新小6スタート 杉山公立高校入試 ~必要な学力と内申点~

2018年03月10日

テスト 成長のきっかけ

来週の理社国の授業内で,しばらくの間【理科・社会の確認テスト】をやっていきます。来週は社会ですが,その翌週は理科というように交互に実施します。

昨日,新中2の子が私に尋ねました。
★「先生。英語はテストが無いんですか?」と。
私「良い質問だな。もちろんある。これからそれをお知らせするところ。」

桐光では確認テストのようなテストが他の塾よりも圧倒的に多いです。今回の理科・社会・英語テストのような小さめのチェックテストばかりでなく,中間テストや期末テストなどいわゆる定期テスト前に実施する実力確認テストやその追試,また模試やその解き直しなども含めると,1つの学期の中で相当な回数のテストを経験していきます。
ではなぜ桐光ではテストも重視するか?

主な理由はとして私は3つあると思います。
①知識を覚えたり,またそれを忘れないために有効。
②テスト範囲の内容を,どの程度覚えているかがはっきりわかる。
③テストがあると(生徒が)勉強をする。

またそれに加えて桐光では普段から宿題があります。
宿題がある理由も2つあると思います。

①知識を覚えたり,またそれを忘れないために有効。
②勉強の習慣がつく。(学校の宿題以外の勉強も必要だということが当たり前になる)

成績をある程度維持したり,今まで以上に校内順位を上げたいというのが,塾に来る子の目的の主なものなので,そのために必要なことを全てやっていくのが桐光イズムです。
そして受験については,上位高校に何人合格したとかなどは関係ありません。最後に全員合格しなければ,例え一人でも悲しい涙を流させてしまったら,私たちの受験指導は至らなかったと考えます。

だから時に塾生たちも大変だと思います。
それ故,常々言っていますが,桐光は強い意志を持ち頑張りたい子にピッタリです。塾でもタブレットをいじることに執心だとか,出来るだけ楽に通塾したい子には向きません。

毎年多くの子たちが桐光に来てくれるので,学区には本気で勉強に取り組みたい子がまだまだいることを実感できて安心します。

そういえば,この間卒塾していったある中3生が残したこの言葉を思い出しました。
★「絶対行きたくないと思っていた塾が桐光でした。大変そうだと思っていたので。でも受験生になり,第一志望の高校を目指そうという気持ちが強くなってきたとき,私に必要だと思った塾も桐光でした。」

本音でしょうねぇ。
そして本当にありがたい。
私から彼女に,あらためて感謝の気持ちを。
「ありがとう。そして必ず合格してくれよ!」
500_5951
500_5948



homb at 14:30│中学生 
新小6スタート 杉山公立高校入試 ~必要な学力と内申点~