学調・夏友 影山いまふたたびの“わくわく”

2016年08月25日

運命が決まりかかる1週間

中3生は学調まであと1週間となりました。
受験生を育てた経験のある保護者様はご存知だと思いますが,静岡県公立高校の入試制度では,各高校それぞれの合格ラインをこえる“中3の2学期の内申点”をもっていないと,合格の可能性が著しく下がります。
ほぼ本番の入試の結果だけで合格が決まるというルールを採用していたり,中1~中3までの総合的な評価で内申点が決まる都道府県もあります。

ここは静岡県です。
2学期の内申点は,2学期の成果でつけられます。
でも,それは2学期に学ぶことが出来ればいいということではありません。
中1~中3まで全ての範囲がテスト範囲になる教科が多いからです。
9月2日の学調の結果すら,成績に加味される教科もあります。

故に
学調の結果を左右するこの1週間は,
中3生にとって,いままで頑張ってきたことにすがって過ごす惰性ではなく,
最高に力を注ぐべき1週間と言えます。

さて,もうすぐ中3の講習時間の始まり。
元気いっぱいやってきます!
14717304374300


homb at 08:01│TrackBack(0)中学生 

トラックバックURL

学調・夏友 影山いまふたたびの“わくわく”