疲れるまでやってこそ3連求時間のあるときには(大田)

2018年02月12日

自分のことは計画的に

「君たちが今やるべきことは,自分自身がわかっていないといけない。与えられるのを待たないように。今日は何をして前進するか考えてきたかな?」
昨日の【中3日曜合宿】はそんなような問いかけから始めました。食事休憩をはさんで午後8時まで約7時間のという時間をどのように使うか?こんなタイムマネジメント的なことを考えさせるのは,今やるべきことかわかりませんが,桐光の生徒たちはあまりに多くの教材や時間を我々から与えられているので,たまにはこうして自分で考えさせてみます。

今まで与えられたものをどう生かすか?
桐光という集中できる環境下で自分の向上のために何が出来るか?
過去に受けた標準模試が5回,特進模試も5回,もっている教材は学調テキストが2冊,入試テキストもほとんどの子が2冊,各教科の通常テキスト,各教科の講習テキスト,特進は購入した全国の過去問集もありますし,各教科の追加教材を含めると,ここに列挙するのが不可能なほど皆たくさん持っているはずです。先生もいます。質問が出来ます。

【学習計画】をさっと書き終えた子から勉強を開始していきました。
すぐ書けた子は特に期待が持てます。
自分のやるべきことが見えている。
何をして合格に近づくのかをわかっているからです。

今日中3全員を呼んでやる勉強の時間はありません。
確実に桐光で勉強をするのは毎日猛勉部のメンバーのみ。
学校3連休の最終日(今日)は,自分で考えて一日を過ごしてもらいます。
15184046577550


homb at 14:00│中学生 
疲れるまでやってこそ3連求時間のあるときには(大田)