「めっちゃ難しい!」
中学生の言葉でいえば,今年度もそういうことになるのか
昨日は中2Aクラスで,12月1日に学校で実施される浜松市新学力調査の対策授業を実施しました。学校でやる中間テストや期末テストとはまったく違うタイプの問題にあたったためか,普段英語が割と出来る子がまったく歯が立たなかったり,逆に英語を苦手としている子がほぼパーフェクトで歓喜している様子が見られました。

どんな学力の子が受けても正しく実態を把握できる。
そういうテストが良いですね。
浜松市も,まだどんな学調にするか試行錯誤といったところだと推測できます。
実際,おととしと去年では難易度が若干変わりました。

今年度はまたどうなるかわかりませんが,簡単になるということは無いような気がします。
ただいかなるテストになろうとも,塾生たちには良い点数をとってもらいたいので,昨日もそして中2Sクラスの授業がある今日も,全力で指導にあたるわけです。
小5の対策は来週,まさに市学調直前に実施します。
_DSC8887
_DSC8890
_DSC8889