先日中3が静岡県学調を実施し、その結果が返却されつつあります。我々桐光教師は、生徒からテストの情報を受け得ると、その内容などをすぐさま確認をして、全ての教師に取りまわし、情報の共有を図っています。
私は英語教師なので、今回も英語の内容をまず確認したわけですが、その中でも【英作文】のある問題が気になりました。それはこういう日本語を英語にする問題です。

"(それを)万葉集[Manyoshu]から引用したんだよ"

何に驚いたかというと、それは《引用》という言葉に他なりません。
今までは日本語を文字通り英語にしても差し支えないレベルの問題が多く、
難易度の上がる公立高校入試でさえ、
そこまで難しい日本語は問題文として登場してこなかったのですが、
この《引用》という言葉は、
ともすると意味を知らない中3生もいるのではないかと思ったのです。
仮に《引用》の意味をちゃんと知っていても英語にするには難しいですが、
ましてや意味をあいまいに理解している子は完全にお手上げですよね。
英語の力を発揮する前に、日本語の力で負けてしまうわけですから。

これから、この《引用》レベルの語彙が出題されるとなると、
私が今まで築き上げてきた英作文指導のノウハウを、
図らずともマイナーチェンジせざるを得ません。

でもこれが学調でよかった。
入試まで時間がありますから。
今回のこの《引用》の衝撃を、
私のスーパー英作文指導に生かしていきます。

9090bcc5[1]