覚えているようでいて,実はうろ覚えだった という経験を私は何度もしています。
漢字で書くと・・・疎覚え,空覚え,烏鷺覚え。

生徒の皆さんのそういう部分をなくしていくために,「社会500問」を作成しました。(問題と解答つき)

この500問の中からランダムに50問選んでテストをしています。選んでいるのは私ではなくてパソコンですし,組み合わせはかなりあります(0の数を数えたくありません)ので,同じ問題は出ません。合格は9割。廊下のテーブルに問題が置いてあっていつでもテストを受けられるようにしてあります。


「この500問な,毎日少しでもいいから覚える努力をしてほしいんだよ。だからさ,やる時間を決めようよ。そして,その時間を表紙に書くこと。」


と授業中に話しました。
先週の授業前にテストをしました。合格した生徒もいましたし,不合格の子もいました。不合格者の中でも,努力の跡が見られる生徒がいました。

継続できているかどうか,やり方は適切であるかどうか,毎回毎回声をかけていきます。