楽しいお絵かき(稲田)とりあえず何でもやってみます(大田)

2018年05月09日

連休中に感じたこと(大田)

  連休最後の日である6日に,これを観に行ってきました。
d4d01186-s
連休明けの仕事がスムーズに始まるように本部で仕事の準備をして
793d1021-s
その後,電車に乗って静岡に到着し,
cc137fdf-s
駿府城公園にある会場まで。
bdf45243-s

そこで私の感じたこと。
その1 後悔
行ってよかった,楽しめました。予習なしで観ても大丈夫でしょう。家族で見に行ってもいいかもしれません。
それと同時に後悔の念も。
なぜ,自分は10代のころから,こういうものに触れる機会が少なかったのだろうという後悔。
若いころならば,今と全く違う視点で観られたかもしれないし,それが自分の人生の養分になったかもしれない。
だから,生徒の皆さんに紹介します。最下段に動画サイトに上がっているPVを貼っておきます。


その2 反省①
プロだから当然なのかもしれませんが,屋外で約500人の観客の前で聞き取れる声を出せる人たち。
ただ,大きい声を出せばいいってものではない。抑揚があり,心にしっかりと届く声,台詞回し。
役柄に合致した口調や歩き方をはじめとする動作,所作。
人にモノを伝えるという仕事をしていますので,難しいことを分かりやすく,ということは心がけているつもりですが,声の出し方であるとか,人に伝わる話し方であるだとか,まだまだ未熟。


その3 反省②
電車で片道1時間。その時間,私は何もせず,ただぼんやりしていました。途中の駅で高校生が乗ってきて,私のとなりに座りました。横でゴソゴソやっているので,チラっと見たら,英単語の勉強をやっている。その子は4駅ほどで降りましたが,正直負けた!と思いました。この子はこうやって毎日の時間を大切にしている。これが1年,2年と積み重なると大きな差になると感じました。


その4 発見
「マハーバーラタ」はインドの二大叙事詩の一つです。18巻の長編で,今回観たのは,その第3巻に載せられている一遍の物語。「ナラ王物語」。前日,予習をしていこうと思って,「バガヴァット・ギーター(マハーバーラタの一部分)」を読み返しました。あの有名なガンディーもバガヴァット・ギーターの影響を受けたといいます。
引用(訳者の方の解説)
「作中人物たちは,自らに課せられた苛酷な運命に耐え,激しい情熱と強い意志をもって,自己の義務を遂行する。この世に生まれたからには,定められた行為に専心する。これこそ『ギーター』の教えるところでもある」
この言葉は心に響きました。


静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center : SPAC




homb at 15:03│その他 
楽しいお絵かき(稲田)とりあえず何でもやってみます(大田)