ここどこ?(第2回)自分の教科&目指すもの

2017年11月30日

私も勉強します。

私はこれから少しずつ,数学をもう一度勉強し直そうと思っています。大田先生のように,なんでも教えられる先生になりたい!という気持ちとは当たらずとも遠からずですが,これまで13年間ほど桐光で教師をしてきて思うことがあるのです。それは“数学を出来るようになりたいという子の気持ちは,他の教科とは別格だな”ということ。決して勉強が得意でない子でも,最後の最後まで数学の勉強をしている姿が印象的なのです。彼らは「数学は【わかった】【出来るようになった】という瞬間の喜びや達成感が他教科では味わえないものがある」のだと言います。そして「(数学は)何度やってもわからない。」と言うこともあります。私は後者の気持ちが本当によくわかります。数学というか小4の算数あたりから苦手意識があり,塾にも通っていなかったので【わかった】という機会にあまり恵まれませんでした。

私は数学が得意ではない英語の教師です。
これからも英語の専任教師であり続けるでしょう。
しかし数学が苦手な子の視点に立てます。
数学の教師が近くにいなくて困っている子の力にはなりたいのです。

年末年始の楽しみが増えました。
入試までの英語指導プランを立てたり,数学の自己研鑽に集中できます。
コメダ珈琲(領家店か原島店)に入り浸っているかもしれません。
バッタリ会ったら,日頃お世話になっておりますので,シロノワールをご馳走いたします。
1a0ed966[1]
20171005170420[1]


homb at 12:01│その他 
ここどこ?(第2回)自分の教科&目指すもの