今日の読売新聞の一面に、
2020年度の教科書改訂について書いてありました。
この4月から小4になる子が、その次小5になるタイミングで小学5・6年英語が、この4月から小6になる子が、その次中1になるタイミングで中学校英語が、指導内容・履修量ともに大きく変わります。
もちろん他の教科の指導要領も変わります。
ただ私は英語の指導がメインなので、
英語に関する変更点が一番気になりますね。

一応、文科省の指導目標として、中1の子たちが苦労する、
中1の2学期で習う最大の山場【3人称単数】という考え方と、
3学期に習う【過去形】まで盛り込むそうです。
とくに【3人称単数】は日本語を使って生活していると、まったく意識することがない文法的な考え方なので、小学生のうちから本当にちゃんと学校の先生が教え込んでくれるのであれば、私たち学習塾の教師としても助かります。

でも、誰がそういう英語の授業を担当してくれるのでしょうか。
英語が教科化される前はクラス担任は英語の指導をやらなくていい
状況だったわけですよね。
今は英語指導がちゃんと出来る教員が採用されている?
いやそんなことはないでしょう。
外国語コミュニケーション能力に長けていない先生が担任だったらどうなることやら…ALTに頼りすぎて、また今の中学校のALTの授業の様に、実際の英語力に直結しないおそれのある(生徒曰くただ少し楽しいだけの)授業が繰り返されそうです。
それとも誰か指導員を外部委託して対応するのか?
興味深いというより、心配な面が山盛りです。

民間の指導員でもよいなら、桐光に話がきたらいいのに。
そう思うことがあります。
一度、公立の小中学校で《出前授業》みたいなことをしてみたいです。

IMG-PHOTO-ART--1121136922