2017年07月03日

しくじらず

昨日たまたまテレビを見ていたら「しくじり先生」をやっていました。
講師は“ジョイマン”という2人組のお笑い芸人。
売れた時期が短く結構前のことなので,小中学生は知らないかもしれませんね。
このコンビのボケ(ダンス)担当なのが高木くんというのですが,彼が自分の転落人生を赤裸々に告白していく過程で,大学時代のしくじりが転落のきっかけだったと振り返っていました。苦労して有名難関私立大学に合格したのに,親にも相談せずに中退。そしてお笑い芸人になって一発ヒットを飛ばしたが,今は結婚もしていて子どももいるのに,家族も養えないほど収入が落ち込んでいるとのこと。この番組が人気で続いている要因の一つに“人の不幸は美味しい(おもしろい)”という側面があると思います。その一方で“反面教師にして自分の人生に生かせる”という部分もあります。
高木「(大学に)合格することが目標だったから、それから無気力になった。」
私は昨日彼のこの言葉を聞いて,それは私たちや桐光の塾生にもあてはまるのではないかと思いました。
桐光生が桐光で頑張り続けていく中にも,いろんな環境の変化があります。
⓵桐光に入塾した
⓶特進コースに入った
⓷志望校に合格した 

などなど。
では,
⓵桐光に入っただけで成績が伸びるか?
⓶特進コースに入っただけで学力が伸びるか?
⓷志望校合格 その瞬間だけが目標か?


桐光に入ってから,今までに無かった学習の習慣がついたとか,中3特進コースに入れたから,今までより二倍は勉強するようにしているとか,今自分が在る環境下で,何か変えなければ結果はなにもついてきません。自分が変わらろうとしない人は,うまくいかない時に環境のせいにします。

そして,志望校合格は絶対に達成したい目標ですよね。だから桐光に通っているはずです。合格だけでも素晴らしい!でも“合格して何がしたいか?その高校でどんな生活をしている自分に夢があるか?”そのことをイメージして頑張れるのが理想的です。

【桐光生100%合格】こそ至上命題としている桐光で頑張っているあなたが,合格するのはもはや当たり前。その少し先の未来を見て欲しい。それをイメージすることが出来れば,今勉強を大変だと感じている気持ちも,少し積極的になれるはず。
受験は徒競走ではありません。走り終わったところに,ゴールテープはありません。ゴールテープの代わりにスタートラインが引かれているのです。

桐光生にはしくじって欲しくありません。
さぁみんなで走ろう,日々精進の道を!



homb at 17:01│その他