学習塾は地域(学区)に飽和状態です。
「~中学の学区には塾が1件も無いよ。」
そんな会話は一度も聞いたことがありませんよね?
そして塾というのも多様な形態に枝分かれしてきました。
思いつくまま挙げてみます。

集団形式①(教科ごと専任の(主に)正社員教師が指導)
集団形式②(1人(2人)の教師が全ての教科を指導)
個別形式(主にアルバイト教師が指導)
家庭教師(正社員教師またはアルバイト教師が指導)
自立学習型(教師はいるが基本的に教えない)

ちなみに桐光はプロ教師100%で集団授業を基本にしているので,一応①にあてはまりますが,ご存知のように,私たちプロ教師が希望制で年間いつでも無料で個別指導サポートをしています。
※学校定期テスト前はテスト対策をしますので,2週間ほど個別授業を止める期間があります。

こういうことを書いていると新聞の折り込みチラシのようだと思われそうですが,私が今日お伝えしたいことは,ブログの表題にもあるように,数ある塾さんは,いったい何を売りにしているのだろうかということ。

名前が全国的に有名?
小中学校から近い場所にある?
進学実績が良い?
友達がいる?
宿題が無い?
タブレットを使っている?
建物の外観が立派?
テレビCMがおもしろい?

以上挙げた項目は,成績を上げたいとか今までの自分と変わりたいと願う子にとっては,魅力的であり続ける理由にはなり得ない気がしませんか。ではどんな塾がご希望でしょうか。
「やっぱり良い先生がいるところがいいよね!」
私もそう思います。それこそが最大の理由になりがちです。
でもここでいくら「うちには良い先生がいます。全員正社員です。」と伝えたところでどうでしょうか。
だから私はあえてうち(本部校)の魅力をこうお伝えしたいです。
私「本部校の売りは塾生たちです!桐光で授業に臨んでいるときの同級生の姿を見てほしい。超集中環境下で授業終了までやりぬく姿を,学校では見られないかもしれないその姿を無料体験に来たときに見てほしい!」

最近,無料体験に来てくれた子もこのことに驚いていました。
これから一緒に頑張っていこうね!
今度からはあなた自身が,すごいと思った桐光の最高の集中環境下で成功していく番です。