磐田も(・∀・)イイネこの一週間で6通

2017年05月20日

スパイラル or 先回り

この5月の中学生の学習指導は,どの程度のペースで進めていくかという授業計画がとても難しいです。特に中1の英語は難しい気がします。というのは,中学生になってまだ間もない状況で,しかも英語は初めて主要教科として学ぶため,中学(あるいは先生)によってかなりじっくりと発音やアルファベット,あるいはローマ字の練習をしているということもあります。そうかと思えば,期末テストまで残り1ヵ月を切り,学校の先生も多少焦りが出てくるのか,突如スピードアップして進むこともあります。

中2は3学年の中では一番安定して進みますが,野外活動がこの時期にある中学もあり,中3は修学旅行の影響で,その前後の授業進度がまた予想しずらいです。ちなみに東部中の中3生は来週が修学旅行なので,私の想定よりも早く進んでいました。
私たち桐光教師は,毎回の授業で各中学(各クラス)の進度をきっちり把握して,当初進もうと思っていたけれど復習に切り替えたり,逆に復習から始めようと思っていたが,学校の早い進度に対応すべく次の単元の指導に移るといったように,塾生たちの学校の状況に応じて授業プランを柔軟に変更しています。

昨日中2はあまり進んでいなかったので,中2になってから習った文法(英文の形やルール)を3つ全て復習しました。これでほぼ同じ復習授業を3回ぐらい繰り返したことになります。2週間前に私が教えていた内容にようやく学校が追い付いてきたということですね。その間に私の担当する中2Aクラスの子たちは,3回も繰り返して大事なポイントを教学ぶことが出来たというわけです。

一方,中3は予想よりも早い進度だったので,修学旅行明け一気に学校で進むことを想定して予習の内容を教えました。今日の中3Aクラスでも同様に予習の内容で指導します。
「中3Aのみなさん,今日はとっても重要な授業になるので,いつものように休まず来てね。」

DSC_0218
DSC_0238
DSC_0217
DSC_0241
DSC_0214


homb at 17:01│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

磐田も(・∀・)イイネこの一週間で6通