科目間の関係(大田)中3の国語対策をします(大田)

2018年07月05日

2種類のミス(大田)

先週末の土曜日は朝一で磐田市の球場へ竜洋校の生徒の試合を見に,日曜日は朝一で湖西アメニティプラザへ本部校の生徒の試合を見に行きました。
33871cab

日曜日に私は2つほどミスをしました。ナビが古いのと極端な方向音痴のため,目的地を目指したら,途中でバイパスに乗ってしまい,湖西市をこえて豊橋市に入ってしまいました。何とか開始時間には目的地にたどりつけました。
屋外スポーツの写真ばかり撮っていたので,屋内スポーツの写真を撮るためのカメラの設定の仕方を忘れてしまいました。そのせいで,思い出に残るようなきれいな写真が撮れませんでした。前日までに予習しておくべきでした。痛恨のミス!!

ところで,生徒の部活の大会やWorld Cupを見て,スポーツには2種類のミスがあると感じています。(私の勝手な考えですが。)

1つ目は,しっかりとした意図のあるプレー,積極的に攻めようとするプレー,そういうプレーをする中で生まれるミス。ミスにならない方がいいのはわかっていますが,このミスはいいミスだと思います。挑戦的な攻めの姿勢のパスが,ミスパスになったとしても,チーム内で文句を言う者はいない。中学生でも国の代表選手でもそれは同じ。World Cupで「いいぞ」という感じでパスミスをした選手に他の選手が拍手をしているのを見ることも多い。

2つ目は,責任逃れのプレーをしている中で生まれる凡ミス。これはやってはいけないミス。これが重なるとチームが危険なことになる。30年以上前,そのまま普通にやっていれば試合終了で勝てたのに,消極的な凡ミスをして,チームが県大会に行けず,栄光ある磐田第一中学剣道部の歴史に泥を塗りつけたのは私です。


話は変わって,問題演習をするときにも,上記の2つのミス(間違い・不正解)はあると思います。

1つめの間違いをする人
こういう理由で答えはアだと思う。(積極的に考えている)
⇒ 間違い。答えはイだった。
⇒ なぜアではなくイなんだろう?
⇒ そういうことか。次からは間違えないようにしよう。


2つ目の間違いをする人
なんとなくアかな?(いい加減に考えている,もしくは何も考えていない)
⇒ 間違い。答えはイだった。
⇒ 答えはイなのね。じゃあイって書いておこう。終了。


同じ時間,同じ分量の問題演習をしても天と地の差がでますね。
スポーツでも勉強でも「2つ目のミス・間違い」をくり返す人が勝利者になるのは難しいと思います。




homb at 12:00
科目間の関係(大田)中3の国語対策をします(大田)