先日,本部校で漢検を受けた子たちに《個人成績表》を配布しました。
やはり全体的に四字熟語のところでの失点が目立ちました。
細かくデータ化されておりますので,親御さんの中にまだお子さんから漢検個人成績表を預かっていない方は,すぐにお受け取りください。子どもが保管していると紛失するのが心配なので。

合格者の成績表の中には《賞状》と《合格証明書》が同封されていますので,その合格証明書を一枚切り取って中学校の担任の先生に提出するよう,お子さんに念を押しておいてください。せっかく合格したのに, 入試の時の内申書に記載されないでは報われません。

なお今回の本部校の漢検3級合格率は88%でした。去年全国の漢検3級合格率は47%でしたから,数字の上ではみんなかなり頑張ってくれたことがわかります。

しかし…
前にブログで同じようなことを書きましたが,
漢検は高校入試に似ています。
それはこういうことがわかるという意味です。
①基準に達しないと容赦なく不合格になる。
②周りがどうあれ,自分が合格しないと喜べない。


この漢検の経験を通じて,
次もっと大きな目標の達成に活かして欲しい。
合格出来たという自信も,足りなかったという反省も。