2017年08月30日

《本気の本気》は見える

ここ数週間,中3の希望者を中心に希望をとり,
桐光学院の鈴木学院長の(数学)個別授業を実施しています。
受験生たちの要望はいろいろあります。
その要望に出来るだけ応えていけるように,当初から一度に呼ぶ人数や授業内容などいろいろなことを考慮してきました。そしてこの間,これまでの個別授業の中間総括として鈴木学院長と話をした中でこんなことを聞きました。「ちゃんとテキストをやりこんで,自分の弱点がピンポイントで分かっている子と,あまりテキストをうめておらずただ『苦手なんです』『この単元がわからない。教えて欲しい』と言う子に分かれる。もちろん(本部校の中3生は)みんな積極性はあってよいのだが,人に教わりたいということが先に立ち,自分で出来る地道な努力が足りない子もいる。」
…さすがに的を射た見解です。

勉強にどういう気持ちで取り組んでいるか?
学調や入試を本気で見据えていれば,教師に言われなくても自分の課題を見つけて解決しようとしたはずですし“本気の質問”ももっと多かったはず。
宿題を“単に終えること”を目標にしていた子が,まだ少なくないということかもしれません。夏にビシビシ指導してきましたが,我々の言葉がまだまだ足りなかったのですね。秋以降の指導に関して私たち教師にも課題が残った形です。

もちろん課題が浮き彫りになっただけではありません。9月以降,受験生が失敗してはいけない【中間テスト・期末テスト】のためにどうやってサポートしていくか,鈴木学院長とも話し合いました。

成長していくのは生徒(子ども)だけではありません。私たち教師(大人)も,子どもを通じて進化していく必要があります。さあ,今日もみんな頑張っていこう!
500_2646
500_2622
500_2647
500_2645
500_2608


homb at 12:01│ 中学生