内・職場で起こりやすい理由は、お話中や食事中に保菌者が飛ばす(目に見えないほど小さな)唾液の飛沫が、他の人に口びるや眼球に付着する可能性がも少なからずあるからです。

4.外出させない・連れ出さない
家族との外食や買い物は合格してからいくらでも出来ます。受験直前は、(受験生には)家で留守番の役目を与えるのがおすすめです。置いていったら寂しいのでは…などは考えなくても大丈夫。たまに一人で過ごす時間も受験生には必要かもしれませんので。

 受験生 

1.友達としゃべらない
学校生活では会話を避けるのは難しいのでマスクさんに頑張ってもらい、放課後は人との会話や人混みへのおでかけは控えましょう。図書館で自主勉中も友達としゃべらない方が良い。ウイルス感染は予防できるし、勉強ははかどるし、周りにも迷惑がかかりません。

2.友達に勉強の質問はしない
友達はあなたのことを大事に思ってくれます。だから「ねえねえ」と話しかけると、さっきより距離をつめて顔を近づけてお話することになりましょう。そうすると…わかりますよね?質問がある時は、ふせんをそのページに貼り、(後日)桐光の先生にすればOKでしょう。

 桐光学院 
1.マスクを励行させる
日曜のブログにも書いた通り、校舎内でのマスクを徹底させます。

2.感染経路の除菌
ドアノブや受話器、とびらや階段の手すりなどからの接触感染もこわいので、毎年のことですが、私はドーバーパストリーゼで消毒をしています。このドーバー、結構値が張るので、毎年頻繁に使いずらかったのですが、大容量で買うとかなりコスパが改善することを知り、先日5リットルのものを購入しました。この冬、本部校の除菌力は無敵です!


15800204862810