どりゃあ!本気の自主勉さてお出迎え「いらっしゃ~い♪」

2016年11月23日

桐光でがんばることの意味(智久)

期末テストの結果が分かり始めました。子どもたちの明暗が分かれるところですが、理想を言えば、「明明」の結果になるのがベストですね。

子どもたちと話をしていて一番うれしいのは、
「桐光でがんばったから点数が上がった」
と言ってもらえること。

桐光に来なかったら、きっとがんばれなかった自分が想像できる。だから、
「桐光でがんばった」
と言ってくれるのだと思います。

桐光では、どんなテストにも、極力対策を行っています。子どもたちには、近い目標に向かって、繰りかえし努力する姿勢を、しっかり身につけてもらいたいからです。

テストのたびに対策で勉強をして、くりかえし知識を身につけていく。そこにしか力を向上させる方法はないはずです。

でも、繰りかえし繰り返し勉強するのは、相当つらいことです。だれもが逃げたい。桐光に通う子どもたちは、そこでぐっと踏みとどまってがんばることができるのです。

分かりやすく、分かるまで教えるのはもちろんのこと。それだけでなく、子供たちががんばることのできる環境が桐光にはあります。

だからこそ、「桐光でがんばったから点数が上がった」と言ってもらえるのだと感じています。
IMG_7303





homb at 12:01│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

どりゃあ!本気の自主勉さてお出迎え「いらっしゃ~い♪」