意外と反響の多い❝隠れ家ごはん❞のコーナーです。
そのスピンオフ的な【隠れ家スイーツ】をお届けします。
菊川にある《グリフォン》という民家カフェで、初めて行った時は、ナビでこの辺りだと示されているのに、見渡してもお店らしき佇まいが見られず、あやうく「ナビがおかしい。ここじゃないのでは?」と勘違いして通り過ぎそうになりました。起伏のある田舎道を、ただ車で走るだけでも気持ちがいいので、迷いそうになりながらたどり着くのも一興です。

さて、私はカフェが好きです。
しかしカフェが好きといっても、コーヒーは苦手です。
グリフォンはカフェですが、
カフェといっても、繁忙期はあっさり休業して、焼き菓子の販売のみになります。
(ちなみに年内はカフェ休業です)
それでいいんです。
私は焼き菓子が好きです。
でもケーキやクレームブリュレはもっと好きです。
しかし残念なことに、ケーキやブリュレなどは、自己満足は満たせれど、誰かのために買って、数日後にプレゼントするわけにはいきません。消費期限が一日以内だからです。
焼き菓子は美味しくて2週間も消費期限があります。
故に最高なのです。
私は自分が食べて満足する以上に、誰かにその美味しさを知ってもらう方が好きです。
先日も、大切な人たちに贈りたいと思って久々に行きました。

大事な人へのここぞという時の焼き菓子は、以前(かなり前に)隠れ家ごはんで紹介した《ルシェルブルー》か、ここなら間違いありません。
特に浜松の人はここ(グリフォン)をあまり知りません。
贈り物はこういう知る人ぞ知るところで買うのがいいと思いませんか?

inCollage_20191222_142530540