昨日の中3Day合宿の時,なかなかすごい子を2人発見しました。

一人目は【泣いていた子】です。
普段特進コースとして頑張っている子たちは,この日,最初の授業内で英数のテストをして,その結果で午後また学力別にクラス分けがなされるという厳しい現実に向き合っていました。そのテスト結果がある場所に貼られ,昼ご飯を食べ終えた特進コースの子たちが続々とその結果を見ようと集まってきたのです。
その中にいたある男子生徒は,感情をぐっとこらえつつも明らかに泣いていました。後でその子の成績を確認したところ,元々上位のクラスにいた子で,その英数テストでも同じ上位クラスを維持できていました。下位のクラスに落ちてしまって悔し泣きをする子がいるのはわかりますが,もっと違う視点で自分の結果をとらえ,上位にいてもなお情けない自分に涙していることに驚きました。

二人目は【貪っていた子】です。
私は授業の空きが1時間だけあったので,あるクラスの英語の指導を手伝いにいきました。そのクラスでは英作文の授業をやっていたのですが,たまたま私の目に留まった子は英語がとてもよく出来る子のようでした。私はそういう子を見つけると,これは普段の夜の授業で本部校でも竜洋校で、もたまにやってあげるのですが,元々用意してある教材には無い問題を私がアドリブで出題するのです。今回は1問どころではなく,何問か挑戦させました。思わず私が「もうすこし試したい。挑戦させたい」そういう気分になってしまうほどの子だったのです。その子は懸命に取り組んでなんとか正解にたどり着いた後,私が投げかけた全ての言葉を自分なりにかみ砕いてまとめ,その場でプリントに書き記して【覚えたことを忘れないようにする努力】を励行していました。そのメモする時の様子《早く書かないとこの先生から学んだことを忘れちゃうよ!》そういう心の声が聞こえてきそうなほどに貪(むさぼ)るようにメモする姿に驚きました。

受験生は静岡県内にたくさんいます。
桐光学院の中3だけでも何百人もいます。
でも,その中には信じられないほどの向上心で日々過ごしているライバルがいることを,私が指導している子たちには知っていてもらいたいし,忘れて欲しくないと思いました。Day合宿は,私にもそんな刺激のあった一日だったのです。

DSC07296
DSC07270
IMG_5000
DSCF1267
IMG_4985