最近は確認テストのことばかり書いていますね。
やはり気になるのですよ。
本部校の中学生が,どう取り組んでいるかということが。
先週土曜は新中3のSA両方の授業がありましたが,
どちらも全員合格とはなりませんでした。

採点後に答案用紙を集めなくても,私は満点を取れなかった子がだいたい誰だかわかります。うち(桐光)は授業中の私語は禁止ですが,生徒一人ひとりが出してしまう気持ちの欠片(かけら)
に気付くことが出来るからです。

ちゃんと備えてきた子は,たとえ満点を逃しても苦笑いはしません。
青ざめる…とまではいかないまでも,ひたすら驚きを隠せません。万全の準備をしてきたのに,なぜ満点じゃないのか,最初把握出来ていないからです。

一方,不勉強で満点じゃなかった子は,こちらが何も尋ねていないのに,いかに些細なミスだったかを訴えたがります。

こういう時,私たち塾講師の仕事もなかなか難しいなと思います。塾生全員を前者(やるべきことに真剣)のように育てていく必要があるからです。
それでも決めていることがあります。

それは
子ども(塾生)達に期待をし続けていくことです。
みんないつかは絶対満点を取るようになります。

それが今週でありますように。
BlogPaint
500_6087