『嵐』の2年後の活動休止のニュースが今日もまだ収まる気配がありませんね。個人的には、SMAPの時よりも応援できる形だなと思っています。それは、誰も誰とも揉めていないからです。お互いの欠点やネガティブな部分を見て判断するのではなく、よき話し合いをして、お互いのことを理解し合ってきたからこそ、こういう最高の再出発があるのだと思います。
人生は一度きりですよね。今日自分の身に何かあれば、それからは昨日を後悔することも明日に思いを馳せることも出来なくなる可能性もあるというのに、縁あって一緒に頑張ってきたのに、最後あぁやってSMAPのように終わりを迎えるのは残念でなりませんでした。

縁があったり、それが離れたりすることを【離合(りごう)】と言うそうです。桐光でもこの時期は様々な離合があります。

私立中学にすでに合格し、春からそこへ通う予定の子
これから高校入試に合格して卒塾していく中3生
この間の冬期学調講習から続いて頑張り始めた子
来年度から桐光で特進生として頑張りたいと言ってくれている子
3月からの入塾を決めてくれている子
春から新たに桐光で働き始める先生
などなど

さて、桐光塾生としていつが成功のきっかけ、スタートだったかと問われれば「あの説明会ですかね」と答える子は多いでしょう。その説明会が週末にあります。既に何人もの参加申し込みを受け付けていますが、まだ席はあります。ここで情報を得て、自分で考え、納得して新しいスタートにワクワクしてくれたら嬉しいです。

過去はどうにも出来ません。
嫌な過去は生ゴミのように捨ててしまいましょう!
これからもここで頑張ろうという子たちと、
桐光で一緒に苦楽を共にできる喜びを感じて邁進していきます!

f94d92ab[1]