ひさーしぶりのこのコーナーです。
この間、思ってもみない方々の中に、このコーナーを楽しみにしていらっしゃる人がいると聞き、ネットの持つ可能性を再認識しました。このblogはそれほどの注目度ではありませんが、それでも口コミや人のネットワークを介して情報が飛んでいくのですね。

今回は【one too many mornings】さんです。
英語科の私から見ても、ネーミングにこだわりとセンスを感じます。イチジクとくるみのパンなどは、生地の中に細かな麦のような何かの粒が練り込まれていて、プチプチして食感が楽しいです。飽きっぽい私にはぴったり。

でも気に入った一番の理由は、《店のこだわりや他との違い》をちゃんと語ってくれたことです。私は少し店員さんとお話できるようになると、そういうことを掘り下げて聞いてみたくなるのですが、ありきたりの返事や、あまりわかっていない店員さんがいると興冷めしてしまいます。私にとって特別なパン屋さんになるか、それとも数多ある普通のパン屋さんのひとつになるかの分かれ目がそこにはあるのです。

お客さんに、堂々といつでも自分たちの強みを伝えられる。
それはとても大事なことだと思いませんか。
私たち学習塾も同じです。

「桐光さん(あるいは〇〇校)のストロングポイントは何ですか?」

親御さんにおかれましては、
あ、ここで言う親御さんとは、
桐光塾生の親御さんに限らず、
これからご縁があるかもしれない地域の方々も含みますが、
桐光に来た時、
あらためて桐光の良いところを聞きたいなと思った時は、
いつでも桐光教師にそうお尋ねください。


15597875614210
15597874102841
15597874101980
15597874103512
15597874103663