画像にある写真のコラージュは、私の車に常備してあるグッズたちです。今乗っている車を選択した理由が2つありまして、一つはアウトドア仕様で長距離運転が快適に過ごせる車が欲しかったこと。もう一つの理由は不慮の事故を未然に防げる安全性能が充実しているからです。
なにもかもが便利なこの時代に、車中泊やキャンプなど、あえて【不便を楽しむ】のが全国的に人気になってきており、ソロキャンプとかファミキャン(ファミリーキャンプ)をテーマにした漫画やアウトドアショップも急激に増えてきています。

そしてかく言う私も、午後から車中泊の旅で二日ほど出かける予定です。高速道路の渋滞や、道の駅の大混雑、年末による食事処休業や、山間ならば道路の凍結や降雪するのではないかとか、またいたるところでトイレ問題に直面する可能性もあり、気がかりなことも多くなかなか大変な時間になるかもしれないというのに、そういう中に楽しみを見出そうとしているのが不思議です。

さて、時々思うことがあります。
それは❝人生はそう甘くはない❞ということ。
想定外のことも想定内のことも、楽しいことばかりでなく、およそ歓迎したくないことも次々と身に降りかかりますよね。受験生も同じでしょう。

自分が受けたい高校の志願者が半端なく多い。
体調不良で勉強量が減ってしまった。
合格する自信が日に日になくなっていく。
計算のケアレスミスが無くならない。
英語のリスニングで点数を取れない。


それでも目指したい未来がある。
しかし時間は無情に過ぎゆく。
そんなときはいつも自問自答を。
次の行動選択に迷いが生じたら、この魔法の言葉を思いだしてほしい。
『ではどうするか?』

本部校の受験生のみなさん。私たち桐光教師はいつでも味方です。自問自答に答えが見いだせない時はお話をしましょう。一声かけてくださいね。どんな相談にも乗るし、踏み出す一歩に勇気が持てないと言うならば、前につんのめるほど強く背中を押して差し上げます。

朝…『今日どんな一日にするか?』
昼…『これから何を理解できるように勉強するか?』
夕…『自分は全力で頑張っているか?』
夜…『さて明日はどうする?』

受験生のみなさん。
まず自分で考え、決めたことは行動に移すべし!
それが、後悔無き日々を過ごす絶対条件です。


inCollage_20191122_102451240