どうやって覚えましょうか(大田)中1に話したこと(杉山)

2018年11月02日

72本の矢

昨日は英語担当の私と中1の塾生たちと,3つの話題を共有しました。
【期末テストで得点をとるために絶対必須の英単語72】
【単語暗記の効果的な方法~リターンズ~】
【稲田先生・大田先生・杉山先生(今週の)話をどれだけ覚えているか?】


何をすべきかを伝えることは簡単です。
難しいのは,
それを人に自分事として捉えさせて,
その人の行動を,理想的に変化させていくこと。

ただ何かをやる。
ただ何かを伝える。
それでは無為に終わる可能性があります。

例えば,この間中3特進コースの《特進課題テスト》があったのですが,
本部校以外の校舎に通う子たちの結果も併せて見ていると,
❝ただ課題テストを受けただけの生徒❞
❝ただ課題テストを受けさせただけの教師❞

残念ながらどちらもいるな。そう思うのです。
公立入試で高倍率の戦いを勝ち抜かなければいけない子たちなのに,彼ら特進生の中にはにそういう意識が足りない子がいるし,彼らに適切な指導が出来ていない部分もあるのではないかと。

教師が伝えたことを行動に換えている子は,
何を学んだのかすぐ答えられます。
なぜなら,自分にとって有益なことだと理解したからです。


頑張っている子どもと頑張っている教師
どちらが偉いかと言えば子どもの方。

教師が伝えたことを試してもみない子と,それを導けない教師
どちらが至らないかと言えば教師の方。

あらためて,そういう気持ちでやろうと思いました。

500_4770



homb at 12:45│成績を上げる準備 
どうやって覚えましょうか(大田)中1に話したこと(杉山)