今週土曜(8.3土曜)は、中3受験生たちが初めて桐光で受ける《新標準模試》の日です。静岡県内の塾に通う多くのライバルたちが受ける模試なので、学校の期末テストとは意味が違います。
学校にはいろんな学力の仲間がいて、自分より賢いと思っている子に負けたときは『あいつは頭がいいから』と言ってみたり、自分の得点が低くて負い目を感じたら『まだ自分の下には何十人もいる』と言い訳じみた慰めをしてみたり、そんなことも出来ましょう。
しかし!
これから中3が桐光で経験していく模試では、受験者の中の【志望校(高校)内順位】が出ます。つまり、同じ高校や学科を希望する県内のライバルと自分の実力との客観的な比較がなされるのです。そこに逃げ道はありません。
この模試で高評価を得て、そのまま学力と内申点を維持していけば確実に合格しますし、また逆にこの模試の結果は散々だけど、本番では合格できるだろうという都合の良い顛末は期待しすぎてはいけません。
ただ、まだ最初の模試ですから、この結果が悪くても良くても、極端に一喜一憂してはいけません。結果を受け止めてどう動くか。次の結果を求めて何を変えるかが大事なのです。

まぁとにかく最初の模試ですから、
学調テキストに取り組んできた成果がどれほど生かされるか。
自分の力と志望校との距離はいかほどのものか。
特進コースの子は、培ってきた応用力がどれだけ通用するか。
初めての挑戦を楽しみにして待ちましょう。
※模試の結果は、実施日からだいたい10~14日後ぐらいに桐光に到着します。
15642165855670~2